BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

クレダーが予告どおりの勝利、アールが総合優勝でチーム右京がツアー・オブ・ジャパン圧勝

5月19日(木)から5月22日(日)にかけて開催されたツアー・オブ・ジャパン(以下、TOJ)。大会最終日となる5月22日(日)は第4ステージとして東京ステージが開催された。

前日の雨から一転し、強い日差しの中でのレースとなったスプリントステージを制したのはチーム右京のレイモンド・クレダー。

レース前の予想どおり、そして前日にチームメイトのネイサン・アールからもクレダーの日になるとあったとおり、東京ステージを制したクレダー。今回は東京ステージでのレース模様をお伝えする。

3年ぶりの有観客開催で多くの観客が訪れたTOJ東京ステージ

大会最終日となる5月22日(日)は第4ステージとして、大井埠頭で東京ステージが開催された。今年も日比谷公園からのパレードはなく、大井ふ頭内の周回コースでのみの開催となった東京ステージだが、昨年と違って今年のTOJは有観客での開催。例年最も観客を集める東京ステージでは、今年も4日間を通じて最も観客を集めるステージとなった。

序盤からアタックと吸収が繰り返される出入りの激しい展開

日本学生自転車競技連盟主催の全日本学生クリテリウム選手権が開催された後、定刻どおり11時に68名の選手たちとパレード走行に招待された方々がスタートを切る。1.9kmのパレード周回を2周回するとリアルスタートが切られ、すぐに仮屋和駿(キナンレーシングチーム)と阿曽圭佑(ヴィクトワール広島)がアタックする。この動きはすぐに捕まり、その後も京都産業大学の選手たち等が積極的にアタックを繰り返す。

アタックしては吸収してという展開を繰り返しながら最初の中間スプリントポイント周回を迎えると、第3ステージ終了時点でポイント差わずかに1点差でブルージャージを着るレオネル・キンテロ(マトリックスパワータグ)と、第3ステージでステージ優勝を上げ、ポイントランキング2位につける岡 篤志(EFエデュケーション・・NIPPO デヴェロップメントチーム)がもがき合い、キンテロが1着、岡が2着でポイント差を広げることに成功した。

ようやく決まった6名の逃げ集団

6周目に門田祐輔(EFエデュケーション・NIPPO デヴェロップメントチーム)のアタックをきっかけに、門田とホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)、西尾憲人(那須ブラーゼン)の3人が抜け出す。

この3名が飛び出した後、集団は一瞬横に広がるも、さらに3名の選手が追走でメイン集団から抜け出す。

先頭3名から追走3名まで30秒、追走3名からメイン集団まで30秒という状況から、先頭と追走の差が徐々に縮まり、9周目で先頭は6名に。

・門田祐輔(EFエデュケーション・NIPPO デヴェロップメントチーム)
・新城雄大(キナンレーシングチーム)
・ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
・西尾憲人(那須ブラーゼン)
・山田拓海(日本ナショナルチーム)
・入部正太朗(弱虫ペダルサイクリングチーム)

一方、メイン集団はチーム右京のコントロールに、ゴールスプリントに持ち込みたいチームや逃げにメンバーを送り込んでいないチームが加わってコントールする形で、約1分差のままレースは推移する。

ラスト1周で逃げを吸収し、集団スプリントに持ち込んだチーム右京のクレダーが東京ステージを制す

13周目からメイン集団がペースを上げ始めると、1周あたり10~15秒程度差をつめていく。

最終周回である16周目に入るタイミングでタイム差を約10秒まで縮めると、バックストレート過ぎに逃げ集団から西尾が単独でアタックし、それ以外のメンバーは吸収される。

メイン集団はレッドジャージを確定させている小林 海を先頭にマトリックスパワータグが先頭を固め、キンテロのブルージャージのために西尾を猛追すると、残り2kmで西尾を吸収し、集団スプリントへ。

マトリックスパワータグの横に宇都宮ブリッツェン、その後ろにチームブリヂストンサイクリングやスパークルおおいたが固める。

残り約1.5km地点の直角コーナーで落車が発生するも、そのままマトリックスパワータグ、宇都宮ブリッツェン、チームブリヂストンサイクリング、シマノレーシングがトレインを組んで横に並ぶ。

しかし、残り1kmを切った地点にある最後の直角コーナーでチームブリヂストンサイクリングやマトリックスパワータグがオーバーランし、主導権は宇都宮ブリッツェンとスパークルおおいた、愛三工業レーシングチームに。

緩い左コーナーを抜けると各エーススプリンターがスプリントを開始。

スパークルおおいたの沢田桂太郎の後ろからレイモンド・クレダー(チーム右京)が猛然ともがくと、そのまま沢田を差し切り、クレダーがステージ優勝を決めた。

総合優勝とステージ3勝という圧勝っぷりをチーム右京が見せる

クレダーのステージ優勝で、チーム右京は信州飯田ステージ、富士山ステージに続くステージ3勝目。4ステージ中3ステージを制す圧勝っぷりを見せる。

さらに第3ステージ終了時点で総合優勝をほぼ手中に収めていたネイサン・アール(チーム右京)も、タイム差なしの15位で東京ステージを完走し、無事総合優勝を決めた。

山岳賞であるレッドジャージを着用する小林 海(マトリックスパワータグ)もタイム差なしの23位で東京ステージを完走し、無事山岳賞、レッドジャージを確定させた。

新人賞であるホワイトジャージを着用する宮崎泰史(宇都宮ブリッツェン)もタイム差なしの43位で東京ステージを完走し、無事新人賞、ホワイトジャージを確定させた。

ポイント賞であるブルージャージはキンテロがステージ4位、岡がステージ5位で、岡がキンテロを上回ることができず、レオネル・キンテロ(マトリックスパワータグ)がブルージャージを確定させた。

リザルト 第4ステージ

1 レイモンド・クレダー 2:17’22”
2 沢⽥桂太郎 +0″
3 ⿊枝咲哉 チームブリヂストンサイクリング +0″
4 レオネル・キンテロ・アルテアガ  マトリックスパワータグ +0″
5 岡 篤志 EFエデュケーション・NIPPO デヴェロップメント +0″
6 今村駿介 チームブリヂストンサイクリング +0″

リザルト 総合成績

1 ネイサン・アール チーム右京 8:14’19”
2 ベンジャミン・ダイボール チーム右京 +0’08”
3 トマ・ルバ キナンレーシングチーム +1’37”
4 増田成幸 宇都宮ブリッツェン +2’42”
5 小林 海 マトリックスパワータグ +3’12”
6 フランシスコ・マンセボ・ペレス マトリックスパワータグ +3’21”

各賞ジャージ

グリーンジャージ(個人総合):ネイサン・アール チーム右京
ブルージャージ(ポイント賞):レオネル・キンテロ・アルテアガ マトリックスパワータグ
レッドジャージ(山岳賞):小林 海 マトリックスパワータグ
ホワイトジャージ(新人賞):宮崎泰史 宇都宮ブリッツェン

問:TOJ公式サイト
https://www.toj.co.jp

 

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load