BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

駿河湾フェリーでフジイチをもっと楽しく!「するいち」ライドイベントの開催決定|スルガ銀行

スルガ銀行が一般社団法人ふじさん駿河湾フェリーと自転車振興に関するパートナーシップ協定を締結した。5月12日からはサイクルステーションKANO BASE(伊豆市)を発着拠点とするサイクリングイベント「するいち(駿河湾一周サイクリング)」を開催。以下、プレスリリースより。

協定締結式の様子

少人数のプレミアムライド! 船内見学ツアーも実施

この度の協定の締結により、今後は県道223号線を組み込んだサイクリングルートのPR事業を共同で実施いたします。第一弾の協定事業として、2022年5月12日(木)から計3回、当社のサイクルステーションKANO BASE(伊豆市)を発着拠点とするサイクリングイベント「するいち(駿河湾一周サイクリング)」を開催いたします。

本イベントは、参加者を1回あたり7名に限定したプレミアムサイクリングとし、フェリー乗船中には、船内見学ツアーも実施いたします。ライドリーダーは、アテネオリンピックロードレースプレーヤーの田代恭崇氏が務めます。当社と駿河湾フェリーが参加者の皆さまと共に駿河湾一周の様子をSNSで発信し、現地からその魅力をお伝えいたします。

ふじさん駿河湾フェリー×スルガ銀行
「するいち(駿河湾一周)110km」

発着地:スルガ銀行 サイクルステーションKANO BASE(伊豆市)
開催日:2022年5月12日(木)、6月22日(水)、9月28日(水)
定員:各回7名(18歳以上で、公道で安全に自転車に乗れる方)
コース:サイクルステーションKANO BASE → 【15km】狩野川 → 【31km】沼津港大型展望水門 びゅうお → 【49km】スーパーオカムラ →【81km】清水港 ⇒ ≪駿河湾フェリー 県道223号線≫ ⇒ 【81km】土肥港 → 【93km】船原峠 (土肥峠) → 【106km】サイクルステーションKANO BASE
参加費:無料(食事代は自己負担)
主催:スルガ銀行株式会社
共催:ふじさん駿河湾フェリー
運営:リンケージサイクリング株式会社、スルガ銀行株式会社、ふじさん駿河湾フェリー

「するいち(駿河湾一周)110km」イメージ画像、コース図面

駿河湾フェリー航路について

駿河湾フェリーが運航する静岡県静岡市の清水港から伊豆市の土肥港を結ぶ約30kmのフェリー航路は、全国で唯一、観光に特化した海路として県道223(ふじさん)号線に認定されています。遮るもののない駿河湾海上からの富士山の明媚な眺望は、静岡県特有の観光資産として人気を集めており、サイクリング中にフェリーに乗船するサイクリストの数も近年増加傾向にあります。

船上フォトスポットからの眺望

エントリーなどの詳細はこちらをチェックしよう。
スルガ銀行公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x