BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

上下左右の配光まで調整できるフロントライトで通勤通学、ツーリングも安全に!|MOON(ムーン)

自転車ライフのなかで、自分のライド環境、特に夜間の走行について思い出してほしい。人やクルマの多い都会? それとも真っ暗に近い田舎道? はたまたその両方? 通勤や通学だけでなく、ロングライドやツーリングまで考えるとライトを使うの環境はさまざま。そうした多様なナイトライドに幅広く対応するのが「高機能ライト」だ。

今回ひときわ優れた機能を持つライトブランド「MOON(ムーン)」から2モデルをピックアップ。ともに確かな性能と個性的なシステムを兼ね備えたライトであり、サイクリストの安全性を大きく向上させるはずだ!

RIGEL PRO(リゲルプロ)とRIGEL POWER(リゲルパワー)

左がリゲルプロ(最大光量1000ルーメン)、右がリゲルパワー(最大光量3600ルーメン)

1996年に自転車用ライトを生産し始め、2005年にブランドをスタートしたムーン。デザインと機能をつねにリファインしながら順調に成長をしてきた同ブランドの最新モデルが、リゲルプロ(左/最大光量1000ルーメン)とリゲルパワー(右/最大光量3600ルーメン)だ。

【リゲルプロ】ビームカットレンズカバーで対抗車に優しく、路面をより明るく

ムーン・リゲルプロ
ビームカットレンズカバーをレンズ前面に被せることで、適切な上下への配光を実現

リゲルプロのもつユニークなシステムのひとつが「ビームカットレンズカバー」だ。まずフロントライトは基本的に前方やや下めに照射し路面を照らすものだが、ときに前方上部への光が対向車に対して迷惑になる可能性がある。とくに強い光だと相手側の目をくらませてしまうことも。

カバー上部に溝が切られている。この溝が対向車への過剰なまぶしさを和らげ、下側の路面への光を強める

こうした事態を防ぐため、「ビームカットレンズカバー」をレンズ前部に装着。カバー上部に切られた溝が前面上部への光をやや弱めにしつつ(完全にカットするわけでない)、下部への配光を強めて全体のバランスを整える。

ビームカットレンズカバーなしの状態。手前のポールの明るさに注目
ビームカットレンズカバーありの状態。手前のポールの明るさが際立つ

ハンドルバー下にライトを装着する際、カバーも上下反転で対応

やや大きめのサイクルコンピューターと物理的に干渉することなく、ハンドルバー下にライトをスッキリ装着可能
カバーの上下を入れ替えることで、ハンドルバー下にライトを装着しても配光は自然なまま

またビームカットレンズカバーを外して上下反転して装着できる点にも注目。これにより生まれる利点は、ライトをハンドルバーの下側に装着してもなお「前方やや下めに照射できる」ということ。ライトの上下が変わっても、カバーの上下入れ替えで対応可能なのだ。

ハンドルバー下でも適切にライトを点灯。上下に分かれているので、サイクルコンピューターの操作もしやすい

また最近ではGoPro®が取り付けられるようになったサイクルコンピューターマウントも各社から販売されており、ここにリゲルプロを取り付けることも可能。こうしたサイクルコンピューターとライトを上下にスマートに取り付けた際にも、このビームカットレンズカバーがあれば対向車へのまぶしさが緩和される。

【リゲルパワー】6つのライトで光の強さや範囲を賢く調整

リゲルパワー
リゲルパワーは6つのLEDライトを搭載。光り方はなんと24種類も。画像の状態はもっとも明るく広く照らす超ワイドモード。真っ暗闇でもしっかり視界を確保
中央から両端まで広く強く照らす。まわりに人やクルマがいない暗所向き

連続点灯時最大3600ルーメンの明るさを持つリゲルパワーに搭載された機能に、ワイドアングル(広角)、ナローアングル(挟角)を選択できる「デュアルアングルビーム」がある。レンズ内の6つのLEDの光り方にパターンを設けて照射範囲の広さを変えられる機能だ。

左側の配光パターンがもっとも強力で、灯りのない山や森のなかでも安心。対して右側は街灯のある街中での使用が奨められる

例えば真っ暗闇に近い山のなかでは非常に明るく広く照らす、やや暗めの場所ではやや明るく広く照らす、灯りのある街中などでは穏やかな明るさで狭く照らすといった使い分けが可能。この3モードをベースとして、さまざまな光り方のバリエーションを展開する。

中央部と下部を広く照らすワイドモード
中央部をしっかり照らしつつも、上部の両脇の光はカット。余分な光の拡散を防ぐ
上部の両端2灯だけを光らせたナローモード
もっとも穏やかな照らし方。路面を照らしつつも、対向車に対しての配慮も利いている

【両モデル共通】明るさ&モーション自動感知機能も搭載!

