BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ウェッジの選び方と最新おすすめクラブを徹底紹介

スコアに直結するショートゲームで使用することが多いウェッジ。フルショットとは異なり、スイングやフィーリングによる距離感が必要になり、トップやダフリといったミスショットも出やすくなる。特に芝の抵抗も大きくなる夏ゴルフでは、活躍する場面もより多くなることからショートゲームのストレスを軽減してくれる一本が重要になる。そこで、ウェッジの選び方を徹底紹介しよう。

教えてくれたのは 小暮博則プロ

1972年生まれ。PFGA代表。企業ゴルフコーチ。アメリカで最先端スイングを学び、ジュニアから一般アマチュア、プロまで幅広く指導をおこなう。新サイト「ゴルフ総合病院」内にて、オンラインゴルフレッスンも開始。

ウェッジ選びの基本

思わぬミスショットも出てしまうのがウェッジ。どのようなウェッジを選択すればストレスのないラウンドに繋がるのか自身の打ち方や目指すゴルフに合うソールやバウンスを見つけることが大事です。

やさしさ重視の幅広ソール

ソールが地面に当たる面積が広い幅広ソールは、アプローチではソールが芝の上を滑りやすく、バンカーでは砂に潜りにくいのが長所。幅広・ハイバウンスのウェッジは、打点のズレをカバーしてくれる寛容性の他にも、インパクトの衝撃を受けてもフェースの向きが変わりにくい特徴もあり、方向性が上がるソール形状でもある。

操作性の高い多面ソール

ウェッジに操作性を求めるプロの要望に応え、トゥやヒール部分、ソール後方などを大きく削った多面ソールは、フェースを開いたり、バウンスを操って球筋のコントロールを行う技巧派ゴルファーに合うソール形状。実際のバウンス効果は小さくなるので、インパクト付近では正確なヘッドコントロールも必要となる。

リーディングエッジ

クラブの機能任せでスイングしたいならスクエアに構えやすい直線的な形状。フェースを開きたいなら違和感のない丸みのある形状のリーディングエッジを選択したい。

バウンス角

クラブのシャフトを地面と垂直にした状態で、リーディングエッジとソール面が作る角度のことをいう。一般的には8度以下をローバウンス、10度以上をハイバウンスと呼ぶ。

幅広ソールのウエッジはアバウトに打ててミスに寛容

地面との設置面積が広くなる幅広ソールのウエッジは、ボールの手前にヘッドが落ちてしまっても、ソールが芝の上を滑ってくれるのでボールに直接コンタクトしなくても、大きなミスにならない寛容性がある。

ボールが浮きやすい夏ラフで効果を発揮

芝が元気で立っている夏ラフでは、ティーアップしているボール同様、ボールが浮いた状態になるケースが多くなる。つい力んで強く打ち込んでも、深く潜りにくい幅広ソールはボールにコンタクトしやすい。

降雨に多くなる柔らかいライ

降雨などで地面が柔らかいライではダフリは禁物。バンカーでのエクスプロージョンイメージでショットするのがポイントで、地面に潜りにくい幅広ソールが好結果に繋がる。

芝の抵抗が増す夏ラフは脱出優先

夏は芝の成長も旺盛となり、スイングの際にかかる抵抗も大きくなる。芝の上を滑りやすい特性の幅広ソールで、突き刺さりを抑制し、脱出優先を心掛ける。

おすすめの幅広ソールのウェッジ

テーラーメイド「ミルドグラインドハイ・トゥ ビッグフットウェッジ」

ビッグ&ワイドなソールの新コンセプトウェッジ。
素材:軟鉄[8620]
ロフト/バウンス角(°):58/15、60/15
シャフト:Dynamic Gold/N.S.PRO 950
価格:22,000円+税
※カスタムメイドクラブ限定アイテム
テーラーメイド ゴルフ

フォーティーン「DJ-4」

「W逆テーパーブレード」と「くぼみ構造」により、ヘッドの重量配分を最適化。打点がズレてもヘッドのブレを最小限に抑え、高い安定性を発揮。
素材:軟鉄[S20C]
ロフト/バウンス角(°):41/3、44/3、47/3、50/4、52/5、54/5、56/7、58/7、60/6
シャフト:N.S.PRO DS-91w/N.S.PRO TS-114w/FT-62w
価格:22,000円+税~
フォーティーン

