BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

耐久性を重視した新作エンデュランスレースタイヤ「S-Works Mondo」を発売|SPECIALIZED

SPECIALIZED(スペシャライズド)から新製品が登場。新しいロードバイク用タイヤ「S-Works Mondo 2Bliss Ready T2/T5」がラインアップに加わった。ライダーが求める耐久性、全天候型のトラクション、秀逸な耐パンク性能を全てクリアし、転がり抵抗の軽さなどのパフォーマンスを持たせたエンデュランスレースタイヤだ。以下、プレスリリースより。

あらゆる要求を満たすエンデュランスレースタイヤ

S-Works Mondoは、ケーシングやビードにコンパウンドを重ねただけのタイヤではありません。スペシャライズドはこのタイヤを、耐久性を重視した世界最速のタイヤだと確信しています。ロードバイクの用途はかつてないほど広がりをもっています。ロングライド、ダートやグラベルなどの荒れた道、悪天候。それも全開走行で。ただのエンデュランスタイヤや全天候型タイヤというコンセプトではもはや要件を満たさず、パンクプロテクションや長寿命のトレッドを備えているだけでは不十分。レースペースの速さ、驚くほど長いトレッド寿命、そして一歩進んだ耐パンク性能を巧妙に織り交ぜた上、あらゆる路面への適応が求められているのです。S-Works Mondoこそ、そんな要望に応えるために作られたチューブレスタイヤ。どこへでも行けて、どんな走りもできて、どの性能にも犠牲を払わず、レースとなれば向かうところ敵なしでしょう。

クラス最高の転がり効率

S-Works Mondoの転がり抵抗は、これまでクラス最高レベルだったタイヤより11%も低く、これ以上に速いエンデュランスロードタイヤは他にありません。この比類なき性能を引き出すのが、最も効率性と耐久性に優れたロード用コンパウンドです。GRIPTONと名付けられたスペシャライズド独自のコンパウンドは、ドイツのラボで科学者たちが生み出しました。超効率的で耐久性の高いT2ロードコンパウンドから、ハイグリップのT9マウンテンコンパウンドまで、幅広い種類が用意されています。このMondoはT2コンパウンドをセンターに、ウェットとドライ路面のグリップ性能に優れたT5コンパウンドをショルダーに配置した、デュアルコンパウンド仕様。ロード世界選手権でデビューしたレースタイヤであるTurboの新ラインアップと同じ仕様です。

活性シリカを配合した、最速で耐摩耗性に優れたT2 GRIPTONは、超高速のタイヤに必須のコンパウンド。転がり抵抗で比較すると、T5コンパウンドより17%も速いという結果が出ています。コーナリング性能を高めるため、より柔らかい活性シリカを用いたT5 GRIPTONコンパウンドをショルダー部に採用。T2コンパウンドよりグリップ性能が10%高くなっており、コーナリング中は路面に吸い付くような接地感が得られます。バイクを大きく傾けても、これら2種類のコンパウンド間をシームレスに行き来するので、安心してコーナーを攻められるのです。

スペシャライズドが誇る耐パンク性能

トレッドの下に配置したのは、高密度で強靭なアラミド繊維をクロス状に織り込んだ最新のBlackbelt。従来のBlackbeltより耐パンク性能が12%向上しています。リム打ちパンクやサイドウォールのカットを防ぐのは、編み込みのポリアミド製パネルをサイドウォールで2枚重ねた新しいGrid Raceプロテクション。しなやかで柔軟性に富んでいながら、引き裂き強度に優れ、タイヤの空気圧を低くセットしても安心です。

ブレーカーとサイドウォールの素材が違うのは、タイヤ全体のパフォーマンスを生み出すために各部に与えられている役割が異なるから。そもそも、タイヤに使う素材は数百種類もあります。それらを0.5mmでも厚くしすぎたり、不適切な箇所に使用したりするとタイヤの乗り心地は損なわれ、パンクしやすくなることもあるのです。トレッドの下に配置したBlackbeltブレーカーは、パンクを防ぐために高密度かつ強靭でなければなりません。サイドウォールのGrid Raceプロテクションは、柔軟性に優れたオープンメッシュのまま使う必要があります。この素材は耐摩耗性と耐リム打ちパンク性能に優れていますが、しなやかさや快適性を犠牲にしません。これら2つを適切な箇所に使うことが、タイヤ全体のパフォーマンスと耐久性を高めるのに欠かせないのです。

