BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

アプローチの基本から打ち方、種類などしっかり寄せるワザとコツ

スコアメイクにおいて大切なアプローチ。実際にコースに出るとわかるが、グリーン周りには様々な状況が待ち受けている。グリーン周りのアプローチで約7割を占めるラフ、意外に苦手としている人が多い花道、傾斜もバラバラ。ボールを低く転がして寄せたい場面もあれば、バンカー越えなどボールを高く上げたい場面もある。

これらの様々な状況に対応することが、スコアメイクには重要になってくる。そこで、アプローチショットの基本からすぐに使えるテクニック、グリーン周りの状況に応じた対応方法など、アプローチショットについて想定できる場面ごとに対処法ご紹介。スコアがうまくまとまらない……、と悩んでいるゴルファーの皆さんに役立つ、簡単ですぐに使えるテクニックなので、ぜひお試しを。

花道からのアプローチの基本

まずは花道からのアプローチの基本をご紹介。何事も基本が大切なのは分かっていても、経験を重ねるごとに自分流のクセが加わってしまうことも……。そこで、今一度アドレスから、インパクトのタイミング、体の動きなどを見直してみよう。

締まったアドレスを作るために、左手を上からセットしてワキを締める

まずはアドレスの段階でダフリやトップが出にくい構えを作ることが重要。ライが良い時ほどきれいにヘッドを入れようとして、その結果、インパクトで合わせにいって緩んでしまうことが多くなる。緩まないインパクトを作るためには左ワキを締めて構えると良い。アドレスの時に左腕を胸の上にのせるようにして上からセットすると、締まったアドレスを作ることができる。体と腕に一体感があるアドレスが理想だ。

アプローチの振り幅は「4:6」が基本。テークバックよりもフォローを大きく。

インパクトで緩まないようにするためのコツは、テークバックよりもフォローを大きくすること。アプローチの振り幅は5対5だと思っている人が多いが、それではインパクトで緩みやすくなる。インパクトはヘッドが加速しながら迎える必要があり、そのためにはフォロー側を大きくすると良い。振り幅の割合は、テークバック4に対してフォローが6くらいのイメージだ。

手打ちを防ぐには肩と腰のラインの傾きを揃えれば安定感が増す

手先でボールに当てにいった時に出る間違った動きの典型が、肩のラインと腰のラインがバラバラになること。こうなると、仮にうまくボールにヒットできたとしてもスピン量が安定しないため、距離感が合いにくくなる。基本となるピッチ&ランでキャリーと転がりを安定させるには、肩と腰のラインを常に平行に保ちたい。これにより体の回転で打てるようになる。

▼もっと花道からのアプローチの基本を見てみる

アプローチでしっかり寄せる打ち方とコツ|花道からのアプローチの基本

アプローチでしっかり寄せる打ち方とコツ|花道からのアプローチの基本

2020年06月03日

左足上がりの花道からのアプローチのコツ

次に左足上がりの花道からのアプローチのコツをご紹介。花道はやや左足上がりになっていることが多く、慣れない体勢からのショットだけに、変なところに力が入ったり、ミスショットを誘発することも……。そこで、そんなミスを防ぐために気を付けたいポイントはコレ。

傾斜に逆らわずに立つ

傾斜に逆らうように立ってしまうと、ヘッドが上からガツンと入りやすくなり、飛んだり飛ばなかったりというミスが起こる。左足上がりは傾斜なりに構えるのが正解。自然に右足体重になるはずで、そのままの状態でスイングしよう。無理にボールを上げようとしなくても、傾斜なりに打てばナチュラルに上がってくれる。

スタンスの位置で球筋に変化。ピン手前ならボールは左足寄り、ピン奥なら右足寄りに置く

ピン位置はエッジから近かったり遠かったりと様々だが、打ち方を変えるのではなくボール位置で球筋を変えよう。例えばピンが近くて、ふわりと柔かいボールを打ちたい時はスタンス中央よりも左足寄りに置く。逆に球足を長くしたい時は、右足寄りにボールを置いて出球の高さを抑える。基本的に振り方は変えずに、傾斜なりに構えて傾斜なりに振っていくだけだ。左に置くほど飛ばなくなることを把握しておこう。

