BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

Qリーグは岡本、Nリーグは稲葉と⻄山が年間チャンピオンに|しもふさクリテリウム

3月5日(日)、千葉県成田市・下総運動公園で「しもふさクリテリウム MATRIX ヒヤリハンター杯 3月」が開催された。同大会は昨年4月からスタートしたQNリーグの最終戦。Qリーグ(高校生以上女子)ではこの日優勝を飾った岡本彩那(ブラウ・ブリッツェン)が、Nリーグ・N(中学生男子)は稲葉恵人(TEAM BFY Racing)が、Nリーグ・NW(中学生女子)では⻄山千智(High Ambition 女子サイクリングアカデミー)がそれぞれシリーズチャンピオンに輝いた。以下、プレスリリースより。

QNシリーズもついに最終戦、それぞれのチャンピオンが決定

今大会はサイクルロードレース協会東日本(MATRIX)主催で下総運動公園内にある1周回・約1.5kmの常設サイクリングコースでおこなわれ、トップクラスはもちろん、ジュニアやキッズにも人気の高い「しもふさクリテ」初の3月開催。リーグ対象レースはQリーグとNリーグで、中学生女子NWはレディース、Nリーグ中学生男子Nは中学生で走りリーグポイントを競う。それぞれ最終戦に相応しい熱い展開で会場は盛り上がった。

天候は曇り時々晴れ。雨の心配はないが風は冷たいなか、大会ホストチームでJプロツアーを中心に活躍するMATRIX POWERTAGの所属選手達が朝のサイクルクリニック指導や、レース参戦ライダーをエスコートしながら大会を盛り上げていく。

全てのレーススケジュールを前におこなう朝のサイクルクリニック photo:QN リーグ事務局

朝の120分エンデューロが終了した後、10時40分にスタートとなったのがNリーグ中学生男子Nの対象レースとなる「中学生」クラス。今回は41名のライダーがエントリーし、6周回・9kmで競われる。

短いレース時間になることで、スタートから集団の速度は上がり1周目からアタックがかかる。前半にはNリーグの安藤友識(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)が積極的に動き、そのためメイン集団から早々と脱落選手が出る状況に。

定刻スタートした中学生レースは40名を超えるエントリー(左写真) photo:Yosuke SUGA
バトルマリンジャージのチームメイトをチェックする安藤(ラバネロ・右写真) photo:QN リーグ事務局

難しい展開のなか、当時ランキング2位の稲葉恵人(TEAM BFY Racing)と4位の宮嵜博己(チームBMレーシング)が中盤にいったん1つになった集団から飛び出す。さらにもう1回まとまった集団から残り2周目に入る直前、単独で飛び出したのが「このとき、集団がうまく回っていなかったので、ここで抜け出せれば!と思いアタックしました」とゴール後にコメントした稲葉。

チャンスを正確に見定めた稲葉、鋭いアタックからの単独逃げに成功(左写真) photo:Yosuke SUGA
「集団にいた(チームメイトの井上)湧心が普段から練習でも支えてくれたので心強かったです」と語る稲葉(右写真の右)と井上(同左)は互いの健闘を称えあっていた photo:QN リーグ事務局

そのまま後続メイン集団とのタイム差を周回ごとに広げ、単独逃げを決めてレース優勝とともに「ホントに欲しかった!」と願っていたNリーグポイントリーダーの証であるバトルマリンジャージを獲得。
同時に2位とわずか4ポイント差でNリーグ中学生男子N・年間総合リーダーの座に輝く大金星をあげた。

「今でも信じられない、ようやくリーダーが取れました!」とゴール後も感慨しきりだった稲葉のゴールシーン photo:Yosuke SUGA

その後のメイン集団はスプリントでゴール。久しぶりのシリーズ戦参加となった宮嵜が「集団で動きがあったときにブリッジをかけたりはしたんですが(決定的となった)稲葉選手の動きに反応できなかった。ちょっと難しい展開でした」という状況なかで粘り、集団の頭を取りレース2位、最終戦でのボーナス5ポイントも加えてランキング3位に浮上することができた。

