BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

中村輪夢と佐々木 元がBMXフリースタイルで初優勝|UCIアーバンサイクリング世界選手権

アブダビ(アラブ首⻑国連邦)で開催された「2022UCIアーバンサイクリング世界選手権」。11月11日のBMXフリースタイル・フラットランドでは、佐々木 元が悲願の初優勝を飾った。また翌日に行われたBMXフリースタイル・パーク男子では、中村輪夢が初優勝。BMXフリースタイル2種目で同時初優勝という歴史的快挙を成し遂げた。以下、プレスリリースより。

BMXフラットランド 佐々木 元が悲願の世界選手権初優勝!

©whynit.picture

11月11日(金)にBMXフラットランド男女決勝が行われました。
2022年5月ワールドカップ(モンペリエ)でも表彰台を独占し世界を驚かせたばかりのBMXフラットランド日本男子。その際3位であったベテラン佐々木 元は、世界選手権も表彰台常連でありながら、2019年3位、2021年2位と、もう一歩のところで優勝を逃してきました。今大会は公式練習から「得意な路面」と手応えを感じていた佐々木は、予選・準決勝共に繊細な高難度トリックで観客を魅了し1位通過。決勝でも勢いそのままに、悲願の世界選手権優勝を果たしました。

佐々木元 コメント

今、生まれてきて一番幸せです。プレッシャーも大きかったけれど、観衆・ライダー仲間からの応援が非常に力になりました。今までやってきた繊細な技が評価されたこと、メイク率を重視した構成が勝因と感じています。自分が勝ったことで、今一緒にいる日本代表チームや日本のみんなが盛り上がってくれたらうれしいです。

伊藤・早川と世界選手権表彰台独占の快挙。女子中川も3位入賞

また世界選手権初出場の2名も大活躍。伊藤真人は会場を大きく使う得意のスタイルで観衆の心を掴み、ダイナミックな技をフルメイクして堂々2位。早川起生は予選から少しミスが出て順位を伸ばしきれず苦戦するも、決勝では攻めのライディングで得意の高難度スピン系トリックを決めて得点を伸ばし見事3位に。結果、世界選手権の表彰台を日本代表が独占するという偉業を達成しました。
女子代表の中川きららは、初の海外派遣を感じさせない好調を見せ予選を1位通過するも、決勝では力を出しきれず優勝を逃しました。それでも3位と健闘し、男女4名で4つのメダルを獲得しました。

伊藤真人 コメント

テーマパークのパフォーマーとして2015年から2年間アブダビに住んでいたこともあり、この世界選手権に出られて本当にうれしかったですし、多くの人にここを目指したいと思ってほしいと感じています。BMXは大会だけが全てではないですが「BMXが好きで乗り続けていたら世界選手権で勝てるようになった」という僕のような人を育てるべく、育成にも力を入れ日本のシーンに貢献していきたいです。

©whynit.picture

早川起生 コメント

日本代表として参戦できたことをとてもうれしく感じています。自分の求めるライディングができなかったことは悔しく、結果には納得していません。まだまだ多くの人に自分のライディングで驚いてほしいし、自分をきっかけにBMXフラットランドを知ってほしいので、この結果をバネにまた頑張ります。

©whynit.picture

中川きらら コメント

BMXを始めた小6のときに夢だった「BMXで世界一」をかなえる舞台に立てたことはとてもうれしかったです。決めたかった技が決めきれず、3位という結果は悔しいです。みんなに憧れられるライダーになることを目指して、今後はライディングと共にメンタルも鍛えていきたいです。

©UCI

BMXパーク中村輪夢、世界選手権初優勝!

©UCI

大会最終日の11月13日(日)、BMXフリースタイル・パーク男女決勝が行われました。今大会から2024年パリ五輪の予選を兼ねており、気の引き締まる一戦。日本代表選手団は、胸にJOC「TEAM JAPAN」のチームエンブレムをあしらった新ユニフォームで挑みました。

最初に行われた女子決勝は、14カ国25名の出場者の中から予選を勝ち抜いた12名で行われました。予選9位通過の大池水杜は、第1グループ・4番目に出走。1本目から「360 X-up」や「バックフリップ」を決めるもラスト3秒で転倒。しかしすぐに気持ちを入れ直し、2本目ではラスト3秒の「テールウィップ」までしっかりメイク。75.40ptで納得の8位となりました。

今大会最終種目である男子パークは26カ国60名が出場し、予選・準決勝を勝ち抜いた12名で決勝が行われました。予選1位通過、準決勝8位通過で決勝へ駒を進めた中村輪夢は、1本目から完璧なランを披露。「720バースピン to ノーハンド」「バックフリップ ダブルバースピン to ルックダウン」など繊細なオリジナルコンボトリックで93.80ptを叩き出しました。2本目のランは中断しましたが、1本目の高得点が最後まで他の追随を許さず、2位と2.30ptの差をつけ大会初優勝を決めました。

中村輪夢 コメント

まだ実感が湧かないですが、自分のやりたいことに集中し、出し切って優勝できたことがうれしいです。この大会に向け練習してきた「人とかぶらない技」のチョイスがハマったこと、それをしっかり決めたことが勝因と感じます。五輪のことはなるべく考えないようにしていましたが、それでもプレッシャーは感じていたので、まずは勝ててほっとしています。

大池水杜 コメント

やっと海外の大会で練習の成果が出せました。この大会に向けイメージしてきたことを8割出せたことをうれしく思います。今回は戦略的にポイントを上げる構成に力を入れており、今後につながる大会になったと思います。次は1本目から自分らしく乗って、2本目でもっと攻める戦い方をしたいです。

JCF公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x