▼もっと左足上がりの花道からのアプローチの基本を見てみる

アプローチでしっかり寄せる打ち方とコツ|左足上がりの花道

アプローチでしっかり寄せる打ち方とコツ|左足上がりの花道

2020年06月06日

ピッチエンドラン&ランニングアプローチの基本

ピッチエンドランとランニングアプローチで思い通りの軌道を描いてくれないと悩むゴルファーも多いハズ。どのあたりに落として、どのくらい転がして、どういうラインを狙うのか? そのあたりを整理する方法をご紹介しましょう。

ラインは1本の線ではなく幅のあるレールでイメージする

転がしのアプローチをする時のコツとして、ラインを1本の細い線で考えるのではなく、ある程度の幅を持たせたレールで考えると良い。1本のラインにのせようとすると力んでミスにつながるからだ。ある程度の幅を持たせておくと気持ちにも余裕ができる。プロがチップインを簡単にやっているように見えるのは、ラインに余裕を持たせているからだ。

パッティングと同じように手元を低く動かす

転がしのアプローチが上手くできない人は、上から打ち込んだり、ロフトを立てようとしたりしがち。それよりも、8番アイアンや9番アイアンでパッティングをするように打つほうが簡単だ。今回はウェッジを使用しているが、ウェッジでもボール位置を変えるだけで、基本的にはパッティングのストロークと同じように低く長く動かすだけで良い。

ボールをどこに落としたいのかを最初に決めておく

ピッチエンドランで打つ時もランを使う時も最初にボールを落とし場所をイメージしたい。ピッチエンドランの場合は、キャリーとランの割合は大体キャリー6に対してラン4くらいのイメージだ。5対5ではなく少しキャリーを多めに設定しておこう。ランを使う場合の注意点は、想像しているよりもかなり近い場所にファーストバウンドを設定すること。中途半端にキャリーを出さず、できるだけ近いところに落とそう。

落としたい場所だけを意識しながら打つ

ランニングアプローチでどうしてもオーバーしてしまうというゴルファーは多い。理由は、きちんとボールの落とし場所をイメージしているにも関わらず、意識がピンを向いてしまっているからだ。そうすると、思っているところよりも遠くにボールが落ちてしまう。落とし場所をイメージしたら、そこに目線を向けて、そこだけに集中してスイングしよう。また、目線を低くしておくことで体の起き上がりを防ぐ効果もある。

▼もっとピッチエンドラン&ランニングアプローチのテクニックを見てみる

アプローチでしっかり寄せる打ち方とコツ|花道からのピッチエンドランとランニングアプローチ

アプローチでしっかり寄せる打ち方とコツ|花道からのピッチエンドランとランニングアプローチ

2020年06月08日

ラフからのアプローチの基本

グリーン周りのアプローチのおよそ7割はラフから打つことになる。しかし、ラフはスピンの入り方が予測しにくく、ボールの飛び方も読みにくい。きれいに刈り込まれた花道とは違ったコツや気を付けたいポイントがあるので、今一度チェックして苦手を得意に変えよう!

フェースとボールの間の芝の量を確認する

意外とやらないのがボールとフェースの間にどれくらいの芝が挟まっているかをチェックすること。プロは簡単に打っているように見えて、打つ前にしっかり芝の状態をチェックしている。1本でも芝が挟まればスピンの入り方に影響するからだ。あとはボールがどれくらい浮いているかのチェックも重要だ。ボールが動かないように慎重にボールの状態を確認する習慣をつけよう。

ハンドレートでアドレスすると驚くほどスムーズに

ラフから打つ時はヘッドが芝に絡みつきやすい。それによってフェースが返って引っ掛けが出やすい。ハンドファーストに構えるとリーディングエッジから入って余計に絡みやすくなるので、アドレスはハンドレートが正解だ。手元を後ろにしてヘッドを前に出しておくだけで、インパクゾーンでヘッドは走りやすくなる。実際に構えを変えてやってみると、抵抗感なく振り切れることに驚くはず。

