BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

森本 誠や白川幸希・花田聖誠がゲスト参加! 徳島県開催「さなごうち大川原高原ヒルクライム」レポート

11月19日、「さなごうち大川原高原ヒルクライム」が徳島県で開催された。大会広報の福光俊介さんからのリポートでお送りする。

好天に恵まれた初開催のさなごうち大川原高原ヒルクライム

徳島県のヒルクライムのメッカでもある大川原高原で開催された今大会には、東は東京、西は福岡から約200人のエントリーがあり、来村いただきました。前日には時期外れの降雪があり、当日のレース開催が心配されましたが、ふたを開けてみれば好天に恵まれ、コース内外に積もっていた雪もおおむね解けた状態に。晴れて、初開催が実現しました。

ゲストライダーの森本 誠選手(GOKISO所属)
ゲストライダーの花田聖誠選手(KINAN Racing Team)
ゲストライダーの白川幸希選手(KINAN Racing Team)

競技に先立ち行われた開会式では、岩城福治村長の開会宣言にはじまり、ゲストライダーの森本 誠選手(GOKISO所属)、白川幸希選手・花田聖誠選手(ともにKINAN Racing Team所属)の紹介。そして、中西裕幸審判長による競技説明と注意事項の喚起がなされました。特に、山頂のフィニッシュ地点から主会場である佐那河内村中央運動公園までの下山にかかる留意点が多く共有され、参加者を含んだ関係者すべてが事故なくイベントが運営できるよう努めることで一致団結しました。

最大勾配は19%! タイムトライアル方式のカテゴリー別レース

一人ずつスタートするタイムトライアル方式を採用

そして迎えたレースの時。10秒間隔でひとりずつコースへと出発するタイムトライアル方式がとられ、第1走者は正午にスタート。コースは全長9.77kmで、標高差は746m。平均勾配7.8%・最大勾配19%を数える四国屈指の本格山岳コースに選手たちは挑みました。年代別のほか、体重85kg以上の“ヘビー級ライダー”を対象としたカテゴリーも設定し、幅広い層にチャレンジしてもらえるレースとなりました。

本格的ヒルクライムレースを苦しみ、そして楽しむ参加者

健脚ぞろい一般参加ライダーの間にゲストライダーをスタートさせ、競技性を高める取り組みも行いました。効果てきめんで、トップライダー候補たちがひしめくポジションで花田選手が出走。白川選手はスタート順後半の選手たちを追い、森本選手は全体の最終ライダーとして出発し何人をパスできるかにもチャレンジしてもらいました。

笑顔でレースを走る白川選手
多くの参加者をパスした森本選手

その結果、カテゴリーC(男子40~59歳)で一番時計だった板子佑士選手(兵庫県)が31分39秒461で全体のトップタイムとなり、栄えのあるグランドチャンピオンに輝きました。ゲストライダーの3選手はシーズンオフに入っているためベストコンディションではないものの、上位グループのタイムをマークして、「これぞプロ!」の走りを披露してくださいました。

初代優勝者となった板子佑士選手。ヒルクライム大会上位入賞者の常連だ

徳島県唯一の村から大パノラマを臨む大会

レース後に記念撮影を楽しむ参加者たち。後ろには素晴らしい景色が広がる

開催地である佐那河内村は、徳島県の県庁所在地・徳島市に隣接し、車で30分ほどで両市村を結ぶ位置関係にあります。そうした地理的事情もプラスにし、参加者のみならず、応援の方々にも多数足を運んでいただきました。また、徳島県で唯一の村であり、山々に囲まれた農村風景や、大川原高原の頂上から一望する徳島県や淡路島といったパノラマも大きな魅力です。レース後に催された閉会式では、ゲストライダーが頂上から見た景色への感動や、「さくらももいちご」などの特産品にも触れ、佐那河内村の良さを発信する機会ともなりました。

風力発電の風車の下を走る。コースわきにはわずかに雪が残っている

本大会の開催、そして成功にあたっては、メディアのみなさまによる告知報道にご協力いただき、サイクリストだけにとどまらず各所から注目してもらえるものとなりましたことを、心より御礼申し上げます。プレ大会を終えたばかりではありますが、まだまだ課題もあり、さらには実際に開催して見つかった修正点も数多くあります。これらの改善・改良を図り、ゲストライダーや一般参加ライダーからの意見・フィードバックを大切にしながら、第1回大会の開催を目指してまいりたいと思います。

「日本国内でも屈指のヒルクライムコース」の今後に期待!

さなごうち大川原高原ヒルクライムは「日本国内でも屈指のヒルクライムレース」として今後知名度を上げていく可能性大

参加されたライダーからは実際に、「日本国内でも屈指のヒルクライムコース」との評価をいただくことができました。そうした声に恥じない、誰からも支持されるイベントをつくってまいる所存です。今後ともどうぞよろしくお願いします。

問:さなごうち大川原高原ヒルクライム実行委員会事務局 https://www.vill.sanagochi.lg.jp/sohc/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load