BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

根本選手がアメジストジャージを奪還、バトルマリンジャージは宮嵜選手キープ|大磯クリテリウム

2022-2023で開催10周年を迎える「大磯クリテリウム」の第1戦が、10月16日(日)に神奈川県大磯プリンスホテル敷地内で開催された。QNリーグのシリーズ戦としては第9戦目となり、Qリーグでは根本選手が再びポイントリーダーの座とジャージを奪還、Nリーグでは宮嵜選手がバトルマリンジャージの防衛に成功した。以下、プレスリリースより。

秋晴れのなか行われた人気の大磯クリテリウム

今大会は株式会社ウォークライドの主催で、特設コースは約1kmの周回コース。参加者目線のクラス設定や運営のよさで常連も多く、今では地元に密着した定番レースの1つとなっている。弊リーグはリーグ初年度から大会提携をしている。

今シーズンはこの第1戦から、11月20日、12月18日、翌年1月22日、2月19日、3月19日の全6戦の開催が予定され、リーグは今戦と来月の第2戦11月20日、そして年明けの第5戦2月19日をシリーズ戦に組み込んでいる。対象クラスはQリーグが「女子スポーツ」、Nリーグ中学生男子Nは「中学生男子」、そしてNリーグ中学生女子NWは新設クラス「女子age10-15」に設定した。

photo:gg_kasai

大会当日は朝から予想されていた雨の心配もなく、非常に穏やかなコンディションのなか、それぞれの対象レースでリーグポイント獲得のため熱いレース展開が繰り広げられた。

まずは11時05分からNリーグ中学生女子NWの対象レースとなっている新設クラス「女子age10-15」と、「小学生チャンピオン」(マトリックスのサイクルロードレース協会東日本とウォークライドが小学生選手の強化と普及を狙いタッグを組み運営)がスタートした。ここにリーグ登録選手のエントリーはなく、そのうえ1名しかエントリーがない残念な状況であった。そもそも女子の10歳から15歳まで(小学5年ぐらいから中学生)が男子と一緒のクラスだと、女子が男子のスピードにかなわない状況が多かったためにセパレートし、新しく設けたクラスであった。だが、初設定で運用されたレースだったためなじみが薄かったようだ。ただ、受け入れる「箱」が設定されたことさえ広まれば、女子キッズ選手たちの参戦しやすさにつながるので、次回は皆さまにもぜひチャレンジしていただければ幸いである。

photo:gg_kasai

この後が、Nリーグ中学生男子Nの対象レースとなる「中学生男子」。今回は24名のエントリーでNリーグからは現在のポイントリーダーであるチームBMレーシングの宮嵜博己をはじめ、そのリーダーの座を僅差のポイント差で狙う面々がスタートラインに出そろった。

序盤から積極的な動きのラバネロ住田(写真左)を追いかけるNリーグポイントリーダー宮嵜(写真中央・バトルマリンジャージ)たちはペースを上げていく photo:gg_kasai

11時18分にローリングを含めて8周回のレースがオンタイムでスタート。ローリングが解除された直後から、まず飛び出したのは住田悠人(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)。その後を集団が一気に追いかけていき、2周回目にはリーグポイントランキング2位でリーダーを狙う工藤健太(ブラウ・ブリッツェン U15)が住田に追いつき2人で逃げるが、しばらくして集団は1つに。

リーダー奪還を⻁視眈々と狙うブラウ・ブリッツェン工藤(写真中央・⻘ジャージ) photo:gg_kasai

その後も集団は1つではあるがペースが落ちず展開が速いまま周回を重ね、その周回ごとに先頭が代わる状態。ゴール後に宮嵜選手は、「最初に住田選手や鳥海泰世選手(LINKVISION GIRASOLE CYCLING)、工藤選手と(自分の)4人で逃げる予定にしていたが、展開が速くて違う動きになってしまった。しかし、住田選手が最初に逃げてくれたので最後のスプリント勝負に上手く持ち込めたと思う」とコメントしてくれた。

宮崎(写真左から2人目)はゴールスプリントで集団前方、4位で入着しリーダー防衛に成功 photo:gg_kasai

残り1周回を迎え、そのタイミングで再び住田が集団から抜け出し先行ゴール。その後は集団ゴールスプリントとなり、4位に入った宮嵜がNリーグではトップとなり、見事ポイントリーダーとともにバトルマリンジャージの防衛に成功した。ポイントリーダー授与式では「次回のリーグシリーズ戦出場のときは勝ってリーダーを守りたい」と力強いコメントをくれた。

