BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

“美しさ”と“走行性能”を両立した新世代eバイク2モデルをインプレッション|YAMAHA【後編】

長引く新型コロナ禍のもとで、スポーツバイクへの関心が高まっているなか、ヤマハから高い走行性能と電動アシスト機能を備えた新コンセプトのeバイク2モデル「ワバッシュRT」と「クロスコアRC」が登場。後編となる今回は、クロスバイクタイプのクロスコアRCを紹介。※前編は以下より

“美しさ”と“走行性能”を両立した新世代eバイク2モデルをインプレッション|YAMAHA【前編】

“美しさ”と“走行性能”を両立した新世代eバイク2モデルをインプレッション|YAMAHA【前編】

2022年03月15日

eクロスバイクの最先端を行くCROSSCORE RC

「クロスコアRC」。ヤマハ内はもちろん、eバイク界のクロスバイク全体でも最新型といえる

健康意識の高まりや、CO2を出さないクリーンモビリティとしての存在感を高めるスポーツバイクに、快適性や街中でのスムーズなライディングをサポートするeバイクならではのアシスト性能をプラスしたクロスコアRC。

eグラベルバイク「ワバッシュRT」と同じフレームデザインを採用。バッテリーはダウンチューブに内蔵

ワバッシュRTと共通するフレームデザインは、シンプルで街中に溶け込むシルエットを演出。オートモード搭載の新型ドライブユニットに、クッション性に優れる27.5×2.0サイズのタイヤとフロントサスペンションフォークの採用している。車重を感じさせない軽快さと段差の多い都市での快適な移動を実現。

都市部でのデイリーライドから週末のロングライドまで対応!

クロスコアRCはライトとサイドスタンドの標準装備やアクセサリー装着を前提としたマウントダブを備えることにより、デイリーユースから週末のロングライドまで楽しめるパートナーだ。

ストレートハンドルバー。グリップも握りやすさを重視し、手の疲れを最小限にする
フロントライトを初期装備している。小ぶりながらしっかりと前方を照射できる

リラックスしたライディングを実現するストレートハンドルバーを採用しつつ、大型のグリップで衝撃吸収と疲労を軽減。またバッテリーから電源供給されるLEDヘッドランプは小型ながら森の中でも十分な明るさを誇る。

リア9段変速のコンポーネント。フロントはシングル44T、スプロケットは11-36T
セミスリックパターンのタイヤ。サイズは27.5×2.0インチ。舗装路での走行をメインに想定されている

リアディレイラーには外装9段変速のシマノALIVIOを採用。様々な状況下で快適な走りを実現している。タイヤはセミスリックパターンで、転がり抵抗とウエット路面での安定性を両立。エアボリュームのあるワイドサイズで、サイドには反射素材が付く。夜間の被視認性を向上させている。

ただのeクロスバイクではない、豪華な仕様も特徴

さらにクロスバイクとしては珍しくサスペンションフォークを搭載。モデルは63mmトラベルのSRサンツアーNEX-E25。路面からの衝撃をやわらげ快適な走行を実現する。ロックアウト機構もあるため、サスペンション機能が不要なときはリジット設定にできる。

サンツアーのフロントフォークを搭載。路面からの衝撃を吸収し、体への負担を減らす

さらにこれだけの仕様ながら、ワンカラーの展開ではなく、合計3色もの展開となっている。「遊び心のある世界観をグラデーションで繋げる」をテーマにしている。

フレイムオレンジ、ミスティグリーン、ピュアパールホワイトの3色展開

CROSSCORE RC

31万7900円(税込)

SPEC

■フレーム:アルミ ■フォーク:SRサンツアー・NEX-E25-C 63 mmトラベル ■ドライブユニット:ヤマハPWシリーズ ST ■バッテリー:マルチロケーション 36V-13.1Ah ■サイズ:S、M、L  ■カラー:フレイムオレンジ、ピュアパールホワイト、ミスティグリーン  ■タイヤ: 27.5×2.0 ■コンポーネント:シマノ・アルタス/アリビオ 1×9速 ■ブレーキ:シマノBR-MT200 前180mm/後160mm径 ■重量:23.8kg (Mサイズ)

ヤマハのセンスを感じる一台。数値以外のスペックにも注目!

ワバッシュRTと同じドライブユニット/バッテリーの採用で、アシストのパワーやモードも同等の性能。街中でのコミューター的使用だけでなく、ヒルクライムを含むロングライドにも使えることは、そのアシスト持続走行距離(85~200㎞※モードによる)が表している。

アシストパワーによって低速域でのペダリングでもストレスが少なく、アップライトなポジションで視界も広い。日本の道路環境をよく見据えたセミスリックタイヤ、ロックアウト式のフロントサス、そしてスタンドの標準装備には、長年の電動アシストバイクづくりの経験が活かされていると実感。街中走行に限ってはカスタムの必要性はほぼないだろう。

パワフルなユニットが車体重量の重さをカバー。ワバッシュRTと同じオートマチックアシストモードを搭載

「9段変速&車体重量23.8㎏」という”自転車的なスペック数値”に惑わされてはいけない。クロスコアRCは必要十分以上のスペックを備えた、時代の最先端をいくクロスバイクだ。

インプレッションライダー

浜田幸紀

元プロサイクリングショップ店員の編集部員。ただしペダリングテクニックやロングライドへの体力、ヒルクライム能力が平凡なため、いっそのことeバイクのアシスト力に頼るのもありかと考えている。身長175㎝

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load