BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

ポンプとCO²ボンベ、ツーリングでパンク修理するならどっちを使う

自転車に乗っているかぎり、いつかは必ず遭遇するパンク。自宅で修理する場合はフロアポンプがベストだが、路上にフロアポンプはない。出先では小型の携帯ポンプかCO²ボンベを使うことになる。それぞれのメリットを知り、スタイルにあったものを選ぼう。

ポンプvsCO²ボンベ

ポンプのみを使う人と、ボンベも使う人。ボンベは速やかに空気が入るけど、失敗したら……と使わず嫌いもけっこう多い? ポンプ派の人のなかには失敗して嫌いになった人もいるみたいだ。手間はかかるけど確実なポンプ、ラクだけど失敗できないボンベ。あなたならどっちを選ぶ?

サイクリストが避けて通れないトラブル、それがパンクだ!

確実に空気が入る
「ポンプ派」

コンパクトなものも増えたポンプ。携帯に便利だが、高圧にするには、ひたすらポンピングしなければならない

微調整ができるのはポンプならでは(三船)

過去にボンベで失敗したことがあるので(笑)。また、あと微調整を繰り返したい。飛行機輪行などを考えるとポンプのほうが守備範囲広いです。

三船雅彦:元プロレーサー。引退後はブルべに積極的に参加。パリ〜ブレスト〜パリに3回連続参加し日本人最速記録を樹立。超長距離に関しては右に出る人のいない達人

ランニングコストがかからない(絹代)

空気を確実に入れられて、飛行機にも乗せられ、コストにも優れていると思います。

絹代:サイクルライフナビゲーター。NPO法人自転車活用推進研究会理事。自転車の魅力や健康、地域の観光振興における活用アドバイスなど情報を発信

空気を入れたり抜いたりできるから(岩田)

ポンプ派です。ポンプのほうが軽いし、少し空気を抜いてまた入れる、というようなこともできるから。

岩田:バイシクルクラブ前編集長。人生100年として、もう5分の1を自転車雑誌で過ごしている。物欲おじさんライダーの代表

空気がラクに速く入る
「CO²ボンベ派」

高圧のCO²が充填されたボンベ。一気に空気が入りポンピングいらずなので女性からも人気

まずはボンベに挑戦します(日向)

どちらかというとボンベ派ですが、両方持って走る。まずボンベで入れて、失敗したらポンプでがんばる(けど、ポンプつらい)。

日向涼子:日本のサイクリスト・モデル。シュルーモデル事務所所属。坂バカ女子として知られ、全国各地の峠を走破。自転車イベントのゲストや講師などマルチに活躍

とにかくラク!(もち)

ボンベのほうがラクに簡単に入れられるから。

もち:マウンテンバイクを中心にeバイク、ロードバイク、ミニベロ、ママチャリなど何でも乗る編集者。速くは乗れないけど上手く乗れるようになりたいと思っている

短時間で高圧になるから(西山)

携帯タイプだと満足に入れられないからボンベを使う。短時間で入るので、タイムロスも減らせる。でもチューブをタイヤに入れる際、少し空気を入れて膨らますのにミニポンプも必要。使ったことはないが、最近は空気も入るパンク修理材をお守りに携帯。

ニシヤマ:自転車歴35年。中学時代からの、生粋のヲタクランドナー乗り。近年は、バイシクルクラブのツーリングやeバイク関連の連載やムック製作を担当

【総論】持っていけるならボンベ&ポンプ併用が安心

ボンベは便利だが、失敗の可能性や、飛行機輪行など持っていけない場面もある。かさばらないので、持っていけるなら使うのもあり。失敗したら、ポンプでリカバリーできると安心だ。事前にボンベを体験しておくといい。

パンク修理材とボンベが一緒になった瞬間パンク修理キット。応急用には便利

※この記事はBiCYCLE CLUB[2020年10月号 No.426]からの転載であり、記載の内容は誌面掲載時のままとなっております。

Info

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x