BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

自宅でフィットネスライド! サイクルトレーナー「NOZA one」を発売|Xplova

日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(NCD)が、販売代理店契約を締結している台湾のパソコンメーカーAcerの子会社 Acer Gadgetが開発した、室内サイクリングを楽しむバイクパワートレーナー「Xplova NOZA one(エクスプローバ ノザ ワン)」を2021年12月10日(金)より販売する。以下、プレスリリースより。

Zwiftなどの各種アプリに対応、リーズナブルな価格を実現したローラー台

「NOZA one」は、ロードバイクやクロスバイクなどの自転車の後輪を外してセットします。パソコンやタブレットなどを通じて、世界中のサイクリストに人気のバーチャルサイクリングアプリ「Zwift(ズイフト)」や「ROUVY(ルービー)」と連携させ、室内でも自転車のフィットネスライドが楽しめる機器(ローラー台)です。

これまでアプリを本格的に楽しむには、スマートトレーナーなどの高価な機器が必要でしたが、「NOZA one」は、スマートトレーナーの機能を一部制限(坂の勾配で自動負荷が掛からないなど)することで、お求めやすい価格を実現した新しいジャンルのローラー台(バイクパワートレーナー)です。かつてスマートトレーナーは坂の勾配を自動的に再現できるところが魅力でしたが、ファンライドを楽しむ方には負荷が重すぎるため、コースを楽しめないなどの意見がありました。そこでどなたでも、楽しく、フィットネス感覚でアプリ内を走行(ライド)できるローラー台を開発しました。

オンラインでトレーニング可能
ビギナーも安心! フィットネス感覚で楽しめる

Xplova NOZA one

希望小売価格:59,400円(税込)
発売日:2021年12月10日(金)
取扱い店:全国の自転車ショップで発売予定
製品詳細はこちら

SPEC

寸法(設置時): 600 × 490 × 450 mm
総重量(開梱時): 12.5Kg
フライホイール重量:5.3 Kg
騒音レベル:58 dB(30Km/h)
最大出力:800W(58Km/h)
最大シミュレーション傾斜:2%
精度:±3.0%
自転車との互換性:ロード:650c、700c MTB:24″、26″
梱包寸法:700 × 485 × 270 mm
ファームウェア:アップグレード可能
接続性:Bluetooth , ANT+
ドライブトレイン:別途カセットを購入し、設置する必要があります。
シマノ/SRAM 8・9・10・11 速で使用可能
※本体のフリーボディはシマノ/SRAM のロード 11s 用となります
電源:単4乾電池2本(別売り)
電池稼働時間:約 360 時間
製品内容:リアレッグ、フロントレッグ(ボルトおよびナットが含まれています)、ナット(x2)、ボルト(x2)、装飾ボルトカバー(x2)、フライホイール/カセットカバーボルト(x2)、コントロールモジュールネジ(x2)、ソケットレンチ、フライホイール/カセットカバーボルトレンチ(2mm 6角)、フライホイールカセット/ワッシャー、フライホイール/カセットカバー、クイックリリースキット、クイックリリース用アダプター、スルーアクスル用アダプター、コントロールモジュール
対応オンラインサービス:Zwift、ROUVY 、TrainerRoad など
独自アプリ:NOZA one も NOZA S と同様に Xplova が独自開発したアプリ「Workout Plus」を利用することが可能です
※本商品は、坂の勾配で自動負荷が掛からないため、アプリ上で開催されるレースへの出場は推奨しません

 

Xplova公式サイト
https://www.bs-supply.jp

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x