最後は7名にまで絞られたゴールスプリントで頭を取った宮嵜(左写真) photo:Yosuke SUGA
年間総合ポイントリーダー授与式にランキングTOP3がそろった。右よりランキング3位・宮嵜、総合リーダー稲葉。2位の宇田川は式でバトルマリンジャージをまだ着ていたため慌てて上着を着用。それほど最終戦ゴールまで守りたかったリーダージャージだったのだろう  photo:QN リーグ事務局

一方、目の前で「まさか逃げ切られると思っていなかったので、とても悔しいです」とわずか4ポイント差で年間総合リーダーの座を逃した宇田川瀬那(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)。
しかしメイン集団に残ったうえにレース5位となり、ランキング2位に留まり年間ランキングのTOP3を維持することはできた。

ポイントリーダー授与式のプレゼンターを務めた MATRIX POWERTAG 小林 海選手(一番左)が年間総合ランキングTOP3の選手たちを温かく見守  photo:Yosuke SUGA

年間総合ポイントリーダー授与式では、年間総合ポイントランキングの上位3名がそろい特別賞を贈呈。

来年は高校生となる宮嵜と宇田川は、中学校ともにNリーグも卒業となる。宇田川は「高校生になっても自転車レースで引き続き頑張ります」、宮嵜は「まずは全日本選手権ロードレース出場を目指します」とコメント。そして来シーズンは中学3年生としてNリーグを続投する稲葉は「来シーズンは、もっと強い選手がリーグに参戦してくると思うので、負けないように頑張ります!」と力強いコメントをくれた。

この後、キッズの年齢別レースを挟んで12時6分にスタートしたのはQリーグ、そしてNリーグ中学生女子NWの対象レース「レディース」クラス。エントリー15名で5周回・7.5kmで争われたレースは、最初は選手たちが張り合い、集団の動きが行き詰まった状態。

お互いをチェックできる人数でのレースは行き詰まった状態でスタート(左写真) photo:Yosuke SUGA
まだレース経験が浅いNリーグ⻄山だが、思い切った走りを見せた(右写真・中央) photo:Yosuke SUGA

そんな状態から2周目に飛び出したのはNリーグの⻄山千智(High Ambition 女子サイクリングアカデミー)。「レースに参加できたらいいなあ、と思い切って動いてみました」という彼女は、しばらくしてメイン集団に戻ったがチームに入り動きも覚え始めている様子なので、今後もリーグ対象レース参戦を通してさまざまな経験を積んでほしい。
1つにまとまった集団から、筒井 楓(SPORTSKID ZYYX)がアタックを仕掛けたり、古谷桜子(内房レーシングチーム)が積極的に集団の前に出るが、そのなかで落ち着いて様子をうかがっていたのが岡本彩那(ブラウ・ブリッツェン)。「古谷さんと筒井さんが動いていて、ちょっと辛かったけど思い切って最終周回でアタックしたらうまくいきました」とゴールスプリントを決めてガッツポーズの岡本はレースを振り返りコメント。「いつも最後のアタックでタイミングが遅すぎる傾向があるので、落ち着いて少し早めに(アタックを)かけたらうまくいけました」とホッとした表情で、前戦の大磯クリテリウムで誓っていた「レース優勝を決めて年間リーダーを守り切りたい」の願いをかなえ、笑顔を見せていた。

積極的な走りで集団を動かしていた古谷(左写真・一番左)と筒井(同左より 2 人目)  photo:Yosuke SUGA
落ち着いてスプリントを開始し、有言実行を果たした岡本(右写真・中央) photo:Yosuke SUGA

