BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

宇都宮ブリッツェンの小野寺、増田が地元でワン・ツー! JCL開幕戦・真岡芳賀ロード

三菱地所JCLロードレースツアー(以下、JCL)が4月16日(土)にいよいよ開幕した。昨年に引き続き初戦は「カンセキ真岡芳賀ロードレース大会」が栃木県真岡市・芳賀町の公道で開催され、地元栃木県内のチーム宇都宮ブリッツェンの小野寺 玲が勝利、増田成幸が2位となりワン・ツーフィニッシュを飾った。続く4月17日(日)には第2戦となる「カンセキ宇都宮清原クリテリウム」が開催される。

レバンテフジに静岡にモンゴルチャンピンが加入、マトリックスパワータグも参戦

レースまでにはチームプレゼンテーションも行われた。2シーズン目を迎え、新たにマトリックスパワーパワータグが参戦することになったJCL。このほかレバンテフジ静岡にはモンゴル人選手2人、バトムンク・マラルエルデンとエンクタイヴァン・ボローエルデンが加わるなど、各チームのメンバーも入れ替わった。

3年ぶりの有観客レースとなり会場は盛り上がり、さらにレース前にはフィナンシェのトークンで権利を獲得した人のみが入れるピットウォークが開催されるなど、ファンサービスの内容もアップデートされた。

56人の選手がスタート、序盤から積極的な逃げ

「カンセキ真岡芳賀ロードレース」は真岡井頭公園周辺特設周回コース(7.2km)を18周、129.6kmで争われた。

レースはスタート間もなく細かいアタックが見られたが、4周目に阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)、小石祐馬(チーム右京相模原)、谷 順成(那須ブラーゼン)、バトムンク マラルエルデン(レバンテフジ静岡)による逃げ集団が形成された。

8周には先行していた4人に追走の新城雄大(KINAN Racing Team)、ライアン・カバナ(ヴィクトワール広島)、宇賀隆貴(チーム右京相模原)、西尾憲人(那須ブラーゼン)の4名が合流。計8名の逃げ集団となった。ここからモンゴル人ライダーのマラル・エルデンが脱落、7名となったグループからカバナを中心にペースを維持する。

いっぽうチーム戦略としてキナンレーシングチームの新城と宇都宮ブリッツェンの阿部などが引かなくなり、協調体制は崩れメイン集団が追いつくのは時間の問題となった。そして、残ったのはカバナ、小石、谷、阿部の4人と絞られ、メイン集団とは最大2分ほどあったタイム差も30秒差まで縮んだ。

最後は地元ブリッツェンが総合力でレースをまとめる

photo :宇都宮ブリッツェン

メイン集団は宇都宮ブリッツェン、キナンレーシングチームを中心にメイン集団のペースを引き上げ、ハイペースとなり集団内の落車などもあり20人弱へと人数を減らしていく。先頭4人はファイナルラップに突入直後に後続吸収され、レースは振り出しに戻り、最後のアタック合戦が始まった。

ツアー・オブ・タイランドで総合2位となった好調の小石のアタックに増田、小野寺が反応し、畑中勇介(キナンレーシングチーム)、渡邊諒馬(VC福岡)が続く。そして、アタックの応酬が繰り返される中、ここで増田と小野寺の2人を擁する宇都宮ブリッツェンが波状攻撃を仕掛ける。

増田が残り500mでアタックを仕掛けると、畑中が食らいつくが、小野寺が冷静にマーク。スプリント力のある小野寺が先行する2人をかわして勝利した。宇都宮ブリッツェンは増田がレース巧者の畑中を下して2位となり、地元でうれしいワン・ツーフィニッシュを飾った。

photo :宇都宮ブリッツェン

優勝、個人総合リーダー、スプリント賞リーダー
小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン) コメント

photo :宇都宮ブリッツェン

「長年目標にしていたロードレースでの勝利が、地元のレースでたくさんの観客の皆さんの前で達成できたことは本当にうれしい。(ゴール勝負で増田選手を差したことについて)自分の中でも迷いがあったが、脚を緩めて他の選手に差されるよりは自分が行った方が良いと判断した。宇都宮清原クリテリウムは5連覇がかかっているが今日の結果に満足せず、勝ちを狙って挑みたい」

リザルト

photo :宇都宮ブリッツェン

1 小野寺 玲 宇都宮ブリッツェン 2:59:52.474
2 増田成幸 宇都宮ブリッツェン +0:00
3 畑中勇介 キナンサイクリングチーム +0:00
4 小石祐馬 チーム右京 相模原 +0:03
5 渡邊諒馬 VC福岡 +0:03
6 孫崎大樹 スパークルおおいたレーシング+0:18

JCL各賞リーダージャージ表彰

photo :宇都宮ブリッツェン

イエロージャージ(個人総合):小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)
ブルージャージ:(ポイント):小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)
ホワイトジャージ:(U23個人総合):渡邊諒馬((VC福岡)
チームランキング1位:宇都宮ブリッツェン

4月17日開催 カンセキ宇都宮清原クリテリウム

コース

清原工業団地 周辺

栃木県宇都宮市 清原工業団地14(清原中央公園)

1周2.2kmの公道コース。レースはここを23周回、合計50.6kmで行われる。平坦の短い周回コースで、立ち上がりが選手たちを苦しめるコースとなる。レーススタートは13:30。

 

JCLロードレースツアー2022公式ホームページ
https://www.jcleague.jp/

JCLロードレースツアー2022公式YouTubeチャンネル
https://youtu.be/tQKtKWoVfBI

 

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load