両腕の五角形をキープして振るとラフに当り負けない

ラフからのアプローチはヘッドをいかに走らせるかがポイント。そのためには腕から下を柔らかく使う必要がある。そこで腕を五角形にしてスイングしてみよう。左ヒジを抜く動きも融合されるので、インパクトで詰まる感じがなくなる。また、インパクトゾーンがストレートになるので、フェースの向きが変わりにくくなって方向性が良くなるというメリットもある。

▼もっとラフからのアプローチの基本を見てみる

アプローチでしっかり寄せる打ち方とコツ|ラフからのアプローチの基本

アプローチでしっかり寄せる打ち方とコツ|ラフからのアプローチの基本

2020年06月10日

左足下がりのラフからのアプローチの基本

距離感を間違えたり、フライヤーしたりしてグリーンオーバーした時に残るのがラフからの左足下がりだ。不安定な姿勢からのアプローチは、平たんなラフからよりもダフリなどのミスが起きやすい。そこで、構えの際の体重の掛け方や、フェースの角度、スイングのコツなど、苦手としていることが多い左足下がりのラフからのアプローチのコツをご紹介しよう。

左足下がりのライは10対0の左足体重で構える

ボールを止めることはほぼ不可能な状態でできるだけボールの勢いを抑えるには、傾斜なりにヘッドを低く出す必要がある。少しでもボールを上げようとすると、右足に体重が移って手前をダフリやすくなる。体重配分はアドレスからフィニッシュまで左足にかけた状態にしておこう。

フェースを開けば最低限の高さは出せる

左足下がりで傾斜なりに構えるとフェースは自然と被りやすくなる。ラフからはさらに引っかかりやすいため、フェースはあらかじめ開いて構えておこう。開いたフェースをスイング中に閉じる動きは必要ない。開いたままの状態でフォローまで振り抜くのだ。ボールの高さは打ち方ではなく、フェースを開いた分だけ上がってくれるという意識をもとう。ソールから着地させるイメージが良い。

インパクトから先で右肩を下げる<

傾斜なりに振ることを意識していても、どうしもてボールを上げたくなるのがゴルファー心理だ。そこでお勧めしたいのが、ダウンスイングからフォローにかけて、右肩を意図的に下に下げるように動かすこと。こうすると前傾角度が深くなり、体が起き上がろうとする動きを防いでくれる。左足下がりからはこれくらい極端な体の動きをイメージするほうがショットの成功率が上がる。

▼もっと左足下がりのラフからのアプローチの基本を見てみる

アプローチでしっかり寄せる打ち方とコツ|ラフからのアプローチの基本

アプローチでしっかり寄せる打ち方とコツ|ラフからのアプローチの基本

2020年06月10日

教えてくれたのは西村至央コーチ

1977年生まれ。専修大学出身。ミライズゴルフアカデミー主宰。神奈川県を中心にレッスン活動を展開。ビギナーからトッププロまで様々なゴルファーの悩みに対し、わかりやすく指導してくれると高い評価を得ている。

あれ!?と思ったら確認しよう! ゴルフ用語集

今回ご紹介したアプローチの記事の中に出てきたゴルフ用語集。知っている人は確認用に、ぼんやり知っていた人はこの機会に、もう一度正しくゴルフ用語を復習してみよう。

アドレス

ボールを打つ前に構えること。スタンスの位置を決め、クラブをソールした時に、アドレスしたとみなされる。

インパクト

クラブのヘッドがボールに当たる瞬間のこと。

ダウンスイング

スイングでトップの状態からクラブを振り下ろす動作。

ダフる

ショットした時にクラブがボールの手前をたたいてしまうこと。飛距離は出ない。

ピッチエンドラン

アプローチで途中まではボールをキャリーさせて、落下してからは転がるという打ち方。バンカーや池越えの場面で有効。

フェース

クラブの打球面。

ランニングアプローチ

転がして寄せるアプローチショットのこと。

▼練習に役立つ!ゴルフ用語集はこちら

レッスンにも役立つ!初心者のためのゴルフ用語集

レッスンにも役立つ!初心者のためのゴルフ用語集

2019年05月05日

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load