ちなみにNリーグのポイントリーダー争いはさらに熾烈になり、今レース6位の宇田川瀬那(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)が計113ポイントとなりランキング2位に浮上。しかし3位となったブラウ・ブリッツェン工藤が108ポイント、続く稲葉恵人は96ポイントと、リーグシリーズ4戦が残るなか、まだまだリーダーの座の行方は油断ならない状況となっている。

女子スポーツのスタート直前。写真左より筒井、根本、小林の各出場選手たち photo:gg_kasai

午後からは高校生以上女子のQリーグ対象レースの「女子スポーツ」。こちらはローリングを含めて15周回のレースが3名の出走でスタート。このなかにはリーグ初年度にNリーグ中学生女子で活躍し、翌年の「中学生女子NW」のポイントリーダー制度スタートのキッカケとなった筒井 楓(TEAM SPORTSKID ZYYX)も出場している。

終始、積極的な走りを見せていた筒井は、トライアスロンでも活躍する若手要注目選手の1人 photo:gg_kasai

筒井選手がスタート直後から先頭をキープし、その後ろを小野響子(team ZERO)と根本香織(Team 一匹狼)が追いかけた。ゴール後に根本が、「筒井選手がスタート前から、レースでは引く!と宣言していたとおり引き続けました。小林選手と私でローテーションしながら周回を重ねる状態で、途中で筒井選手が逃げたけどスグに戻って、結局ゴールはスプリントで最後の立ち上がりから筒井選手が飛び出してゴール、その後に小林選手、そして私へ」とコメント。優勝は筒井。2位は小林で3位に根本。

photo:gg_kasai

根本からは「この後は、Qリーグのポイントランキング争いをしている岡本彩那(ブラウ・ブリッツェン)や山田菜月(Team 一匹狼)など、リーグ登録している女子選手たちとレースで直接対決し、リーダーの座を競い合いたい」とベテランらしい心遣いのコメントもあった。

大会主催のウォークライド代表・山根氏から副賞を受け取る Nリーグポイントリーダー宮嵜。ホビーレースを通じた自転車普及を願う情熱が、大磯クリテリウム10年目に続いている photo: k.kazuma

スケジュールの最後にはエリートレースの迫力あるレースが展開されたが、それまでの各クラスもキッズやジュニア、そして女子、さらにはビギナーならではの熱い戦いが展開され、大磯ファンは会場の温かい雰囲気を心から楽しんでいたようだ。その大会運営やきめ細かいクラス設定などは、1980年代に発足したJCRC(社団法人日本サイクルレーシング協会)が手本の1つになったと推測される。

大人はもちろん、次世代を担うキッズやジュニア、そして女子の笑顔を支えるため、楽しく真剣に戦える場の確保と継続が今後の課題となるだろう photo: k.kazuma

そんなJCRCを設立した、なるしまフレンドの会⻑でもある鳴嶋英雄氏が先日ご逝去された。1980年にスポーツ競技としての自転車普及を掲げて発足したJCRCは、この大磯クリテリウムなどを運営するウォークライドや、マトリックスのサイクルロードレース協会東日本など、多くのホビーレース運営団体も手本や参考にしていると思われる。私どものリーグも、そんな精神を受け継ぐホビーレースの輪を広げる一助になりたいと活動をおこなっている。日本の自転車競技の強化には、何よりも普及なのだと改めて心に刻んだ、そんな大会の一日となった。

Qリーグポイントリーダーの座を奪還した根本。アメジストジャージ授与式で笑顔があふれる photo: k.kazuma
Nリーグのポイントリーダーの座を守り抜き、少し緊張した面持ちでバトルマリンジャージを重ねて着用する宮嵜 photo:gg_kasai

今後の QN リーグのシリーズ戦スケジュール

第10戦・2022年10月22日(土):ツール・ド・はなわ 2022(ツール・ド・ふくしま主催)
第11戦・2022年11月20日(日):大磯クリテリウム 2022-23 #2(ウォークライド主催)
第12戦・2023年2月19日(日):大磯クリテリウム 2022-23 #5(ウォークライド主催)
シリーズ最終戦・2023年3月:しもふさクリテリウム(チャレンジリーグ主催)

Qリーグ・Nリーグ公式サイト
http://www.jbrain.or.jp/q-n-league

JCRC legacy サーキットロード in 日本 CSC・2022を開催

ウォークライドでは、11月6日(日)に静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンターでJCRCのレガシーを将来へつなぐ大会「JCRC legacy サーキットロード in 日本 CSC・2022」を開催します。サーキット走行講習で、ホビーレースをより面白く!  数々の名勝負を生み出す自転車の聖地「日本サイクルスポーツセンター」でのロードレースとなっております。詳細は下記のリンクからご覧ください。エントリー締め切りは10月30日(日)まで。皆さまの御参加をお待ちしております!

詳細はこちら

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x