BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

4月と9月に富士山一周を目指す!「フジイチ」サイクリングイベントの開催決定|スルガ銀行

2024年の春と秋に富士山一周をしてみよう。スルガ銀行株式会社が「フジイチ」を年2回開催することを決定。以下、プレスリリースより。

4月と9月に全2回のサイクリングイベント「フジイチ(富士山一周)」を開催

スルガ銀行株式会社は、富士山周遊ルートのナショナルサイクルルート指定を目指す静岡県、「地方創生連携協定」の締結先である静岡県富士宮市、「自転車振興に関するパートナーシップ協定」の締結先である静岡県富士市(市長:小長井義正、以下「富士市」)と共同で、2024年4月と9月に全2回のサイクリングイベント「フジイチ(富士山一周)」を開催いたします。

「富士宮市発着コース115km」と「富士市発着コース134km」を用意

刻々と変わる富士山の表情を楽しみながら走行できる「フジイチ」は、サイクリストなら一度はチャレンジしたい静岡ならではのイベントです。今回は、毎年人気の高い「富士宮市発着コース115km」と、健脚の方向けに富士五湖すべてを巡る「富士市発着コース134km」をご用意いたしました。

本イベントは、サイクリングアプリ「RIDEFiELD(ライドフィールド)」を使い、参加者があらかじめ決められた時間内の好きなタイミングで各自スタートするフリーライド形式です。コース上のチェックポイントでライドの様子をSNSに投稿することが完走条件となっており、現地より走行中の生の声を発信していただきます。見事完走された方には、記念品をプレゼントいたします。

富士山周遊ルートについて

日本を象徴する富士山の雄大な景色を眺めながら、豊かな自然や起伏に富んだ地形を楽しむことのできる富士山を周遊するルートは、 サイクリストにとって非常に魅力的なサイクリングコースです。また、世界遺産の構成資産でもある富士山信仰を起源とする周辺の数々の神社や、それにまつわる歴史的な物語なども多くの人を魅了しています。

スルガ銀行は、今後も地域のみなさまと連携し、本イベントの継続開催を通して世界に誇るサイクリングルートを活用した静岡県の新たな観光価値の創造に取り組んでまいります。

イベント開催概要

名称:静岡県×富士宮市×富士市×スルガ銀行 「フジイチ(富士山一周)」
発着地:
①富士宮市(富士宮市役所)、115km ②富士市(富士山こどもの国) 134km
開催日:
①2024年4月27日(土)、②2024年9月22日(日)
対象人数:
各回50名 ご自身のスポーツバイクで参加していただける年齢18歳以上69歳以下の方
コース:
①富士宮市役所 → 1km 富士山本宮浅間大社 → 25km 道の駅すばしり → 50km 道の駅富士吉田 → 56km 山中湖 → 107km 村山浅間神社 → 115km 富士宮市役所
②富士山こどもの国 → 44km 山中湖石碑 → 66km 河口湖石碑 → 76km 西湖石碑 → 84km 精進湖石碑 → 122km 村山浅間神社 →134km 富士山こどもの国
エントリー:スルガ銀行サイクリングプロジェクトnoteからお申込みください(先着順)https://note.com/linkagecycling/n/n6ecaf0a90dc9 ※2024年7月1日(月)9:00から受付開始
定員:各回50名 ご自身のスポーツバイクで参加していただける年齢18歳以上69歳以下の方
参加費:無料 ※食事代は自己負担
主催:スルガ銀行
共催:静岡県、富士宮市、富士市
運営:リンケージサイクリング株式会社、富士宮市、富士市、スルガ銀行

エントリーなどの詳細はこちらをチェックしよう。
スルガ銀行公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load