QリーグとNリーグ中学生女子NWの授与式では、10月から守り続けていたQリーグポイントリーダーの証・アメジストジャージ姿を堂々と披露する岡本の横で、初のバトルマリンジャージを緊張した面持ちで大会ゲストのMATRIX 小林 海選手から受け取る⻄山。ブラウ・ブリッツェンで幼いころからチーム練習を重ねレース経験も豊富な岡本は、来シーズンは高校2年生。「いろんなレースで1位を取りたいです!」と意気込みをみせてくれた。

MATRIX 小林 海から初めてのNリーグリーダージャージを受け取り緊張する⻄山(中央)を優しく見守る Qリーグ女王に輝いた岡本(左) photo:Yosuke SUGA

来シーズン中学3年生となる⻄山は、Nリーグ続投について「強い選手についていって、最後までメイン集団で走れるようになりたいです」と目の前の目標をキチンと捉えていた。今後もリーグ対象大会では同じレースカテゴリーで走る機会も多いと思われる2人。ベテランの域に達している岡本の走りを⻄山が参考にできる機会も多いだろう。さらにレースでは岡本に続く2位に入った篠塚萠依(AVENTURA)は今シーズンのNリーグ中学生女子NWシリーズ戦で活躍を続け総合ポイントランキング2位となり、こちらも引き続き目が離せない存在となるだろう。

レディースクラス表彰式、2位で登壇した篠塚(左写真・左より2人目) photo:Yosuke SUGA
スタート前にQリーグリーダーの岡本(右写真・左)と談笑する篠塚(同右) photo:Yosuke SUGA

レディースレースの後には将来、競技者を目指す中学生・高校生向けの「ジュニア強化レース」が大会協賛社の提供で開催された。これは今大会にエントリーしていれば参加料は無料、年齢の近い同士が手合わせできる機会となり、積極的なレース展開となってこちらも会場を盛り上げていた。

ジュニア強化レースには37名がエントリー、積極的な走りには敢闘賞を贈呈(左写真) photo:Yosuke SUGA
ポイントリーダー授与式で進行を担当したQNリーグ事務局・須藤(右写真)  photo:Yosuke SUGA

3期目となった今シーズン、リーグシリーズ戦の設定と開催、そして対象レースでのリーグ登録選手たちの熱い闘いと走りは、大きなレースでは隅に追いやられがちな「女子」そして「中学生・ジュニア」の存在を観る者たちに改めて示し、自転車レースの未来を担う大事で重要な存在であると気づかせたはずだ。それはリーグ提携団体の主催レースにおいて女子やジュニア向けの企画が広がっていることでも証明されている。

今後はリーグの対象レースを広げることで登録する女子・ジュニアの活躍の場も広げていきながら、さらに多くの方々に日本自転車レースの面白さと楽しさを「エリート男子」以外の機会で知っていただけるよう活動を続けていきたい。そして、Qリーグ・Nリーグのポイントリーダーの証・アメジストジャージとバトルマリンジャージを巡る熱い闘いは、来シーズン2023-2024も新たなドラマを作っていくだろう。引き続き4期目となるQリーグ・Nリーグにご注目ください!

バトルマリンジャージの重みを噛みしめるように着用するNリーグ男子の年間総合リーダー稲葉(左写真) photo:Yosuke SUGA
Qリーグ新女王としてアメジストジャージを着る岡本(右写真・左)と肩を組むNリーグ女子の年間総合リーダー⻄山(同右)  photo:Yosuke SUGA

今大会のポイントリーダー授与式においても、QNリーグ・各ポイントリーダー賞として「アメジストジャージ」「バトルマリンジャージ」の各リーダージャージご提供はBioracerさま、副賞ご提供は武田レッグウェアー株式会社さま、株式会社 隼さま、アイリス株式会社さま、そしてリーグ登録した選手全員にテスターを株式会社アミックグループさまからご提供いただきました。さらに、この最終戦では各リーダーへ特別副賞も追加でご用意いただきました。改めて厚く御礼申し上げます。

大会公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load