BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

わたらせサイクルパークでの初レース! 女性やジュニアも楽しめる豊富なカテゴリーが魅力

6月11日(土)、栃木県栃木市の藤岡渡良瀬運動公園のわたらせサイクルパークで「第1回わたらせクリテリウム」が開催された。同レースは、女子リーグ「クイーン・リーグ(Qリーグ)」、中学生リーグ「ニュー・エイジ・リーグ(Nリーグ)」の対象レースとして行われ、Qリーグ(高校生以上女子)リーダーは岡本 彩那(ブラウブリッツェン)、Nリーグ・N(中学生男子)リーダーは宮嵜 博己(チーム BM レーシング)、Nリーグ・NW(中学生女子)リーダーは大矢 彩雲(ブラウブリッツェン U15)となった。以下、プレスリリースより。

ビギナーからベテランまで、幅広いレベルのライダーが参加

この大会は5月にオープンしたばかりの複合型自転車施設「わたらせサイクルパーク」での初開催レース。日頃から栃木県内において自転車普及やジュニア育成にも尽力する宇都宮ブリッツェンが管理・運営をおこなう同パークでの開催ということもあり、ジュニアのクラスを細かく設定したり、初レース参戦からベテラン勢までさまざまな参加ライダーをカバーできるようなカテゴリーが設定されていた。

キッズレースのスタート前 PHOTO:QN リーグ事務局

大会会場では、レーススタート前からパークに散歩でいらした方から「今日は自転車のレースがあるの?」「宇都宮ブリッツェンの誰か来るの?」と笑顔で声をかけられ、レース中も明らかに観戦だけで来ているサイクリストも多く楽しく盛り上がっていた。

さらにレース会場の隣では、地元のおいしいケータリング出店ブースも展開しており、レースの合間もゆっくり楽しめる構造。

何より梅雨時の最中にもかかわらず今大会のこけら落としを祝うように、スタートから最後の表彰式終了まで雨が降らなかったのは、栃木県の熱い自転車レースファンのせいかも知れないとうれしくなった。

さまざまな年齢に対応する細かなカテゴリー分け

さて今大会のレースのクラス分けは、特にジュニアを細かく設定している。せっかくなので、以下に分かりやすく書き出してみた。ちなみに1周は今回、1.1kmで設定されているが、このパーク内コースは大会によってコース取りを変更することで距離を調整することができるようだ。

  • エスポワール A(8周)定員30名・中学2〜3年生の男女
  • エスポワール B(8周)定員30名・小学6年生と中学1年生の男女
  • エスポワール C(4周)定員30名・小学4〜5年生の男女
  • キッズ(1周)定員30名・小学1〜3年生の男女

この年齢分けについてお節介な解説をつけるとすると、UCI の年齢区分「U17」「U15」に準じたクラス分けとなっている。ただUCIルールのままで照らし合わせてしまうと各年の1月1日から12月31日切りという分かりにくい区分なので、それを日本の学校学年で分けているのは良い工夫になっていると思う。一方で他のレースでは中学生、高校生と分けているケースが多いので、そのような大会との上手な差別化が見せられるかどうかが肝になると思う。

上記のようなクラス分けと併せて、ジュニアが単独レースとして開催されているというのが最大の注目ポイント。これはQNリーグ提携大会では率先して実施されているが、もっと他のレースでも広がってほしい動きである。

女子レースについても、以下のようなクラス分けで工夫。なお女子レースについても、女子全体のエントリー数が少なかったとはいえ、スポーツとビギナーの同時出走で単独レースとして開催された。

  • 女子スポーツ(8周)・高校生以上の女子
    ※エントリー条件はロードバイク歴3年以上の方か自転車レースイベントに3回以上参加経験のある方
  • 女子ビギナー(6周)・高校生以上の女子
    ※エントリー条件は自転車レースイベントへの参加が3回未満の方

ほか各レースは、集団走行のトレーニングとして1〜2周の練習走行後に一旦停止してから正式スタートとし、その練習走行ではゲストライダー達が伴走し集団走行のアドバイスを行うなど、初レース参戦からベテラン勢までさまざまな参加ライダーをカバーできるような工夫を凝らしていた。

そして、このようなジュニアや女子へも理解の高い宇都宮ブリッツェンとQNリーグは今年度から提携協力し、今大会からリーグ対象レース結果を基にポイントランキングに反映するシリーズ戦レースとすることに同意した。そのためリーグ登録選手たちは結果に基づくランキングを競い、ポイントリーダーはその証であるQリーグ「アメジストジャージ」、Nリーグ「バトルマリンジャージ」を手にすることができる。

岡本彩那がアメジストジャージを獲得

レースは朝9時のコース試走を経て、9時40分よりレーススケジュールがスタート。昼前に女子のスポーツとビギナーを同時出走としたレースがスタートした。高校生以上女子Qリーグは女子スポーツが対象レース。昨年まで中学生でNリーグ・中学生女子NWの年間ポイントリーダーとして活躍した岡本彩那(ブラウブリッツェン)が、今年より高校生となりQリーグに所属し最初のリーグシリーズ戦への参戦。更に、Team 一匹狼の山田菜月も初リーグ参戦。

女子ビギナーとスポーツのスタート前、手前よりリーグ登録の岡本、山田
PHOTO:QN リーグ事務局

そんなメンバーの一騎打ちとなったレースは、周回数違いの女子ビギナーのトップ選手と3人でローテーションし周回を重ねる。6周でゴールとなった女子ビギナー優勝選手が離脱した後も、お互いに譲らずそのまま最終周回へ。最後に思い切って飛び出した岡本が、後を追う山田を振り切りゴール!女子スポーツ優勝とともにQリーグポイントリーダーの証である「アメジストジャージ」に初めて袖を通すこととなった。

