BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

最高の肉体験はスタイルのある店で手に入れる 鎌倉「萩原精肉店」

いま注目を集めているのは、一般的な精肉店とは一線を画す落ち着いたモダンな雰囲気の精肉店。
彼らの店づくりには、「どうせ買うなら洒落た店がいいから」なんて単純な理由ではない、食肉を提供することへの思いが詰まっている。
鎌倉のフーディーたちが信頼を寄せる萩原精肉店の “肉哲学” をのぞいてみよう。

モダンな店に審美眼と技術が詰まっている

シックなブラックの壁面にオレンジのロゴが目を惹く看板。

「食への意識が高い20代、30代のお客様も入りやすい精肉店を作りたかった」と話すのは、萩原精肉店の代表である斎藤菜穂子さん。創業60年を超える老舗精肉店をシックでモダンな店へと大胆にリニューアルさせたのは8年ほど前。これまでのショップの外観とはうって変わって落ち着きのある空間へと仕上がっている。

萩原精肉店の代表を務める斎藤菜穂子さん。歴史のある精肉店を新たなカタチで生まれ変わらせた立役者でもある。

神奈川県・鎌倉市。関東屈指の観光スポットとして知られるこの街は、年間を通し県外だけでなく、国内外を合わせると多くの観光客が訪れる。古くからこの土地は栄えていたために、旧家屋なども多く残され、いまでも国の指定重要文化財などが多く存在する情緒ある街。その鎌倉駅から徒歩1分。駅前のロ ータリーを挟んだ向かい側に萩原精肉店はある。モノトーンの外観に包まれ、一見、精肉店とは思えないほど洒落た空間。感度の高い人たちが集まるこの街に非常にマッチしている。

精肉店が作るチャーシュー。肩ロース、モモ肉の2種類があり、毎朝職人たちによって吊るし焼きされ、工場から直送される。
萩原精肉店のロースハムは本場ドイツで認められるほどの実力を持つ。

「厳選された和牛、黒豚、鶏肉を中心に幅広く取扱っています。うちでは良質な肉だけでなく、ロースハム、焼豚、ウィンナーなど加工品も人気商品なんです。すべて、平塚の自社工場で職人たちによって一点ずつ手 作りされているので安心して口にできるものばかりです。食への関心が高い時代だからこそショップの見せ方、そして提供する商品のクオリティが重要なのだと思っています」

職人歴60年、御年85歳の加藤寿昭氏。長年使用している筋切り包丁が本来の長さの4分の1ほどにすり減っているのが熟練の証だ。
精肉はオリジナルロゴがプリントされた紙袋に入れられる。
肉の文字がデザインされた萩原精肉店オリジナルの保冷バッグも。

和牛とろけタタキ by 萩原精肉店

最後に萩原精肉店から、内モモ肉の魅力を味わえるレシピを特別に教えていただいた。

自宅でも簡単に作れる牛肉のタタキ。肉はなるべく直方体に近い形の良い塊を選び、一面ずつ丁寧にじっくりと焼くことで肉汁を充分に閉じ込めジューシーな仕上がりとなる。香り付けのバター、冷やしの行程は丁寧に行ないたい。

材料(1〜2人分)

牛肉(内モモ)……350~400g
バター……適宜
氷水……肉が浸る程度

〈漬け込みダレ〉
醤油……50g
酒……20g

作り方

1 肉を漬け込みダレとともにビニール袋に入れ、空気を抜き冷蔵庫で1日ほど寝かす。

2 中火で一面ずつしっかりと焦げ目を付けながらバターで焼く。

3 肉を氷水で4〜5分ほど冷やす。

4 アルミホイルで肉を包み冷蔵庫で充分に冷やして出来上がり。

【DATA】
萩原精肉店
住所/神奈川県鎌倉市小町1-4-29
TEL/0467-22-1939
営業/9:30〜18:00
休み/日曜
オンラインストア/https://kamakura.hagiwara.store/

出典

SHARE

PROFILE

buono 編集部

buono 編集部

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

No more pages to load