BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

アンクリングが抑制できる、ヒルクライム&スプリント向けのクリート位置カスタマイズ

多くのサイクリストが抱えるヒザの痛みも、ペダリングパワーの効率的な伝達も、すべてはライダーとバイクの接点である足のフィッティングがカギを握る。
今回の記事では、サンメリット BIKE FIT スタジオの伏見真希門さんに、ヒルクライムやスプリントにおすすめのクリート位置のカスタマイズを教わった。

こんなペダリングになっていませんか!?

大きくカカトが落ちている

ヒルクライムの急勾配シーンで、カカトが大きく落ちたペダリングを繰り返している人が多い。ペダリングのたびにカカトの位置が浮き沈みすると、パワーロスになるだけでなく、ヒザ下の筋収縮を活発にし、疲れやすくなる。そのような場合は、ニュートラルなクリート位置からやや後方に下げた「深い」位置にセッティングしよう。

深めにするメリット

  • アンクリングを軽減できる
  • ペダリングのパワーロスを防げる
  • ふくらはぎやアキレス腱への負担を軽減できる
  • 身長が高めの場合、とくにヒルクライムに向く

クリート位置を深くすると、アンクリングが抑制できパワーアップが期待できる。しかし、クリートを深くした分だけサドル高を少し低くする必要がある。身長が高い人にとっては、ペダリング上死点時のヒザの位置はクリート位置を変更しても上半身との間に十分な空間があるため、高い位置からペダルが踏めるメリットがある。逆に身長が低いと、上半身との間隔の狭さが顕著になり、高い位置からペダルを踏むのが難しくなる。

浅めにするメリット

  • クランクの高い位置からパワーをかけられる
  • ケイデンスを高められる
  • スプリンター向き

ニュートラルな位置から、つま先寄りにやや浅めに調整すると、足関節の伸展角度を確保できるため、クランクの高い位置から素早く踏み込むことができるようになる。同時に、上死点の通過もスムーズになるため、ケイデンスを高めたい場合にも有効になる。海外のトップ選手でもスプリンターは浅めにセッティングすることが多い。

高い位置で踏み込める

スタックハイトでペダリングを変える

ペダル軸の中心とシューズのソール面(裏側)の距離であるスタックハイト。ペダル軸の中心に近いほうがわずかではあるが、アンクリングが抑制でき、ペダルにパワーが伝わる時間が長くなるメリットがある。シューズのアウトソールの厚みはモデルにより差がある。薄く強度があるカーボンソールシューズはよりダイレクト感を得られる。

リンタマン・アジャスト ロード
スピードプレイ

スタックハイトが低いスピードプレイ専用モデル。スピードプレイのクリートは4つ穴マウントで8.5mmとスタックハイトが低い。リンタマンのスピードプレイ専用モデルは、調整幅が広く、スタックハイトを小さくできる。

詳しくはBIKEFITサービスを展開するショップ一覧をチェック!

個人でのクリート調整をはじめとするアライメント調整が難しい場合は、全国のBIKEFITフィッターが在籍するショップに相談しよう。
BIKEFIT®公認バイクフィッター在籍ショップ

教えてくれた人

サンメリット BIKE FIT スタジオ
伏見真希門さん

カナダ留学中に海外のサイクリングシーンに触れるなかで、フィッティングについて興味を持ち、フィッティングの祖として知られるポール・スウィフトが提唱する「バイクフィット」を学ぶ。2010年頃から国内のフィッティングサービスの普及に尽力。現在、バイクフィットやスペシャライズドが提唱するリトゥールフィットを駆使してチームからパーソナルまで幅広くサービスを提供する。
https://bikefitting.jp

※この記事はBiCYCLE CLUB[2021年5月号 No.433]からの転載であり、記載の内容は誌面掲載時のままとなっております。

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load