こんな道具で料理を!? 調理器具だけじゃない『禁断の道具活用術』

皆さんは、料理をするときに様々な調理器具を使うだろう。包丁・まな板・鍋などキッチンや厨房にはお馴染みの調理器具がたくさん置かれている。でも、少し視点を変えてみて欲しい。料理をするのにお決まりの調理器具だけではつまらない、道具は厨房にあるものだけではない、発想を転換すればアレもコレも新しい使い方が見えてくるのだ。

今回は道具フェチと自他共に認める有名店シェフが普段料理に使うことがない道具を料理に活用する方法を教えてくれたので早速紹介しよう。

奇想天外な用途の変換! その根源に迫る

店&シェフjpg

「東急ハンズやドンキ・ホーテが好きですね。時間ができると見に行きます。この間も『何かに使えるんじゃないか』と、ヘアアイロンの前で1時間くらい見入ってしまいました(笑)」と語るのは、『エラン ヴィタール』の深作直歳シェフだ。どうやらイメージ先行で、実現させる道具を探すこともあれば、道具ありきで料理へと昇華させる場合もあるらしい。要は根っからの道具フェチなのだ。その目で選んだ多種多様な道具で、見事に美しい一皿を作り上げる。あっと驚くヒミツ道具を駆使して料理を仕上げる様はまるでドラえもんのようだ。さて、そんな深作シェフの四次元ポケットには、他に一体何が入っているのだろうか?

【陶芸用ロクロ】綺麗な螺旋を描いて、お手軽ソースデコ!

ロクロ1jpg

家庭で陶芸を製作する際に重宝する簡易的なロクロ。皿を乗せれば、プレートデコレーションも簡単に描くことができる。ロクロは、手頃なものなら2,000円前後で手に入る。

ロクロ2jpg

ロクロの上に、ロクロと同じくらい大きさの皿を乗せる。皿を乗せたまま何度か回して均一に回転することを確かめる。準備ができたら本番。皿を回しながら、チョコレートなど、好みのソースを入れたディスペンサーボトルで中心から外側に向けて少しずつずらしながら描いてゆく。

ロクロを使うことで、あっという間にプロ並みのプレートデコレーションが完成するのだ。

【アイロン】火入れを抑えて簡単に焼き目を付けよう!

アイロンjpg

たいていの場合、一家に一台はお持ちの衣料用アイロン。シャツやシーツのシワ伸ばしはもちろんだが、キッチンペーパーを「あて布」代わりに使えば、肉や魚の皮目に火入れをするアイテムに早替わり。微妙な火加減で肉自体の焼き加減を仕上げた料理で、皮だけパリッと香ばしくさせることができるのだ。

アイロン2jpg

肉や魚の身にお好みの火加減で調理を加えた後、皮目(火入れをしたい面)を上にしてキッチンペーパーを乗せる。その上から温めたアイロンを押し当てる。何度か焼き目を確認しながら好みの焼き加減に調整。ヤケドに注意しよう。

【スタンプ】押すだけで簡単に皿に絵付けできる!

スタンプjpg

紙に押す普通のスタンプは、少し粘度のあるソースをインクに見立てれば、皿の上にもかわいらしい形を浮かび上がらせることができる。上手くスタンプを押すには、あまり細かすぎないスタンプを選ぶのがポイント。

スタンプ2jpg

スタンプはインクとなるソースの粘度が大切。粘度が高過ぎても、低過ぎてもインクにはならず、火加減がとても難しい。何度が押してみて、ちょうど良い頃合いを見極める。たっぷり付けた最初の一押しも美しいが、だんだんインクがかすれていく様子も良い。

【水槽用エアポンプ】ボリュームのある泡をソースに活用できる!

ポンプ1jpg

ご存知、観賞魚のための水槽用エアポンプ。ブクブク空気を送るその特性を生かして、大豆レシチンなどを混ぜた調味料の中に入れれば、ボリューム感たっぷりの泡が完成する。「カリっと、サクサクに揚げられたフライや天ぷらに、水分の多いソースをかけることに、ぼくはちょっと抵抗がありまして。これならせっかくの食感も損なうことなく、ソースの問題が解決できます」と深作シェフは語ってくれた。

ポンプ2jpg

泡にしたい調味料と、卵白や大豆レシチンを軽く混ぜ合わせ、後はポンプのエアーストーンをボウルに入れてスイッチオン。数分でまるで洗剤のようなモコモコした泡が生まれる。大豆レシチンを加えることで、泡はしばらく消えることなく、形を保つ。サラリと水分の多いソースの場合は、泡立て器やハンドブレンダーがおすすめ。

道具にこだわる深作シェフが教える『禁断の道具活用術』。中には家庭でも取り入れることのできるものもある。深作シェフを見習って、自由なアイデアで料理を楽しんでみてほしい。

【DATA】
●エラン ヴィタール
住所:東京都渋谷区代々木1-20-4代々木ダイヤビル1F
電話番号:03-6300-9347
営業時間:12:00~23:00 完全予約制
定休日:不定休

●深作 直歳
茨城県生まれ。高校卒業後、和食、フレンチの店で研鑽を積む。2016年に北参道に『elan vital』をオープン。プロジェクションマッピングを取り入れるなど、独自の世界観を反映した料理で注目を集める。

(出典:『buono 2018年2月号』

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load