BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

中林凌大が5勝目でシリーズタイトル確定! 女子は瀬古遥加が6年ぶり優勝|2023JBMXF大東建託シリーズ第7戦岩手

10月21日(土)~10月22日(日)に行われた「2023 JBMXF大東建託シリーズ第7戦 岩手大会」のチャンピオンシップにおいて、中林凌大と瀬古遥加が優勝。レースや大会の様子は以下、プレスリリースより。

中林凌大が今期5勝目でシリーズタイトルを確定! チャンピオン男子レポート

チャンピオンシップ男子優勝の中林凌大(#501)

JBMXF大東建託シリーズ第7戦が岩手県大船渡市で開催。今期よりJBMXF大東建託シリーズに加わった本大会の舞台である三陸BMXスタジアム Bridge Craw Racing Circuitは、2020年に旧甫嶺(ほれい)小学校の校庭部分と隣接する休耕地を利用して完成したものだ。記念すべき初開催大会の最高峰の男女チャンピオンシップカテゴリーで中林凌大と瀬古遥加がそれぞれ優勝した。

チャンピオン男子レースレポート

6名のエントリーで3レースの合計フォーマットで争われたチャンピオンシップ男子には、開幕戦から4連勝を達成した中林凌大がエントリー。優勝候補筆頭の中林だったが、1レース目で4位フィニッシュする波乱の展開でレースがスタート。さらに2レース目をトップで第1コーナーに入るものの転倒し2位。3レース目でトップフィニッシュし、辛くも今期5勝目を達成した。その結果、3年連続となるJBMXF大東建託シリーズのタイトルを確定させた。2位には山口大地、3位には菊池 雄が入った。

優勝した中林凌大のコメント

「3レース目は得意なインコースからのスタートだったので自信をもって臨んだ。2レース目のコーナーで転倒してしまったので、タイヤを滑らせない走りを心がけた。3レースを通じて納得のレースではなかったが、結果につなげることができた。まだ1戦残っているがシリーズタイトルを獲得して、来季はもっと海外に出て戦っていきたい。初開催のこのコースは合宿などで子どもたちに教えていたこともあり思い入れがあった。このコースでチャンピオンを決められてとてもうれしい」

レース表彰台順位

優勝 中林凌大(日本体育大学/秩父BMX協会)
2位 山口大地(モトクロスインターナショナル/新潟県BMX協会)
3位 菊池 雄(SUPERCROSS JAPAN/神奈川県BMX協会)

女子は瀬古遥加が6年ぶりに優勝! チャンピオン女子レポート

チャンピオンシップ女子優勝の瀬古遥加(#207)

チャンピオンシップ女子は2名のエントリーとなったため、チャレンジカテゴリーの女子13-14歳カテゴリーと統合してレースが行われた。3レース合計のフォーマットで今季初出場の瀬古遥加がすべてトップでフィニッシュし優勝した。瀬古の優勝は2017年の11月に開催されたUCIひたちなかBMX国際 JBMXFシリーズ第6戦茨城大会以来で6年ぶりの優勝だった。2位には岡本彩桜が入った。

優勝した瀬古遥加のコメント

「チャンピオンシップで走っているが社会人になるなど環境も変わるなかで長い間勝てていなくて、久しぶりの優勝がとてもうれしい。今回は13歳と14歳のカテゴリーも統合されたレースでプレッシャーもあったが、すべてトップフィニッシュできてほっとしている。このコースは小さい子どもにとって走りやすいコースで、ここからBMXをはじめた選手も多い。このコースでスキルアップして海外でも活躍できる選手が出てくると感じている」

レース表彰台順位

優勝 瀬古遥加(IRC TIRE/中部BMX協会)
2位 岡本彩桜(バンピーパス/茨城県BMX協会)

4歳から50代まで幅広い世代の選手が参加。BMXが根付く三陸の地

本大会に出場したSTREET MONSTERの選手たちと、普段から選手への指導を行っている福山北斗さんと桑野孝則さん、JBMXF公式アンバサダー早川優衣さん、JBMXF代表理事渡辺浩嗣

三陸BMX スタジアム Bridge Craw Racing Circuitを拠点とするクラブチームがSTREET MONSTERだ。4歳から50代まで64名の選手が在籍し、本大会には30名ほどの選手が出場。日頃から練習しているコースで培ったスキルを思う存分発揮してレースを楽しんだ。コースの完成から3年が経ち、BMXレーシングはしっかりとこの地に根付いている。

三陸BMX スタジアム Bridge Craw Racing Circuitは海を望む眺望も魅力のコース。STREET MONSTERの選手たちは日々このコースで腕を磨いている

BMX体験会も同時開催。大会関係者が魅力を伝える

三陸BMXスタジアムには旧校舎の体育館を活用したBMXパークが整備されている。このスペースを利用した特設スペースで、BMX体験会が同時開催された。体験会のナビゲーターを務めたのはJBMXF公式アンバサダーの早川優衣さん。参加者たちはBMXの魅力を満喫していた。

開会式に大東建託 泉和宏氏が登壇。全日本BMX連盟オフィシャルパートナーの大東建託から執行役員 工事統括部長の泉和宏氏が開会式に登壇。選手へのエールを贈るとともに、表彰式でもプレゼンターを務めた

大会概要

大会名:2023 JBMXF大東建託シリーズ第7戦 岩手大会
主催:一般社団法人 全日本BMX連盟 主管:東北BMX協会
公認:公益財団法人日本自転車競技連盟
開催場所:三陸BMXスタジアム Bridge Craw Racing Circuit(岩手県大船渡市)
開催期日:2023年10月21日(土)~10月22日(日)
協力:岩手県自転車競技連盟、株式会社三陸アクティブ、合同会社TXF
後援:岩手県沿岸広域振興局、大船渡市、大船渡市スポーツ協会(順不同)

問:一般社団法人 全日本BMX連盟 https://jbmxf.org/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load