BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

中林凌大が最終戦で優勝! 逆転で2年連続のシリーズタイトルを獲得|2022JBMXF大東建託シリーズ

全6戦で争われた2022JBMXF大東建託シリーズの最終戦が茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園BMXコースで行われた。優勝はもちろんのこと、シリーズタイトル争いも決定する大会とあって各カテゴリーで熱戦が展開され、最高峰のチャンピオンシップカテゴリーでは中林凌大と丹野夏波が優勝、国営ひたち海浜公園杯も獲得した。以下、プレスリリースよりレースレポートをお届けする。

中林凌大がチャンピオンシップ男子で優勝、シリーズタイトルも獲得

スタートからトップをキープし今季2勝目で2年連続のタイトルを獲得した中林凌大(#201)

2022年のシリーズランキングは前戦の第5戦大阪大会終了時で未勝利ながら好成績を着実に積み重ねた庄司佳真が422ポイントでリード。第2戦で優勝した中林凌大が40ポイント差のランキング2位につけ逆転での2年連続のタイトル獲得を狙う状況だ。本大会には13名のライダーがエントリーし、庄司と中林、さらに第4戦優勝の木内彪凱や第3戦優勝の山口大地らが順当に決勝に進出した。

迎えた決勝は、スタートで中林が木内とのトップ争いを制してリードする展開に。木内も各コーナーで前に出るチャンスを伺うものの、最終ストレートまで中林がリードを守り切りトップでフィニッシュした。2位には木内、3位に橋本颯馬と続いた。庄司が8位でフィニッシュしたため、中林が逆転で2年連続のシリーズタイトルも獲得した。

チャンピオンシップ男子 リザルト

優勝 中林凌大(日本体育大学)
2位 木内彪凱(モトクロスインターナショナル)
3位 橋本颯馬(日本体育大学)

優勝した中林凌大のコメント

先週の全日本選手権ではアンダー23 で6位と悔しさの残るなかで、絶対に勝ちたいとの思いを強くして臨んだ大会だった。1コーナーまでに木内君と並んだが、絶対に譲らずに攻めていった。その結果優勝できてほっとしているし、とてもうれしい。

チャンピオンシップ男子年間ランキング

1位:中林凌大
2位:庄司佳真
3位:木内彪凱
4位:吉井康平
5位:橋本颯馬
6位:山口大地
7位:増田優一(欠席)
8位:松下 巽

圧倒的な強さを見せた丹野夏波がチャンピオンシップ女子優勝

丹野夏波(#W4)が強さを発揮して最終戦を制した

前週の全日本選手権でタイトルを獲得した丹野夏波(エリート)と野村凪沙(U23)ら4人のライダーによって争われた女子チャンピオンシップ。3ヒート合計のレースフォーマットで丹野が圧倒的な強さを見せすべてトップでフィニッシュし、JBMXF大東建託シリーズ今期初優勝を果たした。2位には⻄村寧々花、3位に野村凪沙が入った。シリーズタイトルは第4戦の秩父大会で優勝した野村凪沙が獲得した。

チャンピオンシップ女子 リザルト

優勝 丹野夏波(早稲田大学)
2位 ⻄村寧々花(GANTRIGGER)
3位 野村凪沙(Ace Race Australia Factory Team)

チャンピオンシップ女子年間ランキング

1位:野村凪沙
2位:⻄村寧々花
3位:酒井亜樹(欠席)

大東建託公式キャラクター「だいとくん」が来場

開会式と表彰式には全日本BMX連盟オフィシャルパートナーの大東建託から公式キャラクター「だいとくん」が登場し、大会を盛り上げた。

開会式で参加者にエールを送る「だいとくん」と大東建託取締役の舘 正文氏

チャレンジカテゴリーの年間表彰を実施

年齢別のチャレンジカテゴリーについても男女の20インチとクルーザーで年間表彰が実施され、トロフィーとナンバー1プレートが贈られた。これは年齢別の枠を超えてJBMXF大東建託シリーズとJ2シリーズのポイント合計により決定するものだ。男子は20インチがボーイズ9-10歳の古田歩己、クルーザーは男子40歳オーバーの北川大介が獲得。女子は澤田茉奈が20インチ(ガールズ11-12歳)、クルーザー(ガールズ16歳アンダー)ともにタイトルを獲得した。

チャレンジカテゴリー年間表彰。左より古家正和(プレゼンター/全日本BMX連盟副理事⻑)、北川大介、澤田茉奈、古田歩己、加納功一(プレゼンター/大東建託施工管理部課⻑)
男子20インチチャンピオン古田歩己(ボーイズ9-10歳)
男子クルーザーチャンピオン北川大介(クルーザー男子40歳オーバー)
女子20インチ/クルーザーチャンピオン澤田茉奈(ガールズ11-12歳、クルーザーガールズ16歳アンダー)

大会情報

2022 JBMXF 大東建託シリーズ第6戦
東日本3戦 茨城大会 兼 国営ひたち海浜公園杯争奪戦

主催:一般社団法人 全日本BMX連盟 主管:茨城県BMX協会
公認:公益財団法人日本自転車競技連盟
開催場所:国営ひたち海浜公園 BMX コース(茨城県ひたちなか市)
開催期日:2022年11月5日(土)〜11月6日(日)
協力:茨城県自転車競技連盟
後援:茨城県、茨城県教育委員会、茨城県スポーツ協会、ひたちなか市、ひたちなか市教育委員会、ひたちなか市スポーツ協会

JBMXF 大東建託シリーズ

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x