BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

EFエデュケーション直下の新UCIコンチネンタルチームに石上、岡、織田ら日本人5選手が移籍

ワールドチーム、EFエデュケーション・NIPPOの直下型の育成チーム「EFエデュケーション・NIPPO ディベロップメントチーム(UCIコンチネンタル/アメリカ登録)」が新設され、日本人選手は5人が所属することを発表した。EFエデュケーション・NIPPOには中根英登が来季も契約することが決まっており、このほかデベロップメントチームから選ばれた選手は、ワールドチームメンバーとしてトップカテゴリーのレースを走る機会も与えられるという。つまりディベロップメントチームに所属する日本人選手が中根とチームメイトとしてレースを走る可能性もあるということだ。

NIPPO・プロヴァンス・PTSコンチの3人と
フランスから門田と津田が移籍

NIPPO・プロヴァンス・PTSコンチに所属していた岡 篤志。(写真は入団前の群馬CSCにて)
同じくNIPPO・プロヴァンス・PTSコンチに所属していた石上優大

所属する日本人選手はNIPPO・プロヴァンス・PTSコンチ(スイス籍UCIコンチネンタルチーム)から石上優大、岡 篤志、織田 聖の3人。そしてフランスのVCラポム・マルセイユで走っていた門田祐輔、同じくフランスのAG2G・シトロエンの育成チームで走っていた津田悠義(U23)の5人。同チームは米国を拠点とするUCIコンチネンタルチームだが、メンバーは7カ国(エチオピア、スイス、ノルウェー、デンマーク、ポーランド、アメリカ、日本)、15人のライダーがリストアップされており、国際色豊かなチームとなる。

EFエデュケーション・NIPPO開発チームのマネージャーであるミヒャエル・アルバジーニはつぎのようにコメント。「EFエデュケーション・NIPPOのCEOであるジョナサン・ウォーターズに、公式のデベロップメントチームを作るよう頼みました。特定のレースでは、2人のワールドツアーライダーと4人のコンチネンタルライダーが同じレースで一緒にレースをすることができます」。つまり、同チームに所属する選手たちはワールドツアーに近い、より高いレベルでのレース活動をすることができる。

ちなみに同チームではEFエデュケーション・NIPPO同様にキャノンデールのバイクに乗ることになる。

チームの公式サイト
https://www.efprocycling.com/welcome-our-development-team/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x