BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

サステナブルでコンフォートなサドル「Vaia(ヴァイア)」が登場|Selle Royal

Selle Royal(セラロイヤル)から新製品が登場。サスティナブルでコンフォートなサドル2種類と、大容量かつショルダーストラップ付の大型サドルバッグが入荷した。以下、プレスリリースより。

スタイルに合わせて2つの幅が選べる「Vaia(ヴァイア)」

Vaia(ヴァイア)は、クールなアウトドアルックを持ち、人間工学に基づいたカットアウトデザインによって会陰部に生じる圧力を緩和します。ロードやトレイルでのレジャーライドに適したRoyalgelパッドは、距離に関係無くあなたの旅を快適なものにします。

先端から後方まで伸びる溝を備え、特に圧迫が気になるデリケートゾーンにはカットアウトを設けることで、痛みや違和感を防ぐ構造。衝撃吸収性に優れるRoyalgelパッドを採用することで、エッジ部分を含め接触面に優しくフィットし、優れた快適性を発揮します。

Vaiaには、ライディングスタイルによりお選びいただけるよう、幅が違う「Athletic(アスレチック)」「Moderate(モデレート)」の2サイズが用意されています。

Vaia(ヴァイア)

価格:9,400円(税込)
ライディングポジション:アスレチック(45°) / モデレート(60°)
サイズ:271x151mm(アスレチック) / 270x167mm(モデレート)
専用マルチツール付属
ICS(Integrated Clip System)対応

左/Vaia Athletic 右/Vaia Moderate

マルチツールが付属

Vaiaサドルの後部にはポケットツールを収納するストレージが備わっており、中にはマルチツールが付属しています。9種類のツールを内蔵しておりアドベンチャーライドでも安心です。

環境に配慮した素材選び

Selle Royal社では廃棄処分される電化製品などから、高品質で革新的なリサイクルプラスチック素材を開発し、100%リサイクル素材でサドルベースを作ることに成功しました。

50%バイオマテリアルを使用した新しいカバーは、これまでの素材と同レベルの快適性能を有しており、内部のロイヤルゲルが見えるユニークなデザイン。日常の足から通勤・通学、アクティビティを楽しむバイクにも使える設計のサドルに、サステナブルな観点がプラスされました。

Lookin EVO(ルックイン エボ)

価格:9,900円(税込)
ライディングポジション:アスレチック(45°) / モデレート(60°)
サイズ:261x158mm(アスレチック) / 271x186mm(モデレート)
ICS(Integrated Clip System)対応

左/Vaia EVO Athletic  右/Vaia EVO Moderate

ICS対応サドルバッグにEXラージサイズを追加

Selle Royal社のサドルに採用されているICS(Integrated Clip System)は、サドルの後部にサドルバッグやバックライトなどのアクセサリーを簡単に取り付けできる便利なシステムです。
これまで3サイズのICS用サドルバッグが用意されていましたが、今回新たに登場した7LのEXサイズは流行のバイクパッキングに対応する大容量サイズです。

Saddle Bag Extra Large(サドルバッグ・エクストララージ)

価格:8,500円(税込)
容量:7L
サイズ:L618xH175xW236mm
重量:300g
ICS(Integrated Clip System)専用
※Selle Royalサドルでのみ使用可能。fi’zi:kサドルはベース強度の違いにより使用不可。

カワシマサイクルサプライ HP

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load