リゲルパワーのボディ上部にはバッテリインジケーターや、明るさ感知のセンサーがある。見やすさも抜群

近年の高機能ライトに搭載される「明るさ感知センサー」がリゲルパワー、リゲルプロ両方に搭載される点も見逃せない。ライド時の外の明るさをライト本体が感知し、明るい場合は自動で消灯を行い、スタンバイモードに。暗くなると、設定したモードへと自動点灯を行う。ムダなバッテリーの消費を防ぐことで必要な期間に長く使え、充電の手間も省ける便利な仕様だ。

ボタンのプッシュやダブルクリックでさまざまなモードに変更可能。太陽マークが示すように明るさ感知センサーを搭載、効率よく使うモードにも設定できる

さらにモーション自動感知機能も搭載。しばらく動かない状態になると自動消灯し、再び動き出すと点灯状態へと変化。まさに充実のソフトスペックだ。

【両モデル共通】ブラケットやマウント、ストラップなど付属品も利便性が高い!

リゲルプロ(左)はオーソドックスな「オンハンドル」のブラケット、リゲルパワー(右)は前方に張り出すマウントが付属

ライト本体とハンドルバーをつなぐパーツにも注目。マウントに対してライト本体を90度傾けながらカチリとハマるシンプル構造で、リゲルプロにはラバー製のハンドルバーブラケットが付属、リゲルパワーには樹脂製のハンドルバーマウントが付属する。ブラケットは工具不要で巻き付けて固定するだけ。マウントも2.5㎜アーレンキー1本でのつけ外しと非常にシンプル。

ブラケットとライトの着脱はほんの数秒で「カチッ」だ。もちろん互いのライトとブラケット(マウント)には互換性あり

リゲルパワーには外したライトを手持ちしやすいようにストラップもついているので、ツーリングからのアウトドアキャンプでも重宝するだろう。ブラケットやマウントなどはオプションとして単体アクセサリーで購入もできるので、自転車を複数台所有するライダーの場合、ライト本体を使いまわしできるのもうれしい仕様だ。

リゲルパワーにはハンドストラップも付属(リゲルプロには付属なし)。自転車を降りた後、夜間のアウトドアアクティビティにも使いやすい

ムーンのリゲルシリーズには、今回紹介したパワーとプロの間のモデルやさらに下位を補うモデルもラインアップ。リゲルパワー、リゲルマックス、リゲルプロ、リゲル、リゲルライトの全5モデル。すべてのモデルで非常に高い防水性能(IPX7)を発揮し、そのタフネスさは業界トップクラスだ。ムーンのリゲルシリーズから、自分が必要とする機能やルーメン数を備えたモデルを選択し、万全なナイトライドの環境を作り出そう。

製品情報

RIGEL PRO
(リゲル プロ)

価格:7700円 (税抜価格7000円)

ハードスペック

LED:高輝度LED 2個
最大ルーメン:1000ルーメン
ハンドルバーブラケット対応径:Φ22~35mm
サイズ:38x81x24mm
重量:85g
充電時間:3時間
素材:CNCアルミヒートシンク搭載
電源:リチウムポリマーバッテリー(※一体型)
防水性能:IPX7
付属品:RB-42 GoProマウントアダプター、RB-43ハンドルバーブラケット、USB-Cタイプケーブル、ビームカットレンズカバー(※本体に付属)

ソフトスペック

本体機能:バッテリーインジケータ機能、インテリジェント(明るさとモーション感知)機能、VLS明るさ調整機能(※ルーメン調整機能)、モードメモリー(※再起動時に終了時のモードで起動)
レンズ機能:ビームカットレンズカバー搭載(※上向き配光をカット)

リゲルプロの製品詳細はこちら

RIGEL POWER
(リゲル パワー)

価格:2万7500円 (税抜価格2万5000円)

ハードスペック

LED:LUMINUS SST-40 高輝度LED 4個 + LUMINUS SST-20 高輝度LED 2個
最大ルーメン:3600ルーメン
ハンドルバーブラケット対応径:Φ31.8~35mm
サイズ:57x118x34mm
重量:305g
充電時間:4時間(2A)、7時間30分(1A)
素材:CNCアルミヒートシンク搭載
電源:リチウムイオンバッテリー(※一体型)
防水性能:IPX7
付属品:RB-50ハンドルバーマウント、USB-Cタイプリモートコントロールケーブル、USB-Cタイプケーブル、HB-8X250-MOONハンドストラップ

ソフトスペック

本体機能:バッテリーインジケータ機能、インテリジェント(明るさとモーション感知)機能、VLS明るさ調整機能(※ルーメン調整機能)、モードメモリー(※再起動時に終了時のモードで起動)

リゲルパワーの製品詳細はこちら

上記以外のリゲルシリ-ズ

リゲルマックス 9900円(1500ルーメン)

リゲルマックスの製品詳細はこちら

リゲル 5940円(700ルーメン)

リゲルの製品詳細はこちら

リゲル ライト ブラックカラー 4950円(最大500ルーメン)

リゲルライトの製品詳細はこちら

リゲル ライト シルバーカラー 4950円(最大500ルーメン)

リゲルライトの製品詳細はこちら

問:あさひ https://moon-sports.jp/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load