BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

岡 篤志がUCIロードレースで初勝利! 雨降るツアー・オブ・ジャパン相模原ステージ

5月19日(木)から22日(日)の4日間にかけて開催されているツアー・オブ・ジャパン。大会3日目となる5月21日(土)は第3ステージとして相模原ステージが開催された。

前日2日間とは天候が大きく変わり、冷たい雨が降りしきる中でのレースを制したのは岡 篤志(EFエデュケーション・NIPPO デヴェロップメントチーム)だ。レース序盤からアタック合戦が続き、なかなか逃げが決まらない中で決まった勝ち逃げ、その勝ち逃げからのさらなるアタックがあったレースをレポートする。

冷たい雨が降りしきるレースとなった大会3日目

5月19日(木)から22日(日)の4日間にかけて開催されているツアー・オブ・ジャパン(以下TOJ)。大会3日目となる5月21日(土)は第3ステージとして相模原ステージが開催された。

前日時点でも雨予報となっていた相模原ステージは、朝からどんよりと重い雲がかかり、スタート前後から雨が降り始める。雨足は時間が経つにつれてどんどんと強くなり、選手たちがチームカーからレインウエアを受け取るようなシーンも見られ、レース後には低体温症になる選手たちが現れるほど過酷なコンディションの中でのレースとなった。

中盤にようやく決まった8名の逃げ集団と追走の11名の集団

8時50分に70名の選手たちがスタートを切ると、小倉橋からの上りでリアルスタートが切られ、すぐにアタック合戦が始まる。総合争いに絡んでいない選手たちが逃げ切りを狙おうとアタックやブリッジを繰り返す積極的なレースが続く。

集団が落ち着いたのは周回コースに入ってから4周目のタイミング。以下の8名の選手たちが抜け出すと、メイン集団はチーム右京がコントロールし始め、レースはようやく落ち着いた。

・岡 篤志(EFエデュケーション・NIPPO デヴェロップメントチーム)
・山本元喜(キナンレーシングチーム)
・鈴木 譲 (愛三工業レーシングチーム)
・ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
・山本哲央(チームブリヂストンサイクリング)
・天野壮悠(シマノレーシング)
・ライアン・カバナ(ヴィクトワール広島)
・香山飛龍(弱虫ペダルサイクリングチーム)

集団とのタイム差が1分ほど開き始めると、今度はナショナルチームの選手たちを中心に抜け出しがあり、以下の11名が追走に入る。

・中川 拳(愛三工業レーシングチーム)
・フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)
・レオネル・キンテロ(マトリックスパワータグ)
・横山航太(シマノレーシング)
・留目夕陽(日本ナショナルチーム)
・寺田吉騎(日本ナショナルチーム)
・大河内将泰 (日本ナショナルチーム)
・山田拓海(日本ナショナルチーム)
・五十嵐洸太(弱虫ペダルサイクリングチーム)
・加藤 遼(チームユーラシア・iRCタイヤ)
・谷 彰太(日本大学)

19名となった先頭集団からのアタック

約1分差での追走となった11名は1周あたり30秒ずつタイム差をつめ、6周目で先頭に追いつき、先頭は19名に。

マトリックスパワータグがいずれも力のある3名の選手を先頭集団に送り込んだため、このままマトリックスパワータグが先頭集団をコントロールするかと思われた矢先、フィニッシュラインへの上り区間でシマノレーシングの天野がアタックを仕掛ける。この動きで先頭集団はバラけ始める。

少人数でのスプリントを岡が制し、UCIレースでのロードレース初優勝を決める

カバナやキンテロ、山本哲央が先頭集団から抜け出すが、他の選手たちも追走をかけ、再び先頭は集団にまとまる。

マンセボのコントロールで集団は進み、マトリックスパワータグがこのままキンテロのスプリントに持ち込むかと思われた矢先、フィニッシュ前の最後の上りで山本元喜がペースを上げる。残り300mほどで今度はキンテロが先頭に立つと、番手につける岡が上り切り手前でキンテロをパスし、先頭で最終コーナーを抜ける。

最終コーナーを先頭で抜けた勢いそのままに岡がスプリントを開始すると、他の選手を横に並ばせることなく先頭でフィニッシュラインを通過し、相模原スタージでのステージ優勝を決めた。

過去には堺ステージでの優勝経験もある岡だが、堺ステージは個人TTということもあり、UCIレースでのロードレース初優勝を飾ることとなった。

いよいよ明日は最終日、東京ステージを残すのみとなる。総合順位はネイサン・アール(チーム右京)にほぼ決まったといっていいだろう。いっぽうステージ争いはかなり激しい展開が見られそうだ。昨年のように逃げが決まるのか? それとも集団スプリントとなるか? 注目したい。

▼第4ステージ「東京」の詳細はこちら
東京のど真ん中で見られるロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」最終日、東京ステージ

東京のど真ん中で見られるロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」最終日、東京ステージ

2022年05月20日

リザルト 第3ステージ

1 岡 篤志 EFエデュケーション・NIPPO デヴェロップメント 2:33’37”
2 レオネル・キンテロ・アルテアガ マトリックスパワータグ +1″
3 山本哲央 チームブリヂストンサイクリング +1″”
4 ホセ・ビセンテ・トリビオ・アルコレア マトリックスパワータグ  +1″
5 ライアン・カバナ ヴィクトワール広島 +1″
6 横山航太 シマノレーシング  +3″

リザルト 総合成績

1 ネイサン・アール チーム右京 8:14’19”
2 ベンジャミン・ダイボール チーム右京 +0’07”
3 トマ・ルバ キナンレーシングチーム +1’36”
4 増田成幸 宇都宮ブリッツェン +2’41”
5 小林 海 マトリックスパワータグ +3’11”
6 フランシスコ・マンセボ・ペレス マトリックスパワータグ +3’20”

各賞ジャージ

グリーンジャージ(個人総合):ネイサン・アール マトリックスパワータグ
ブルージャージ(ポイント賞):レオネル・キンテロ・アルテアガ マトリックスパワータグ
レッドジャージ(山岳賞):小林 海 マトリックスパワータグ
ホワイトジャージ(新人賞):宮崎泰史 宇都宮ブリッツェン

今年のTOJはYouTubeによるオンラインでの配信もある。ぜひ公式WEBサイトもチェックしよう。

問:TOJ公式サイト
https://www.toj.co.jp

 

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load