BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ウェッジ 最新ランキング(2020-2021年)&選び方やおすすめクラブを徹底紹介

PAGE
5 / 8

豊富なバリエーションの利点とおすすめウエッジ

飛び系のアイアンセットが主流となり、使っているピッチングウェッジとサンドウェッジの間を埋めるロフト角のクラブが必要なゴルファーも多くなっている。ロフト、ソールともにバリエーション豊富なモデルが、その問題を解決する。

プレースタイルに合わせたソール形状を選択

フェースを開いてもリーディングエッジが浮かないようにソールを削った左の形状はテクニックを駆使したいゴルファーに合い、削りが少なくバウンス効果の高い右のソール形状は、オートマチックにクラブを使いたいゴルファーに合う。

同一モデルによるセッティングの優位性

PWのロフト角が立っている傾向となり、46度や50度などのウェッジが、求める距離を打つクラブとして必要な存在に。複数本のウェッジセッティングが重要となる中、違和感の無い同一モデルで揃えられる優位性は強い武器になる。

ローバウンス、ハイバウンスどんなゴルファーにマッチする?

ローバウンス(バウンス角が4~8度程度)のウェッジは、ヘッドが小振りでストレートネックのモデルが多く、ボールを左足寄りに置いてショットするタイプのゴルファーにマッチします。フェースの開閉が多いスイングで球筋を操りたいゴルファー、あまりハンドファーストに構えないゴルファーにマッチするとも言えます。逆にハンドファーストが強いゴルファーにマッチするのがハイバウンス(バウンス角が10~14度程度)で、ソールが広いモデルやグースネックのモデルが多く、フェースを開かずストレートにテイクバックするスイングタイプと相性が良くなります。ダフリのミスが多い人やバンカーショットで飛距離が出ないという人にもおすすめです。

タイトリスト「SM8」

重心を打点に合わせることで、弾道と飛距離のコントロール性能を高めるプログレッシブCGデザインが進化し、インパクトの安定性が向上。豊富なグラインドバリエーションで、あらゆるゴルファーに対応する。

※ウェッジのソールは特別な形状のため、ソールのバウンスが実際に機能するバウンス角(実効バウンス角)を表示しています。

素材:軟鉄
シャフト:Dynamic Gold/N.S.PRO 950GH neo/N.S.PROMODUS3 TOUR 105
価格:24,000円+税
タイトリスト

ピン「グライド 3.0 ウェッジ」

3代目の今作では、54度~60度で従来より溝を1本増加。あらゆる状況で高いスピン性能を発揮する。ソールタイプは4種類から選択可能。

※カスタムフィッティングにより調整するため、ロフト角、クラブ長は標準仕様の数値。ライ角はスタンダード(ブラック)の数値です。

素材:431ステンレススチール
シャフト:ZZ115(ウェッジ専用シャフト)/N.S.PRO MODUS3 TOUR 105/N.S.PRO 950GH neo/DG EX TOUR ISSUE
価格:22,000円+税~
ピン

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load