BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

ステージレースがスタート。クリテリウムに続き兒島直樹が制する|マイナビ ツール・ド・九州2023

3日間で争われるマイナビ ツール・ド・九州2023(UCIアジアツアー2.1)のステージレースが10月7日にスタート。第1ステージは福岡県を縦断するルートがとられ、小集団スプリントによる勝負を地元・福岡県みやま市出身の兒島直樹(チーム ブリヂストンサイクリング)が制した。前日のクリテリウムに続く勝利で、個人総合首位の証であるリーダージャージにも袖を通した。

平均時速43.7kmの高速レース

この日は「福岡ステージ」として、競輪発祥の地・北九州メディアドームをスタートし、新大牟田駅にいたる144kmのコースが採用された。途中、スプリントポイントと山岳ポイントが3つずつ設定され、なかでも90.9km地点で頂上に達する牛鳴峠は1級山岳にカテゴライズされる。

©️ ツール・ド・九州2023実行委員会

レース序盤はチーム ブリヂストンサイクリングが主導権を握る。19.7km地点に設定された1回目のスプリントポイントでは、鉄壁のリードアウトから兒島が1位通過に成功。この直後に、横塚浩平(VC福岡)、モハマド・ヌル・アイマン・モフド・ザリフ(トレンガヌ・ポリゴン・サイクリング・チーム)、寺田吉騎(シマノレーシング)、クレイグ・ウィギンズ(ARA スキップキャピタル)の4人が飛び出し、逃げグループを形成する。

©️ ツール・ド・九州2023実行委員会

メイン集団はアスタナ・カザクスタン チームやボルトンエクイティース・ブラックスポークがコントロール役を担い、先頭との差を2分30秒程度にキープ。この間、43.9km地点で頂上に達する2級山岳・長谷峠はモフド・ザリフが、82.8km地点に置かれた2回目のスプリントポイントでは横塚がそれぞれ1位通過。

©️ ツール・ド・九州2023実行委員会

1級山岳の牛鳴峠に入ると、メイン集団がペースを上げ、先頭グループに迫る。モフド・ゼリフが粘って頂上をトップ通過したが、ほどなくして集団がキャッチ。レースはふりだしに戻る。

メイン集団の人数は大幅に減り、30人ほどに。125.6km地点に設定された3つ目のスプリントポイントに向けては数人のアクションがあり、山本元喜(キナンレーシングチーム)がトップ通過。アタックが頻発する中からダン・ガードナー(ボルトンエクイティース・ブラックスポーク)とケイン・リチャード(ARAスキップ・キャピタル)が2人逃げの態勢に。ただ、この日最後の山岳区間である2級の上りで集団がペースを上げ、両選手をパス。一時的に数人が前線をうかがう形になるが、下りで続々と追いついて、25人の集団で最終局面を迎えた。

©️ ツール・ド・九州2023実行委員会

どのチームも人数をさほど多く残していない状況でのスプリント。混戦から抜け出したのは兒島だった。このステージでは、地元みやま市を通過。所属するブリヂストンの創業地であり、事業本拠を置く久留米市も通過し、まさにホームレースでの勝利となった。

©️ ツール・ド・九州2023実行委員会

なお、第1ステージは平均時速43.7kmの高速レースだった。

第1ステージ優勝・個人総合時間賞 兒島直樹 コメント

©️ ツール・ド・九州2023実行委員会

「レース終盤には観客のみなさんの応援が力になりました。この4日間で一番地元であるこのステージを狙っていました。明日明後日とチーム一丸となって頑張ります」

マイナビ ツール・ド・九州2023 第1ステージ結果

1 兒島直樹(チーム ブリヂストンサイクリング)3時間18分48秒
2 ジャンバルジャムツ・セインベヤール(トレンガヌ・ポリゴン・サイクリング・チーム)+0秒
3 ユーセフ・レグイグイ(トレンガヌ・ポリゴン・サイクリング・チーム)

個人総合時間賞

1 兒島直樹(チーム ブリヂストンサイクリング)3時間18分35秒
2 ジャンバルジャムツ・セインベヤール(トレンガヌ・ポリゴン・サイクリング・チーム)+7秒
3 ユーセフ・レグイグイ(トレンガヌ・ポリゴン・サイクリング・チーム)+9秒

ポイント賞

兒島直樹(チーム ブリヂストンサイクリング)

山岳賞

モハマド・ヌル・アイマン・モフド・ザリフ(トレンガヌ・ポリゴン・サイクリング・チーム)

ヤングライダー賞

ウィリアム・イーブス(ARAスキップ・キャピタル)

第2ステージは熊本・阿蘇が舞台

マイナビ ツール・ド・九州2023第2ステージは「熊本阿蘇ステージ」として、瀬の本レストハウスからあそ望の郷 くぎのまでの107.73kmで行われる。

マイナビ ツール・ド・九州2023 公式ウェブサイト
https://www.tourdekyushu.asia/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load