BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

WahooがRGT Cyclingの買収を発表、Wahoo Xサブスクリプションサービスもスタート

Wahoo(ワフー)がRGT Cyclingの買収を発表した。また今回の発表に合わせて、Wahoo X サブスクリプションサービスもスタート。新しいWahoo Xサービスにより、アスリートはWahoo SYSTMとWahoo RGTのすべてのトレーニングコンテンツに、より容易にアクセスできるようになった。以下、プレスリリースより。

RGT Cyclingの買収、およびWahoo Xサブスクリプションサービスの開始

Wahooは長年にわたり、コネクテッドフィットネスハードウェアの革新とリーダーシップの代名詞となっています。本日発表したバーチャルサイクリングプラットフォームRGT Cycling(現Wahoo RGT)の買収により、Wahooはトレーニングソフトウェアのポートフォリオを追加し、統合スマートトレーニングソリューションの包括的エコシステムをさらに強化し、エンデュランスアスリートにトレーニング、ライド、コミュニティとの連携方法について比類ない選択肢を提供します。

Wahoo RGTは次世代のバーチャルサイクリングで、サイクリストが一人でも大勢とでも、非常に精細なバーチャルロードを走行、レース、探索することを可能にします。高度な物理エンジンを搭載したWahoo RGTは、リアルなドラフティング、コーナリング、ブレーキングを提供し、ビデオゲームというより、没入型のサイクリングシミュレーターのようなものになっています。アスリートは、サイクリングにおいて最も象徴的なルートやレースコース(しかも本物の風景や応援するファンも付き)をライブラリから選ぶか、革新的なマジックロードという機能を使用して、世界中のあらゆるルートから自分のGPXファイルをアップロードして、RGTに正確な仮想バージョンを作らせることができます。RGTは、強力なソーシャルコンポーネントとバーチャルイベントカレンダーも備えています。利用者は、グループライドやレースなどのバーチャルイベントを作成、カスタマイズ、スケジュール設定し、世界中のアスリートを招待することが可能です。ユーザーは、RGTコミュニティ、RGTのブランドパートナーによって作成された公開イベントに参加することができます。

Wahooがインドアトレーニングソフトウェアの分野に進出するのは、これが初めてではありません。2019年、同社はSufferfestを買収し、昨年、Wahoo SYSTMにリブランドしました。これはサイクリストとトライアスリートのための包括的なトレーニングプラットフォームで、没入型のビデオベースのコンテンツと対になったパーソナライズワークアウト、さらにヨガ、筋力、メンタルトレーニングなどを提供し、サイクリングとマルチスポーツのためのカスタマイズ可能なトレーニングプランに統合されています。

アスリートが両方のプラットフォームをより簡単に、より費用対効果高く利用できるように、Wahooは本日、Wahoo Xも発表しました。この新しいプレミアムサブスクリプションサービスは、Wahoo SYSTMとWahoo RGTのすべての機能とコンテンツに、1 つのサブスクリプション、アカウント、ログインで完全にアクセスできるようにするものです。
Wahooは、新しいWahoo Xバンドル版を従来の単体SYSTM版と同じ価格で提供しており、構造化トレーニングとバーチャルサイクリングの両方のメリットを実感したいアスリートにとって市場をリードするオプションとなっています。新しいシングルサインオンWahooアカウントは、ELEMNTコンパニオンアプリ、Wahoo Fitnessアプリ、wahoofitness.comなどの他のWahoo製品およびWahooのサービスでも使用できます。

「RGT Cyclingの買収と新しいWahoo Xサブスクリプションサービスの開始により、アスリートはより多くのオプション、より多くの利便性、そしてWahoo製品群全体で機能する1 つのアカウントでトレーニング方法をコントロールすることができます。当社は、ハードウェアおよびソフトウェアソリューションのWahooエコシステムをシームレスに統合した、これまでにない価値と最高クラスの体験を提供し、屋内または屋外に関わらずアスリートがトレーニングから最大限の力を引き出すことができるようにしました。また、Wahooエコシステムを通じてそのメリットを最大限に発揮する一方で、包括的なトレーニングとバーチャルサイクリングソフトウェアの幅広い製品群を、業界の主要企業や標準に対してオープンかつ互換性のある状態に保つことに全力を注いでいます。アスリートの選択と自由は、これからもWahooのすべての活動の中心であり続けます。」とWahooのCEO、マイク・サトゥルニアは述べています。

Wahoo SYSTMとWahoo RGTは、いずれもiOS、Android、macOS、Windowsで利用可能です。既存のSYSTM とRGTの契約者は、追加料金なしでWahoo Xに移行されます。14日間の無料トライアルが用意されており、新規ユーザーは両アプリのコンテンツと機能一式を体験できます。Wahoo Xの価格は月額14.99米ドルまたは年額129米ドルですが、Apple App StoreやGoogle Playでは現在、年額オプションは提供されていません。

WahooとWahoo RGTに関するもっと詳しい情報についてはこちらをご確認ください。

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x