クラス最軽量な上に丈夫

S-Works Mondoは、これまでに紹介した効率性、グリップ、パンクプロテクションの全てを、重量を犠牲にせずに実現しています。市場にある同クラスのエンデュランスタイヤより5%軽量です。しなやかな120TPIのケーシングとチューブレスレディ構造が軽量性、グリップ、低い転がり抵抗を最適なバランスで実現。耐久性や耐パンク性能を必要とするライダーに最適です。

チューブレスシステムのタイヤであれば、優れた気密性を発揮し、簡単に取り付けられ、フックレスリムでも安全に使用できるようにしなければなりません。気密性を保つためには、タイヤ全体のゴムを適切な厚さにする必要があります。薄すぎると長時間乗るうちに空気が抜けてしまい、厚すぎるとパフォーマンスが低下し、重たくなってしまうからです。S-Works Mondoは、空気圧が安定したまま10時間以上乗り続けられるのが特長です。

120TPIのしなやかなケーシングに組み合わされたビードは、超高強度のナノファイバーが織り込まれており、タイヤをリムに保持させるのに重要な役割を果たします。フックレスリムに対応しつつ、許容空気圧がより高いフックドリムにも対応する強度を備えています。それでいて、取り付けも容易。フックドリムのホイールでもライダーの好みの空気圧にセットできるよう、ライダーの選択肢を広げる仕様にしました。

S-Works Mondoは、トップクラスのエンデュランスタイヤに求められる全ての特長を備えています。格別な耐久性、天候を問わないトラクションの高さ、驚異的なパンク保護性能はその一部。さらに、クラス最高の効率性や軽量性など、ライダーが求めるパフォーマンスも追求し完成度を高めています。その性能は、ラボのテストどころか、実際の路上でも証明済み。

ラッセル・フィンスターワルドがBWRサンディエゴで優勝し、スペシャライズドのワールドツアーチームがヨーロッパの石畳で健闘し、ウルトラサイクリストのジャック・トンプソンが1年で100万mを登るという世界記録の達成を支えてきました。あらゆるロードライドに対応できるよう、タイヤ幅は28mm、32mm、そして太めの35mmを用意。どこへ行くのも路面状況を気にする必要はなく、すべての道はMondoのために作られたようなものなのです。

S-Works Mondo チューブレスタイヤは実験室環境下で測定したところ、同クラスの他社製品の中で転がり抵抗がもっとも低く、重量がもっとも軽い結果となりました。

ロードタイヤ製品マネージャーのオリバー・キーゼルのコメント

「今日のあらゆるロードライダーのニーズに合わせてS-Works Mondoを設計しました。客観的に見ても、これまで開発したロードタイヤの中で最もワクワクする製品の一つです。レースタイヤのように速くて軽さを感じられ、同時に頑丈で快適で楽しく乗れるタイヤを目指しました。このタイヤは舗装路、比較的スムーズなグラベル、過酷な石畳など、どんな路面も自信を持って効率よく走れるよう、すべてのライダーに向けて作られています」

2023年ベルギー・ワッフル・ライド勝者のラッセル・フィンスターワルドのコメント

「S-Works Mondoはベルギー・ワッフル・ライドのようなレースに完璧です。コースは舗装路とダートが半分ずつだったため、太めのタイヤが最適だろうと思い35mmをチョイス。32mm幅より低圧にセットでき、舗装路では速いまま、ダートではしっかりとグリップし安定して走れました。その耐久性は信頼していたので安心して走れました」

製品情報

S-Works Mondo 2Bliss Ready T2/T5

価格:9,900円 (税込)
サイズ:700×28、700×32、700×35
ケーシング:120 TPI
ビード:折りたたみ可能、2Bliss Ready
コンパウンド:GRIPTON(R) T2/T5デュアルコンパウンド
耐パンク構造:GRID RACEおよびBlackBelt

備考

700 x 28 mm、70-95 PSI、重量 約310g
700 x 32 mm、50-80 PSI、重量 約330g
700 x 35 mm、50-80 PSI、重量 約360g

SPECIALIZED 公式サイト
SPECIALIZED オンラインストア

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load