BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

本日発売のBC7月号特別付録はリュック!「ロールアップバッグパック」

本日5月19日に発売となるバイシクルクラブ7月号。特別付録は「ロールアップバックパック」だ。

買い出しにお土産に、サイズ調整できる、ポケッタブルなサブリュック!

荷物が増えても背負って走れる! ツーリングや普段の買い物にも

上部がロールクロージャーになったバッグパック。ポケッタブルで、使いたいとき広げて背負えるバッグだ。
ツーリング帰りのお土産入れや、バイク&キャンプの食材買い出しなど、もちろん普段の買い物でもこの手のサブバッグがあるとなにかと便利。
輪行のとき、バイクから外したサイクルバッグ類を入れたり、あるいはヘルメットバッグとしても。

サイクルアイテムにも増えてきたロールクロージャー。クルクル巻いてバックルを留める。荷物たっぷりでも背負えば余裕でライド

フタは、クルクル巻いて閉じるロールクロージャーで入れるものによって容量を調整できるのが便利ポイント。
またリュックのベルト部分は、上部のベルト通しで3段階に高さを調整できるので、こちらも入れるものや、体格に応じて調整するとよりフィット。
生地は防水なので、多少の雨も安心。ツーリングで、バッグポケットやバッグに忍ばせておけば役立つこと間違いなし。

ストラップの調整方法

付録を箱から取り出したままでは、ストラップが通していない状態です。ストラップを調整して、背中側のスリットにストラップを通せるようにしましょう。

ストラップをスリットに通す前に、まずはストラップのアジャスターの位置を調整しましょう。

アジャスターの位置を調整したら、スリットにストラップを通します。

左右のストラップが均等になるようにアジャスターで長さを調整し、バックルを固定しましょう。

上部のベルト通し。3カ所のスリットのどこを使ってもよし。ベルト長は片側で調整。ベルクロ部分の位置を調整してセンターを出す

最大容量は、15L、耐荷重は5㎏

縦の長さは50㎝、横は34㎝。ほぼA3サイズ相当のデカさ!

広げれば袋状のもの、でもしっかり12cmのマチもあります。薄いポリエステルの防水生地だけど、けっこう丈夫。耐荷重は5㎏ある。

小さくたためばバッグポケットにも余裕で収まる。ほかにもコンパクトなマイクロ折りたたみバッグはあるけれど、15Lまで入る大容量のものは少ない(かつリュックタイプ)。かつ83gと軽いのでついでに持っていくにも苦にならない。ライドやツーリング、サイクル&キャンプのお供に、もちろん自転車に乗らないときでも持っていると便利。カジュアルやアウトドアにも溶け込む、濃いめのカーキ色にもこだわってます!

付録レビューについては、BC STATIONでMCを務めるワラニー佐藤シンゴさんのブログも参考になりますよ!

バイシクルクラブ7月号はこちらで購入できます

Amazon

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load