BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

ボーマの定番エアロロードがディスクブレーキ仕様に進化「ボーマ・ラソアⅡ」|BOMA

カーボン繊維商社を前身とするASKトレーディングのオリジナルブランド、ボーマ。国内の実業団チームやトライアスリートとパートナーシップを結び、フィードバックを得ながら製品を開発。企画、設計、材料調達、生産、配送まで一括管理することで実現可能な、高品質でコストパフォーマンスに優れたバイクに定評がある。
そんなボーマから登場したのが、定番エアロロードをディスクブレーキ仕様にした「ラソアⅡ」だ。

優れた空力性能&快適性ながら、20万円台を実現

ラソアⅡは、同ブランドのエアロロードバイクとして長年人気を博し、2016リオ五輪トライアスロンでも使用されたエアロロード「ラソア」のディスクブレーキ仕様。基本的なフレームデザインはラソアを踏襲している。シートチューブのホイールに沿った切り欠きや翼断面形状、地面からの突き上げを緩和し快適性を高める細身のシートステーなど、最新ロードバイクにも通じるフレームデザインはラソアから受け継いでいる。

コクピットまわりにごく一般的なステムやハンドルを使用可能で、電動式変速にも機械式変速にも対応する汎用性の高さもラソアⅡの魅力。専用コクピットのポジション出しの難しさや調整幅の狭さ、最新ロードフレームにありがちな使用可能なコンポーネントの制約といった弱点とも無縁だ。

空力性能や快適性といったロードバイクとしての基本性能にこだわりながらも、ユーザーフレンドリーでもある。まさにホビーサイクリストに最適な1台だ。

ボーマ・ラソアⅡ

29万7000円(フレームセット)

SPEC

フレーム:T700 / HMカーボン
フォーク:カーボン
サイズ:S-450、M-480、L-510、XL-540
カラー:クリアブラック×ショッキングイエロー
試乗車重量:7.7kg(ペダルなし)

オーソドックスな形状のフロントフォーク。対応するタイヤ幅は最大28mmまで
ボリューム感があり、いかにも剛性の高そうなダウンチューブからBBにかけてのセクション。シートチューブはBB付近の後ろ側がホイールに沿うように切り欠きになっており、上部は翼断面形状になっているエアロロードの定石とも言える設計。空力性能向上を狙っているのが分かる
極細のシートステーをトップチューブより下に接合するドロップドシートステーを採用し、路面からの衝撃をいなすよう設計されている。シートクランプはフレームに内装され、シートポストはエアロ形状の専用品が採用される
フレームは電動式変速と機械式変速の両方に対応。さまざまなコンポーネントで自分好みの愛車を作り上げられるのも魅力だ

ボーマ・ラソアⅡをインプレッション

ハシケン:本誌おなじみのインプレッションライダーにして、全国を駆け巡る自転車ジャーナリスト。ロードバイクにおいては、世代ごとの違いまで感じられるほどたくさんのモデルに乗り、インプレッションしてきた

軽快さに優れ、気持ちよく乗れる新型ラソア

リムブレーキからディスクブレーキへと進化したラソア。各所にエッジを利かせたエアロフレームは、細身のシートステーはじめ快適性も考慮していることが伺える。その走りは安定性や巡航性重視というよりは、意外にも軽快で反応性のよい軽量オールラウンダーとしての性格が強い。T700カーボンで固めて、しっかり剛性バランスが煮詰められたペダリング効率の高さがある。そのためリラックスしてペダルに力を伝えながらバイクコントロールを楽しめた。

加減速にも強く、とくにダンシングでは左右への軽い振りが気持ちよく、立ち上がりやヒルクライムシーンでストレスなく、軽快なライディングを約束してくれる。ステアリングはややクイックで攻めの姿勢を感じさせるが、レーシングバイクとして考えれば当然の性能。ボーマらしいユーザーフレンドリーなプライスもうれしい。

BOMA公式サイト

出典

SHARE

PROFILE

ハシケン

Bicycle Club / スポーツジャーナリスト

ハシケン

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

No more pages to load