BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

新たなステージレースの幕開け。小倉城クリテは兒島直樹が制す|マイナビ ツール・ド・九州2023

日本国内で開催される国際ステージレースとして新設された「マイナビ ツール・ド・九州2023」が10月6日に開幕。まずは福岡県北九州市・小倉城でのクリテリウムが行われ、終始レースの主導権を握っていたチーム ブリヂストンサイクリングが、最後は兒島直樹を放って鮮やかに勝利。窪木一茂も2位で続き、ブリヂストン勢がワン・ツーフィニッシュを飾った。

自然災害からの復興やサイクルツーリズム推進がテーマ

マイナビ ツール・ド・九州2023は、近年九州各地を襲った震災や水害などの自然災害からの復興を世界にアピールするとともに、ラグビーワールドカップのレガシー継承、九州でのサイクルツーリズムの推進などをテーマに開催される。イベントとしては昨年からPR活動に力を入れており、ついに開催当日を迎えた印象でもある。

大会自体はUCI(国際自転車競技連合)アジアツアー2.1クラスにカテゴライズされ、第1カテゴリーであるUCIワールドチームから、第2カテゴリーのUCIプロチーム、第3カテゴリーのUCIコンチネンタルチームまでが出場資格を有する。初開催の今回は、UCIワールドチームからアスタナ・カザクスタン チームが、同プロチームからはボルトンエクイティース・ブラックスポークが参戦。同コンチネンタルチームも国内外から精鋭が集まり、全18チームで覇権を競うこととなる。

まずは顔見せも兼ねて、クリテリウムで大会はスタート。舞台となるのは細川忠興公が築城した名城・小倉城。濠に沿って城の外郭を進み、途中で北九州市内の大通り・清張通りを抜けてお城の前に戻ってくる。1周あたり1.79kmで、これを25周回、おおよそ44kmで競う。

©️ ツール・ド・九州2023実行委員会

「これぞクリテリウム!」を示したプロトン

記念すべき大会の開幕を一目見ようと、会場には大勢の観衆が詰めかけた。人々が見守る中で、チームプレゼンテーションやオープニングセレモニーが執り行われていった。

©️ ツール・ド・九州2023実行委員会

そしていよいよレースがスタート。序盤から前をうかがう選手の姿がたびたび見られるも、逃げを決めるまでには至らず。プロトンは一団のまま周回を重ねていき、5周おきに設けられた周回賞では、5周目がベンジャミ・プラデス・レヴェルテ(JCL TEAM UKYO)、10周目を孫崎大樹(キナンレーシングチーム)、15周目・20周目を岡 篤志(JCL TEAM UKYO)がそれぞれ1位通過している。

©️ ツール・ド・九州2023実行委員会

レース半ばを過ぎると、チーム ブリヂストンサイクリングやボルトンエクイティース・ブラックスポークなど数チームが主導権争いを展開。数周おきにペーシングを担うチームが入れ替わりながら、終盤戦へと入っていった。

©️ ツール・ド・九州2023実行委員会

流れは大きく変わることなく、勝負はスプリントにゆだねられることが濃厚に。最終周回を前にチーム ブリヂストンサイクリングがトレインをなして先頭を固めると、その勢いのまま最後の直線へ。松田祥位の引きから、窪木、そして兒島とつないでフィニッシュへ。チーム ブリヂストンサイクリングがワン・ツーフィニッシュを達成。ブリヂストン社創業の地・福岡で会心の勝利を挙げた。

©️ ツール・ド・九州2023実行委員会

小倉城クリテリウム優勝 兒島直樹 コメント

©️ ツール・ド・九州2023実行委員会

「素晴らしいロケーションでのレースを開催していただきありがたかったです。最初は厳しい展開でしたが、後半はうまくレースを運ぶことができました。明日の福岡は地元のみやま市を通るので頑張ります」

小倉城クリテリウム結果

1 兒島直樹(チーム ブリヂストンサイクリング)59時間0分0秒
2 窪木一茂(チーム ブリヂストンサイクリング)+0秒
3 エフゲニー・ギディッチ(アスタナ・カザクスタン チーム)

ステージレースが10月7日からスタート

マイナビ ツール・ド・九州2023は、10月7日より総合成績がかかるステージレースが始まる。第1ステージは福岡県を舞台に、北九州メディ アドームから新大牟田駅まで144.01kmで行われる。

マイナビ ツール・ド・九州2023 公式ウェブサイト
https://www.tourdekyushu.asia/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load