BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

ジャパンカップクリテリウムエドワード・トゥーンスが2連覇! 別府史之引退セレモニーも開催

10月15日、栃木県宇都宮市の目抜き通り、宇都宮市大通りでクリテリウム開催され、エドワード・トゥーンス(トレック・セガフレード)が2019年以来の2連覇を果たした。レース前にはホープクリテリウム、ガールズケイリンスペシャルレースのほか、宇都宮佐藤栄一市長や弱虫ペダルの作者渡辺 航先生がロードバイクでパレードした。さらに昨年引退した別府史之の引退セレモニーが行われた。

本気を見せた3年ぶりのクリテリウム

この日のメインイベントジャパンカップクリテリウム。1周2.25kmを15周回33.75㎞で争われた。
序盤、アタックはかかるもののなかなか決まらず、ポイント賞をめぐる争いが注目に。まずはじめの4周目の周回ポイントは渡邉翔太郎(愛三工業レーシング)が獲得。2回目、8周目のスプリント賞はギヨーム・マルタン(コフィディス)を差したニールソン・ポーレス(
EFエデュケーション・イージーポスト)が獲得。3回目、12周目のポイント賞はヴィクトル・ポトチュキ(リャブリナ・グスト・サンティック)が獲得した。

途中、新城幸也はじめバーレーン・ヴィクトリアスなども見せ場をつくるが、レースは終始トレック・セガフレードがコントロールする集団で推移する。そして最終周回ではティム・ウェレンス(ロット・ソーダル)が仕掛けるが、このアタックもつかまり、勝負は集団スプリントへと持ち越された。

満を持してスプリントしたエドワード・トゥーンスが見事集団の頭を獲り優勝。2位はアクセル・ザングル(コフィディス)、3位は今回急遽参加となった岡 篤志(EFエデュケーション・イージーポスト)となった。

優勝 エドワード・トゥーンス(トレック・セガフレード)コメント

(左から)3位岡 篤志、優勝エドワード・トゥーンス、2位アクセル・ザングル

「こんなの多くのお客さんに集まってもらってうれしいです、地元フランダースの観客に負けないほどのお客さんたちで、まるでホームで走っているよう。今日はチームのために勝たないといけなかった。2連覇できてすごいハッピーです。明日のロードレースは上りなので、チッコーネやトールクのために走ります」

さらに「(引退する)別府史之にも『おめでとう』と言いたい。過去チームメートとしてたくさん助けてもらったんだ。心からお礼を言いたいよ」とコメントを追加した。

2位 アクセル・ザングル(コフィディス)コメント

「最後のコーナーを曲がってから少しミスし、アウトサイドにいてしまったね。チームはそれまで完璧だったよ」

3位 岡 篤志(EFエデュケーション・イージーポスト)コメント

「ありがとうございます。今回は日本にやってきたチームメンバーにはあまりスプリンターがおらず、自分で勝負してくれることに。このジャージを着ていなかったらこうはいかなかったと思います。関係者のみなさんに感謝したいです。自分も過去宇都宮を地元として走ってきたので、このジャパンカップで表彰台に乗れてうれしいです」

レース中、積極的に動いた新城幸也(バーレーン・ビクトリアス)コメント

「思わず体が動いちゃいましたね。今日は初めてこのジャージ(日本チャンピオンジャージ)を来て走れたんです。お客さんの盛り上がりにはチームもびっくりし、やる気マンマンでしたし、終わってからも『すごくよいレースだ』と言ってますよ」

別府史之引退セレモニー

2021年シーズンをもって引退した別府史之の引退セレモニーが開催された。佐藤栄一宇都宮市長から花束の贈呈があったほか、登壇した元チームメイトでトレック・セガフレードの監督ヤロスラフ・ポポビッチからねぎらいがあった。

別府史之コメント

「ありがとうございます。ほんとうは去年ジャパンカップで終えたかったんですけど、(それができず)そのときは冷静にしていました。しかしやはりこの日本で自転車選手をやめたかったというのがありました。今ここを走って本当にこの自転車競技が好きだったんだなと強く思いました。この場で選手をやめることができるというのは幸せなこと。ジャパンカップの主催者や関係者、そして今まで支えてくれたみなさんに感謝を込めて、お礼が言いたいです。ありがとうございました!」

ヤロスラフ・ポポビッチ(トレック・セガフレード監督)

「3年ぶりにJAPAN CUPへ帰ってきて、再びクリテリウムで勝てて最高だ。 (フミの引退に対して)フミにもそのときが来た。長年の元チームメイトとして、友人として、ここで挨拶できて良かった。 明日のロードレースはチッコーネやトールークなど、優勝を狙える選手たちがそろっているから楽しみにしていてね!」

引き続き10 月16日は宇都宮森林公園でジャパンカップロードレースが開催される。

大会公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x