食前酒ならぬ、麺前酒!?麺の前に日本酒を頂く老舗うどん屋

“麺前酒”を堪能してから味わうコシの強い手打ちうどん“

1985年に大阪にオープンした『釜竹』が、東京に店を構えたのは10年前。明治43年に建てられた石蔵を改装した店は、建築家・隈研吾氏の手によって現在の姿になった。店内は趣ある重厚な雰囲気の座敷と、池のある庭を一望できるモダンなテーブル席で構成され、心地良い空間が広がる。
ここでは食事の前にいただく酒のことを〝食前酒〞ならぬ〝麺前 酒〞と呼ぶ。全国から厳選した酒は、有名どころの銘柄から珍しいものまで豊富に揃ううえ、常連客も新鮮な気持ちで楽しめるようにと、日本酒のメニューを2週間に一度変えるという細やかな心配りが嬉しい。

_dsc2540名物の手打ちうどんは、オーダーが入ってから伸ばして切る〝切り立て〞にこだわる。切り立ては麺の角がしっかり立ち、コシの強さがより引き立つ。看板メニューの「釜揚げうどん」も旨いが、驚くほどコシのある「ざるうどん」もおすすめ。特に細麺は、麺生地を伸ばして薄くする作業をさらに多く繰り返すため、強いコシが生まれる。ただしこの作業は注文後に行われるため、細麺にありつくには少々時間がかかることを覚悟しておこう。食後もまだ飲み足りないなら、近くにある系列店の日本酒バー『慶(よろこび)』へのハシゴもおすすめだ。
_dsc2540

DATA
『釜竹』(かまちく)
住所/東京都文京区根津 2-14-18
TEL/03-5815-4675
営業/11:30~14:00、17:30~21:00(L.O.20:30)、日曜 11:30~14:00、祝日 11:30~14:00、17:30~20:00(祝日の月曜日は休み)※うどんがなくなり次第終了
休み/月曜、日曜の夜

(出典: 日本酒のこころ

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

buono TOPへ

No more pages to load