BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

新城幸也がミラノ~サンレモに参戦! コロナ復帰第1戦目は300㎞を走る春のビッグレース

3月19日にイタリアで開催される春のビッグレース、ミラノ~サンレモに新城幸也が出場する。

ミラノ~サンレモはイタリアに春の訪れを告げるという意味で別名『ラ・クラッシカ・ディ・プリマヴェーラ』と言われ、今年で113回の歴史ある伝統のレースだ。新城幸也は2月にスペインで開催のレース「ポルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ」に参戦後、新型コロナウイスルに感染しレースを離れていた。このミラノ~サンレモでいよいよレースに復帰する。

ベテラン新城は強力なアシストとして期待。エースはモホリッチ

所属するバーレーン・ヴィクトリアスからメンバー発表があり、経験豊富なスポーツディレクターのアルベルト・ヴォルピは、フランコ・ペッリゾッティとともにスチームを指揮する。

▼ミラノ~サンレモレースレビューはこちらへ
春のステージレースはスロベニア旋風、そして舞台はミラノ~サンレモへ|ロードレースジャーナル

春のステージレースはスロベニア旋風、そして舞台はミラノ~サンレモへ|ロードレースジャーナル

2022年03月18日

アルベルト・ヴォルピコメント

「ミラノ〜サンレモに強力なラインナップで走ります。土曜日にこのレースの優勝候補には入りにはならないかもしれませんが、自分たちはまだ負けたとは考えていません。

サンレモではつねに何かを期待するときに別のことが起こるレースなので、予測不可能です。ペロトンの一部のライダーは、レースの流れを変えることができます。

私たちはあらゆる結果に適したライダーと一緒にそこにいます。スプリントフィニッシュの場合はフィル・バウハウスと、最近ティレーノ~アドリアティコで活躍し、銚子のよいダミアーノ・カルーソがいます。それから、ヤシャ・ズッタリン、ヤン・トラトニク、新城幸也のようなベテランと、デビューしたてのジョナサン・ミランといった才能のあるアシストライダーがいます。そして最後になりましたが、私たちのチームキャプテンであるマテイ・モホリッチはミラノ〜サンレモでの経験も豊かです(2019年に5位、2020年に10位、昨年はトップ10からわずかに外れている)。ストラーデ・ビアンケでのクラッシュによりティレーノ~アドリアティコこそ欠場しましたが、彼はレースに復帰、この長いレースでをチームを導くはずです。そして、フィナーレで私たちにとって、彼がオプションになると感じています。特にリグーリア海岸では、追い風のために速いレースが予想されますからね」

と、レースに向け抱負を語っている。

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x