クリーブランド「CFX ウエッジ」

クリアな打感を実現するゲルバックインサートを採用。あらゆるショットをシンプルにするロフト別ソールグラインド設計。
素材:SUS431ステンレス
ロフト/バウンス角(°):46/9、48/9、50/11、52/11、54/12、56/12、58/12
シャフト:Dynamic Gold 115/N.S.PRO 950GH/Diamana for CG
価格:15,000円+税~
クリーブランドゴルフ

キャロウェイ「SURE OUT 2 ウェッジ」

番手毎に最適化されたソール形状は、バンカーだけでなく、あらゆるライでやさしさを発揮。フェース全面の5Vグルーブが強烈なバックスピンを生み出す。
素材:17-4ステンレス
ロフト角(°):56、58、60、64
バウンス角(°):非公表
シャフト:N.S.PRO 950 GH(S)
価格:20,000円+税~
キャロウェイゴルフ

バリエーション豊富なウェッジは目的を明確にして選ぶ

飛び系のアイアンセットが主流となり、使っているピッチングウェッジとサンドウェッジの間を埋めるロフト角のクラブが必要なゴルファーも多くなっている。ロフト、ソールともにバリエーション豊富なモデルが、その問題を解決する。

プレースタイルに合わせたソール形状を選択

フェースを開いてもリーディングエッジが浮かないようにソールを削った左の形状はテクニックを駆使したいゴルファーに合い、削りが少なくバウンス効果の高い右のソール形状は、オートマチックにクラブを使いたいゴルファーに合う。

同一モデルによるセッティングの優位性

PWのロフト角が立っている傾向となり、46度や50度などのウェッジが、求める距離を打つクラブとして必要な存在に。複数本のウェッジセッティングが重要となる中、違和感の無い同一モデルで揃えられる優位性は強い武器になる。

ローバウンス、ハイバウンスどんなゴルファーにマッチする?

ローバウンス(バウンス角が4~8度程度)のウェッジは、ヘッドが小振りでストレートネックのモデルが多く、ボールを左足寄りに置いてショットするタイプのゴルファーにマッチします。フェースの開閉が多いスイングで球筋を操りたいゴルファー、あまりハンドファーストに構えないゴルファーにマッチするとも言えます。逆にハンドファーストが強いゴルファーにマッチするのがハイバウンス(バウンス角が10~14度程度)で、ソールが広いモデルやグースネックのモデルが多く、フェースを開かずストレートにテイクバックするスイングタイプと相性が良くなります。ダフリのミスが多い人やバンカーショットで飛距離が出ないという人にもおすすめです。

おすすめのバリエーション豊富なウェッジ

タイトリスト「SM8」

重心を打点に合わせることで、弾道と飛距離のコントロール性能を高めるプログレッシブCGデザインが進化し、インパクトの安定性が向上。豊富なグラインドバリエーションで、あらゆるゴルファーに対応する。

※ウェッジのソールは特別な形状のため、ソールのバウンスが実際に機能するバウンス角(実効バウンス角)を表示しています。

素材:軟鉄
シャフト:Dynamic Gold/N.S.PRO 950GH neo/N.S.PROMODUS3 TOUR 105
価格:24,000円+税
タイトリスト

ピン「グライド 3.0 ウェッジ」

3代目の今作では、54度~60度で従来より溝を1本増加。あらゆる状況で高いスピン性能を発揮する。ソールタイプは4種類から選択可能。

※カスタムフィッティングにより調整するため、ロフト角、クラブ長は標準仕様の数値。ライ角はスタンダード(ブラック)の数値です。

素材:431ステンレススチール
シャフト:ZZ115(ウェッジ専用シャフト)/N.S.PRO MODUS3 TOUR 105/N.S.PRO 950GH neo/DG EX TOUR ISSUE
価格:22,000円+税~
ピン

