BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

シヴァコフが勝利、新城のチームメイトブイトラゴは8位、ヴエルタ・ア・ブルゴス|ユキヤ通信

新城幸也が(バーレーン・ヴィクトリアス)8月2日(火)から参戦しているスペイン・カスティーリャ・イ・レオン州ブルゴス県で行われる5日間のステージレース『Vuelta a Burgos ヴエルタ・ア・ブルゴス』。その最終日第5ステージでステージ3位となったパヴェル・シヴァコフ(イネオス・グレナディアーズ、フランス)が総合優勝を決めた。

第5ステージでブイトラゴが遅れステージ12位、総合8位に終わる

第5ステージは序盤、中盤、終盤に設定された3級山岳とフィニッシュまで残り11km地点から始まる超級山岳の山頂でフィニッシュを迎える170km。

最終日ということもあり、新城が所属するバーレーン・ヴィクトリアスをはじめとする逆転を狙うチームの激しい動きで序盤からハイスピードでレース進む中、106kmの3級山岳をきっかけに、集団は逃げを容認。

集団はリーダーチーム(イネオス・グレナディアーズ)のコントロールにより落ち着きを取り戻し、最後の山岳決戦に向け、総合争いに関わるエースクライマーを擁するチームもこのコントロールに加わった。

バーレーン・ヴィクトリアスはこの時点で総合2位につけていたサンティアゴ・ブイトラゴ(コロンビア)を温存させながらも、山岳に入る手前からジワジワと新城らがポジションを上げ、ブイトラゴを集団前方に引き上げ、最終決戦の山岳を迎えた。

フィニッシュまで残り4kmから再びクライマーたちの激しいアタック合戦が始まり、ブイトラゴは激しい揺さぶりについていけず脱落。トップから50秒遅れの12位でフィニッシュし総合8位と順位を下げてしまった。新城は総合88位で無事にレースを終えている。

新城幸也のコメント

チームのために力を尽くした新城 Photo:Sprint Cycling

『残念ながら、総合順位を落とす結果となってしまった。総合争いに関わるジノ(メイダー)が逃げに乗ったことで、逃げグループをメイン集団のリーダーチームが追いかける展開となり、序盤はハイペースで進んだ。チームとしてはジノが逃げに乗ってくれることで、リーダーチームにプレッシャーを与える目的だったのだが、失敗に終わり、残すチャンスは最後の上りフィニッシュ。サンティアゴは最後まで粘ったが、昨年のような逆転総合優勝とはならなかった。しかし、リーダージャージを2日間着用し、ステージ優勝2回はチームとして成功だったと思う。自分自身も集団牽引や、集団での位置取りと、コンディションよく走れたのでよかった』

大会公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load