この女子レースの後におこなわれたキッズレース直後に午前開催レースの各クラス別表彰式となり、その女子レース表彰後のQリーグポイントリーダー授与式で岡本が表彰ステージに登壇。「高校生になって、またいろいろチャレンジしながら走りたい。実業団レースでも頑張りながらQリーグのポイントリーダーを守りたい 」とコメント。ゲストの宇都宮ブリッツェン⻄村選手からリーダージャージを着せてもらい、安堵の笑顔を見せていた。

ゴールスプリントを競り勝った岡本はゴール後にインタビュー PHOTO:QNリーグ事務局
念願のQリーグポイントリーダーの証「アメジストジャージ」へ袖を通す岡本 PHOTO:宇都宮ブリッツェン

水谷悠平がスプリントを制し優勝、バトルマリンジャージは宮嵜博己が獲得

午後からはエスポワールを中心にジュニアレースの各クラスがスタート。まずはエスポワール Cの小学4〜5年生の男女からスタート。その後に中学生男女のNリーグ対象となるエスポワールBの小学6年生と中学1年生の男女。こちらはリーグからのエントリーはなし。

エスポワールの各スタート前アドバイスにはブリッツェン☆ステラの鈴木真理コーチが登場

そしてエスポワールAの中学2〜3年生男女がスタート。こちらは男女一緒のレースとなるので、どうしても女子が男子トップでゴールする選手に追いつくのが難しいが、トップゴールまで周回をカウントし順位反映されるので、中学生男子のNと中学生女子NWの対象レースとした。さらに、Nリーグについては1年生の「エスポワールB」と2・3年生の「エスポワールA」2つに分かれるが、それぞれのレース完走者にリーグポイントを付与するシステムとしているので、ぜひとも中学1年生選手は今大会シリーズでポイントを稼ぐチャンスとしてエントリーを検討してほしい。

エスポワールA のスタート前 PHOTO:QNリーグ事務局

さて、エスポワールAの中学生2年と3年のレースは23名のエントリー。綺麗に正式スタートした後、何度も積極的なアタックが飛び出し、ちょうど昼過ぎで増えてきた観客が一気に盛り上がる展開! コーナーを利用して後続の選手の動きをチェックしたり、ライン取りもきれいで若々しい走りがさらに加速する。そんな中、大会ホストチームと言ってもよいと思われるブラウ・ブリッツェンの選手たちがキビキビと動きまわる。後半は先頭集団が4名にまで絞られてブラウ・ブリッツェンの柴田渓佑と工藤健太、MZTの水谷悠平、COW GUMMAの本田一貴のゴールスプリントへ。そのスプリントを制したのはシクロクロスでも活躍する水谷選手となった。僅差で2位となったブラウ柴田選手に続き、3位に入ったチームメイトの工藤選手がNリーグ登録内ではトップとなり28ポイントを獲得した。

ゴールはスプリントとなり水谷が僅差で勝利 PHOTO:QN リーグ事務局

そして工藤選手は前回のリーグシリーズ戦「春のしもふさクリテリウム」には出場していなかったため、Nリーグ中学生男子Nの最新ポイントリーダーには前回リーグ戦でリーグ内2位、今大会でリーグ内4位で32ポイントを獲得したチームBMレーシング宮嵜博己がバトルマリンジャージに初めて袖を通した。表彰式では少し緊張した面持ちではあったが「このジャージを着て気持ちが新たになった。今後のリーグ戦でも良い結果が取れるように、もっと練習する」と力強いコメントを残した。

リーグ協賛各社からの豪華副賞をゲストから受け取るN リーグポイントリーダー宮嵜 PHOTO:宇都宮ブリッツェン

なお、Nリーグの中学生女子NWポイントリーダーは、前回に続き大矢彩雲(ブラウブリッツェンU15)が防衛した。今レースではエスポワールAの中学生男子に混ざり唯一の女子参戦となったこともあり、ポイントリーダー授与式では「少しでも⻑い時間、男子選手たちについていって走りたかった。もっと練習してスピードをつけたい」と悔しそうな表情であったが、先を見据えていた。今後ポイントリーダージャージのチカラで、次回以降も男子に負けないチカラをレースで発揮することを期待している。

中学生男子に混ざりエスポワールA に出走した大矢 PHOTO:QNリーグ事務局
前回大会からバトルマリンジャージを守った大矢 PHOTO:宇都宮ブリッツェン

ゲストライダーがレースを盛り上げる

今回のゲストライダーは地元・宇都宮ブリツェン所属の⻄村大輝、そしてキナンレーシングチーム所属の中島康晴。朝から会場入りし、レース解説やニュートラル走行でのアドバイス、表彰式のプレゼンターなどお互いに協力し大会を盛り上げていた。

レースMCのブリッツェンラバーYUU⽒とともに、解説を務めた宇都宮ブリッツェン⻄村
レース副賞も豪華! PHOTO:QNリーグ事務局

QNリーグとしてはポイントリーダー授与式でもゲストライダーのお二方にプレゼンターを務めていただき、この場をお借りして御礼申し上げたい。ほかにも多くの宇都宮ブリッツェン所属ライダー達が会場に足を運び、大いに会場を沸かせた。なお、次回の7月30日(土)開催の第2 回大会には、小坂 光と小野寺 玲の両名がゲスト参加を予定している。こちらも今から楽しみだ。

Qリーグ、Nリーグの次戦は7月23日

次戦のQリーグ、Nリーグは、7月23日に千葉県・袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われる「そでがうらサマーサイクルロードフェスタ」。

Qリーグ・Nリーグ
レーススケジュールはこちら

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load