ウェッジの馴染みを加速させる3つの改善ポイント

熟考した選んだウェッジでも、やはり使い慣れたものと比べると「あれ?」と思うことがあるのは当然。そこで、その違和感を調整するためのコツをご紹介しましょう。

ヘッド形状で距離感を改善

各メーカーから発売されるウェッジはロフト角が一緒でも打ってみると飛距離は様々。ウェッジを買い替えた途端に距離感が合わなくなった場合にはヘッド形状を再確認しよう。

オーバーするミスが多いならローバウンス

バウンス角が大きいほどインパクトでソールが跳ねてロフトが立つため、同じロフト角でもバウンス角の小さいローバウンスを選ぶことで、前に飛びにくくなりオーバーが減る。

ショートするミスが多いならグースネック

ネックの左側面延長線上からリーディングエッジが飛球線後方に下がった形状のため、イメージよりも若干遅れてインパクトを迎える。その結果、球がつかまり飛距離が出る。

アプローチのボール右足前は要注意

アプローチのボールポジションは右足前が基本という教えではグースネックやハイバウンスのウェッジは機能性を発揮してくれますがプロが好むストレートネックのウェッジは少し注意が必要です。

ザックリが起きるワケ

ストレートネックのウェッジを使用し、右足前にボールをセットするというゴルファーは多いですが、フェースが立ちリーディングエッジが鋭角に刺さりやすくなるため、ザックリのミスが起こりやすい。

対処法は?「フェースを開いてザックリ予防」

どうしても右足前にボールを置きたいゴルファーは、リーディングエッジの引っ掛かりを防ぐため、フェースを少し開き、バウンスが効果を発揮するセットアップと緩やかな入射軌道を意識する。

グリップ交換でお手軽チューンナップ

ウェッジの買い替えやリシャフトには熟考も必要。そこで、使用中のウェッジに愛着のある方でも違和感を感じづらい簡単チューンナップとしてグリップ交換も効果ありです。

重いグリップでカウンター効果発揮

ヘッドが重すぎるクラブでは上からヘッドが落ちるミスが多く、カウンター効果でシャロー軌道に修正するのが◎。

テーパーレス形状で“悪さ”を抑制

グリップ下部も太いグリップはアプローチなどでクラブを短く持っても違和感が少なく、悪さをする右手の動きも抑制。

太目グリップでミート率アップ

一般的なグリップに比べ全体的に太目のグリップはヘッドが走りにくくなる半面、ミート率と方向性が向上する。

それでもウェッジが苦手なら“チッパー”で気軽に寄せる

ウェッジのアプローチに苦手意識が強いゴルファーには“チッパー”という選択肢も。確実にヒットできるパター同様の長さで、ショートアイアンのアプローチのようにキャリーが出るので芝の抵抗を避けてグリーンへ。ゴルフを簡単にするなら試す価値ありだ。

パターと同じ長さなので、確実にボールをヒットすることができてボールの勢いも弱くなりにくい。グリーン周辺20ヤード圏内で効果的なクラブだ。

クリーブランド「スマートソール 4 TYPE-C」

前作から進化したソール形状でミスを減らし、カップインを狙うチップショットも簡単に。打点のばらつきに強いキャビティ構造。
素材:SUS431ステンレス
ロフト角(°):42
バウンス角(°):4
長さ(インチ):34
価格:13,000円+税~
クリーブランドゴルフ

キャスコ「DRW-119」

ソール幅の広さを変化させた独特な形状の「ドルフィンウェーブソール」が、あらゆる場面で自然な抜けを実現。ロフト角39°はキャリー1:ラン3、59°ではキャリー1:ラン1の弾道イメージ。
素材:軟鉄
ロフト角(°):39/±0、55/±0
長さ(インチ):33、34
価格:18,000円+税~
キャスコ

キャロウェイ「エグザクト タンク」

革新的なパターを生み出す「オデッセイ」のアプローチパター。アプローチの苦手なゴルファーがパッティング感覚で、やさしく寄せられる。
素材:ステンレススチール
ロフト角(°):37
ライ角(°):70
長さ(インチ):34.5
価格:20,000円+税~
キャロウェイゴルフ

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load