BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

「シマノバイカーズフェスティバル」に新種目! オフロードバイクの魅力を体感できる新エリアにも注目

7月29日(土)、30日(日)に、長野県諏訪郡富士見町にある富士見パノラマリゾートで「第31回シマノバイカーズフェスティバル」が行われる。標高1,000m以上の「天空の世界」を舞台に、大自然の中で自転車の魅力や楽しさを満喫できる2日間となっている。

生まれ変わったシマノバイカーズフェスティバル

シマノバイカーズフェスティバルは1991年に始まったマウンテンバイクの祭典。現在ではクロスカントリー(以下XC)、ダウンヒル(以下DH)などのレースからツーリングやロゲイニングなどさまざまなスポーツバイクの楽しみを提供している。

第31回となる今回の大会は「Trail Ride+」という、レースでもツーリングでもない純粋にマウンテンバイクの本質を追求した新種目を新設。また「乗る・観る・発見する」の3つの体験の中心となるバイカーズビレッジや、自転車xクルマxアウトドアのライフスタイルを広げる「6Wheel&Campingゾーン」を新たに設けるなど、オフロードバイクの魅力を存分に楽しめるイベントとなっている。

安全のため、熱中症対策も徹底
参加時はしっかりと整備した自転車で参加しよう。万が一のために、会場にはレースメカニックとして経験豊富なシマノスタッフによるメカニックサポートも用意される

レースでもツーリングでもない、非日常を感じるトレイルライド体験

●新種目「Trail Ride+ (トレイルライドプラス) 」
マウンテンバイクを始めたばかりの人も、レースにどっぷりはまって切磋琢磨している人も、マウンテンバイクの本来の楽しさを(再)発見できるトレイルライドコースが会場内に新設される。何度も繰り返し走行できる下り基調のアップダウントレイルでは、単にライドするだけでなく、タイム計測やシマノがサポートするプロライダーからのアドバイス、締めのメガトレインなど、マウンテンバイクならではの楽しさを追求できる体験が待っている。

話題のグラベルをもっと楽しもう

●ドロップハンドルクラスは新たに「GX(グラベルクロス)」カテゴリーに
昨年好評のドロップハンドルクラス。今年は名称を「GX(グラベルクロス)」に変更し、コースも新たに設定される。グラベルバイクやシクロクロスなどで展開する、スピーディーなレースが魅力だ!

●ひと目でレベルがわかるレース種目の名称「Race/Light」
XC、GX、DHのレース種目は、参加者のマインドに合わせた2種類のカテゴリーが用意される。
「レースは初めてなので、楽しく走りたい」、「難易度の高いコースよりも、最後まで走り切れるコースが良い」という人は、「Light」カテゴリーがおすすめ。また、「レースでもっと上位を狙いたい」、「難易度の高いコースに挑戦したい」という人は、「Race」カテゴリーがおすすめだ。自身のスキルやマインドに合わせた種目を選んで、レースを楽しもう。
※種目名の末尾に「Light」、または「Race」と記載

●「伴走クリニック」でステップアップ
「あそこでああすればよかったな」と、レース後に心残りを感じる人も多いのではないだろうか。そんな人におすすめなのが、次のレースに向けてのステップアップを目指すためにシマノがサポートするプロライダーから学べる「伴走クリニック」だ。バイカーズオリジナル企画としてXC Kids、XC Light、GX Light、DH Raceに参加した人を対象に実施。土曜日のレースに参加し、日曜日は前日にうまくいかなかった/もっとうまくできたかもしれないポイントをプロライダーと一緒にコースを走って学ぶことができる。日曜日のレースに参加する人も受講OKだ。

ロングライド&ツーリングも充実

●南八ヶ岳の大自然を駆け抜けるグラベルライドを新設
昨年、募集定員がすぐに埋まったグラベルガイドツアーに加えて、今年は新たにライドツーリングとして「南八ヶ岳グラベルライド1000」が新設される。富士見・小淵沢・八ヶ岳に広がる至高のグラベルフィールドを堪能しよう!

●シマノレーシングと八ヶ岳でロングライド
毎年、多くの参加者が集まるオンロードロングツーリング。今年はシマノレーシングの選手がスタッフとして参加する。ロードバイクの乗り方やライディングポジションなどを、休憩中などに選手に直接聞くことができるまたとない機会だ。
※「南八ヶ岳オンロードライド」にシマノレーシングの選手が同行

●E-MTBのツーリングメニューも充実
ますます注目が集まるE-MTBでのツーリング。「短い距離の試乗だけでなく、実際のフィールドを走って性能を確かめたい」と思っている人も多いのではないだろうか。今年は昨年よりもツーリングメニューが増加、より多くの人がE-MTBの魅力を体感できるように!

●バイカーズにシマノスクエアプロデュース「Ride&Fish」が登場
大阪・梅田にあるシマノ直営の文化発信拠点「シマノスクエア」が提案するサイクリングと釣りを楽しむスタイル「Ride&Fish」が、今回バイカーズのツーリングに初登場! イベントにはシマノスクエアの店長、副店長も参加。八ヶ岳の眺望と大自然の中でサイクリング&ニジマス釣りを楽しもう。

●親子で楽しく参加しよう
これまで15歳以下が参加する保護者同伴のメニューでは、子どもと保護者、それぞれで申し込みが必要だったが、今年から子どものみの申し込みでOK。保護者の参加費は無料に!
※保護者の登録は必要

アウトドアの楽しみが詰まった会場内イベントも盛りだくさん

●まずは「バイカーズビレッジ」へ!
自転車の楽しさが詰まったエリア「バイカーズビレッジ」をセンターゲレンデに新設。目の前のゲレンデに設置された試乗コースで最新のバイクが試せる試乗バイクブース、レースや会場内のイベントを観覧できる大型LEDビジョンなどが用意される。さらに、バイカーズビレッジで開催される夜のウェルカムパーティーでは、ゲレンデ特設コースでレジェンドライダー・プロライダーによるデュアルスラロームエキシビジョンを開催。ビールを片手に、マウンテンバイクの醍醐味を観て楽しもう。

●クルマ好き必見の「6Wheel&Camping ゾーン」
クルマに自転車を積んで移動し、アウトドアフィールドで自転車を楽しむライフスタイル「6Wheel Life」。バイクキャンプや車中泊などさまざまなアウトドアアクティビティに興味ある人は、ぜひ「6Wheel&Campingゾーン」へ。子どもも楽しめるワークショップや、クルマと自転車、キャンプ用品の展示も実施。自転車xクルマxキャンプの組み合わせを、その目で観て、体験しよう。

第31回シマノバイカーズフェスティバル 開催概要

開催日:2023年7月29日(土)・30日(日)
会場:富士見パノラマリゾート(長野県諏訪郡富士見町富士見6666-703番地)
募集期間:2023年 4月7日(金)0:00~5月12日(金)23:59
申込方法:スポーツエントリーの専門サイトより申し込み
主催:株式会社シマノ
共催:一般社団法人 富士見パノラマリゾート

イベントコンテンツ、種目内容についての詳細は大会公式サイトをチェックしよう。

大会公式サイトはこちら

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load