BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

【期間延長】招待券プレゼントキャンペーン実施中! 非日常が味わえるPIST6の魅力を徹底解説|PIST6 Championship

招待券プレゼントキャンペーンは3月34日をもって終了いたしました。


千葉競輪場跡地に誕生した「TIPSTAR DOME CHIBA(ティップスター・ドーム・チバ)」を舞台に開催される新時代の自転車トラックトーナメント「PIST6 Championship(ピストシックス チャンピオンシップ、以下「PIST6」)」。そのセカンドシーズン「ZERO」の最終戦が、3月26、27日に行われる。

そこで今回の記事では、実際に会場へ足を運んでわかった、PIST6ならではの魅力を詳しく紹介する。記事の最後には最終戦の観戦チケットが当たるプレゼント企画も!

家族や仲間といっしょ盛り上がれる、まったく新しいトラックレース

PIST6では1周250mの屋内木製バンクを使用し、オリンピックや世界選手権などと同様の国際ルールに基づいたケイリンを行う。昨年の開幕以降、スポーツとしての自転車競技と公営事業としての競輪が融合した、世界初の取り組みとして注目されている。レースを見に行った人の多くが「楽しかった」、「また行きたい!」と話すPIST6だが、従来の競輪とはいったい何が違うのだろうか?

6人で6周、いちばん速い人が勝ち!
シンプルなルールで大人も子どもも楽しめる

トラック競技の国際大会で行われるケイリン種目に準拠した公営競技として行われるPIST6。1周333~500mのバンクを7~9人で4~6周する従来の競輪とは異なり、PIST6では1周250mの木製バンクを6周、人数も6人で行われる。トラック競技はルールが難しいというイメージがあるが、PIST6は非常にシンプル。「6人で6周、いちばん速い人が勝ち!」と、トラック競技をよく知らない人や子どもにもわかりやすいレースとなっている。

炎にスモーク、レーザービーム!
レースを盛り上げる豪華な演出

さらに、PIST6ならではの魅力といえばレースを盛り上げる豪華な演出だ。レーザービームが飛び交うド派手なオープニングショーをはじめ、ホイールが光るイルミネーションサイクルでの走行、オフィシャルダンスチーム「PIST6 DANCERS(PSD)」によるダンスパフォーマンスなど、見どころ満載だ。

スタート前のダンスパフォーマンスで盛り上がろう

また、選手紹介にもこだわっており、アリーナの奥に設けられた炎が上がるスロープから選手が入場する。車番ごとに決まった色のユニフォームを身につける競輪と違って、PIST6ではそれぞれの選手がオリジナルユニフォームを着用している点にも注目だ。

TIPSTARを使ってベッティング
お試しコインで気軽に楽しめる

PIST6では、TIPSTARというアプリを使ってベッティングを楽しむことができる。競輪の車券とは異なり、1位の選手のみにベッティングを行う「単勝」も選ぶことができ、個々の選手の特性はカードゲームのようにわかりやすく紹介されている。「いきなりベッティングするのはちょっと……」という人は、無料のコインを使ってお試しでベッティングを楽しむことも可能だ。

ちなみに筆者は“顔がイイ!”という邪道な理由で選手を選んでベッティングしたが、なんとそれが見事に的中。以降、PIST6を観戦するときには、同じ選手を推している。

オススメはVIP気分が味わえる
無料のアリーナ席!

もっともリーズナブルなレギュラーシートの場合、全席指定席となるが、座席以外でも観戦できる場所がある。なんとPIST6では、誰でも無料でバンクの内側にあるアリーナに入り、観戦を楽しむことができるのだ。

アリーナ内には少人数から大人数まで、シーンに合わせてくつろげるソファが設置されており、観客席とは違った雰囲気のなか、レースを観戦できる。また、それぞれのソファの前には大型モニターが設定されており、会場の様子や選手紹介のPVなども見やすくなっている。

このほか、ホットドックなどを販売するキッチンカーや、選手紹介や勝者インタビューなどが行われる特設ステージも常設されている。定員を超える場合には入場制限が行われることもあるが、観戦時にはぜひ立ち寄ってみてほしい。

レース以外にも楽しみ方いろいろ!
TIPSTAR DOME CHIBAの魅力

PIST6のメインは迫力あるレースだが、会場となるTIPSTAR DOME CHIBAには、まだまだ魅力が盛りだくさん。スポーツだけでなく、アート、フード、ファッションなどを融合した、全く新しいエンターテインメントを楽しむことができる。

メインエントランスのアートに注目

Photograph by Makoto Shikuya

会場となるTIPSTAR DOME CHIBAのメインエントランスをくぐると、まず最初に目に飛び込んでくるのが、ホワイエの壁面に描かれた鮮やかなアートだ。幅約30メートル、高さ2.5メートルにおよぶ壮大な壁画と、同じくエントランスに常設されている彫刻作品を手掛けたのは、PIST6優勝トロフィーのデザインも手掛けた現代美術家、松山智一氏。入場時はもちろん、レースの合間の休憩時間などにも、じっくり鑑賞したい作品ばかりだ。

会場内は完全キャッシュレス

チケットの購入からベッティング、会場内での買い物にいたるまで、PIST6ではすべてがキャッシュレス。電子マネーやQRコードを取り入れた、今の時代にあったスマートな決済方法だ。なお、現金での支払いには対応してない。事前に利用可能な決済方法を確認しておこう。

フードやドリンクのショップが充実

会場内にはフードやドリンクを楽しめる4つのショップが常設されている。顔よりも大きなアメリカンサイズのピザを楽しめるお店や、多数のクラフトビールや食欲をそそるアメリカンフードを提供するバーなど、種類も豊富だ。

また、エントランス脇にはPIST6の公式グッズやバイクアクセサリーなどを購入できるグッズショップも! ステッカーやTシャツなど、自転車に乗らない人も買いたくなるアイテムが揃っている。

幻想的なバンクウォーク

デイはレース前後、ナイトはレース前に、選手が走るバンクを歩いて回れる「バンクウォーク」が開催される。木製バンクの質感を実際に手で触って確かめてみたり、選手が駆け上がるバンクの角度に驚いたり、楽しみ方もいろいろ。ミラーボールに照らされた幻想的なバンクを歩ける、またとないチャンスだ!
※天候により中止となる場合があります

全館フリーWi-Fi完備! データ量を気にせず観戦を楽しめる

会場では観覧席をはじめ全館にフリーWi-Fiを完備しており、TIPSTARアプリ使用時にも、データ量を気にせず観戦やベッティングを楽しむことができる。また、モバイルバッテリーのレンタルサービス(有料)も用意されているので、電池切れの心配も不要だ。

【期間延長】ペア招待券を抽選で25組50名様にプレゼント!

魅力たっぷりのPIST6だが、この感動は実際に行ってみないと味わえない。
ということで、今回特別に読者プレゼントとして「PIST6 Championship ZERO SEASON FINAL」のペア招待券をプレゼント! 国内トップクラスの選手はもちろん、豪華ゲストにも注目だ!

PIST6 Championship ZERO SEASON FINALチケット
プレゼント企画

日程:3月27日(日)※ナイトレースへのご招待です
枚数:25組50名様(抽選)
座席の種類:レギュラーシート(全席指定)
チケット:QRチケット
期間:3月18日まで 3月23日まで延長!
※当選者には3月24日までにチケット(QRコード)を送付いたします
※当選された方は、PIST6の会員登録のうえ、QRチケットを有効化してから当日ご来場ください。

▼プレゼントへの応募はコチラから
PIST6 ペア招待券
応募ページ

 

PIST6 オフィシャルサイト
https://www.pist6.com

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load