BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

アレハンドロ・バルベルデが現役引退を撤回!? スペイン版エイプリルフールで大慌て

12月28日、スペインの老舗自転車雑誌「Ciclismo a Fondo(シクリスモ・ア・フォンド)」が同雑誌の公式WEBサイトで、「アレハンドロ・バルベルデが2022年での現役引退を撤回、2024年のパリ・オリンピック出場を目指す」という記事を掲載した

同記事によると、「多くの人が望んでいたとおり、アレハンドロ・バルベルデは現役引退を撤回し、今後2年は現役選手として活動することになった」とし、「2024年のパリオリンピックでの金メダルがバルベルデの目標である」とも報道。同時に、来年はジロ・ツール・ブエルタの3大グランツール全てに出走予定だとも伝えている。

記事はこちら

この記事の真相について、スペイン在住の對馬由佳理がレポートする。

12月28日のスペインはEl Día de Inocente=スペイン版エイプリルフール

大ニュースが流れたものの、この日12月28日はスペイン国内で「エル・ディア・デ・ロス・サントス・イノセンテス(El Día de los Santos Inocentes)」と呼ばれている日であり、日本のエイプリル・フールと同様、ちょっとした嘘をついても良い日とされている。つまり、この「バルベルデ引退撤回」のスクープは、Ciclismo a Fondoが仕掛けたジョーク記事だった、というのが真相である。

12月28日にジョーク記事やジョークSNSを発表した自転車関係者は、Ciclismo a Fondoだけではない。スペインのチームの一つであるカハルラル・セグロス RGAも、ツイッターで「来年F1チームを結成し、カハルラル・セグロスRGAの現在の監督2人がパイロットになる」と発表している。

そういえば2020年にも……
スペインのプロ選手がサイクリングeスポーツへの転向⁉ その真相は?

スペインのプロ選手がサイクリングeスポーツへの転向⁉ その真相は?

2021年01月03日

ちなみに、2020年の12月28日にもCiclismo a Fondoは、「モビスター所属のセルヒオ・サミティエル選手がeスポーツに転向を表明した」というジョーク記事を発表している。

このときサミティエル選手のもとには、この記事の真偽を確認したい友人・知人から多くの連絡があったという。はたして、今回の記事にはどのような反応が見られるだろうか。ということで、12月28日のスペインのニュースはジョーク記事が混ざっているので、だまされないようにしないと。

著者紹介
對馬由佳理
スペイン在住。当地で10年以上ファンとして自転車レースを追いかけた後、ジャーナリストへ転向。スペインで開催される男子のレースはもちろん、女子のレースやパラサイクリングも取材経験あり。
Twitter: @TsushimaYukari
Instagram:yukaritsushima1

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x