BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

自分に合うカラーは? ゴルファー必見のカラーボール色彩効果

コースでの視認性やファッション性の高さからここ数年で一気にゴルファーの使用率が上がったカラーボール。そのカラフルな色彩が、知らぬ間に身体に及ぼす影響を利用して脳科学的視点からプラス効果にしませんか?

教えてくれた人 松澤亜希子さん

ゴルフコーチ/メンタルトレーナー
効率の良い身体とクラブの動きを伝え、短期間で飛距離アップする感覚を実感できるレッスンを得意とする。脳科学の分野にも精通し、メンタルコーチとしても多岐にわたって活躍。

カラーボールを活用してプレッシャーを緩和

パフォーマンスを発揮するのに、良い脳の状態として、よく取り上げられるのが「ゾーン」と「フロー」。まず、ゾーンは突発的で再現性がないものの、時に人智を超えた爆発的な力を発揮することがあります。対してフローは、1970年にチクセントミハイ博士が提唱した心理状態で、誰でも簡単に、心地よくリラックスした状態で、パフォーマンスを楽しめる状態をさし、意図して再現できる心の状態のこと。

例えば、心地よく会話を楽しみながらプレーしているのに、パッティングのラインが見えたり、次のショットのイメージが勝手に沸くというような状態です。これは、思考が邪魔をしていない状態で、イメージでいうとプラス思考でもなく、マイナス思考でもない、直観力に優れ、自分を信じてプレーしている状態です。ビッグスコアではないけれどスコアを更新できたり、気持ちよくナイスショットが打てる状態がそれにあたります。

この状態を作るのに、よく勧められるのが「ルーティン」ですが、それとは別に“好き” “お気に入り”という感覚も、脳波を整えるキーワードとなります。人は自然と好きなものを考えると、ホッとするような嬉しいような気持ちになりますが、それがフロー状態です。実は、このフロー状態は、ボールのカラーだけでも作ることができるのです。

毎ショットごとに、かしこまった義務のように、ルーティンをやるのもストレス! というゴルファーは、好きな色のカラーボールを使用してプレーする方が効果的といえます。ついつい力が入ってしまったミスショットの後や、プレッシャーのかかるティショットの場面などでは、好きな色のカラーボールを見るだけで心が和み、自然と高いパフォーマンスに繋がるお守りになってくれる効果が期待できます。

カラーバリエーションも豊富となったカラーボールの中から、一般的であろう六色をピックアップし、それぞれの色が持つ特性を紹介しますので、ボール選びの参考にしてください。

カラーボールがメンタルに影響を与えるワケ

物を見た際に眼から入った情報は、いち早くそのまま脳へと届けられ、色を見たときには、眼から脳の視床下部という部位に情報が伝達される。この視床下部は、人の自律神経や本能を司る部分なので、入ってきた色の情報の刺激によりゴルファーの心理状態に影響や変化をおよぼすことが考えられる。

昨今の“飛ぶ! 止まる!” といったボールも、ゴルファーのメンタルコンディションが良い状態でなければ、その機能や効果を発揮することは難しい。スコアアップにもつながるメンタルコンディションを整えるうえで、色とりどりのカラーを選択することが可能になったいま、カラーボールを使用することは、楽しく簡単で、非常に有効な手段となる。

トレンドを生んだカラーボール界の雄

カラーボールは初心者が使うもの、というイメージを払拭した、世界初、マット仕上げの蛍光カラーボール「Volvik」の『VIVID』。常識を覆す鮮やかなビビッドカラーで、現在の“カラーボール” というカテゴリーを確立。2020年5月より3本線アライメントにリニューアルして登場! 4,900円+税
問:FDR カスタマーサービス(0120-000-813)
Volvik 公式サイト

カラーによる脳への影響

ORANGE

毎朝飲んでいるオレンジジュースを見ただけで、なぜか元気になるという人もいるように、オレンジ色にはパワーと気力を引き出し、脳をリフレッシュさせる効果がある。また、交感神経が刺激され、血圧、脈拍、呼吸数を高める効果により、身体も活発に。インシュリンが分泌され血糖値が安定し、気分を前向きにする効果もある。

色の持つ効果
・筋肉の緊張をほぐす
・血糖値が安定する
・元気になり気分が活発に

こんなゴルファーにオススメ
スコアアップもしたいけど、とにかくゴルフそのものを楽しみたい。元気に楽しくプレーをしたいというゴルファーに!

RED

赤色が目に入ると、知覚や感覚的な感性をつかさどる右脳が活性化された状態になる。覚醒状態や興奮状態に促す効果もあるため、怒りの感情も活性化しやすくなるので、短気なゴルファーは、怒りの感情をコントロールしにくくなったり、ショットが不調な時などには、地に足のつかないプレーになりやすくなる可能性もある。

色の持つ効果
・積極性や熱意が増す
・素早い行動や決断力を促す
・時間の経過を早く感じる

こんなゴルファーにオススメ
ゴルフに対する自信もついてきたこところで、もう一段のレベルアップを目指し、スコアを伸ばしたいゴルファーにオススメ。

YELLOW

黄色を見たときの脳の反応は、左脳が活性化したときに起こりやすい反応と類似する。理論的思考を司る左脳の活性化は、計算的で冷静な分析が行いやすい点がメリット。また、黄色は交感神経を刺激して、明るく元気にヤル気をアップしてくれる効果も。

色の持つ効果
・筋肉の緊張をほぐす
・血糖値が安定する効果
・元気になり気分が活発に

こんなゴルファーにオススメ
人見知りの性格や、とにかく緊張してしまうゴルファー、しっかりスコアメイクをしていきたいゴルファーに効果あり。

GREEN

緑色を見ると、脳が自然とアルファ波状態になり、ストレスを軽減する役割を果たすβ-エンドルフィンというホルモンが脳内に分泌される。また、アセチルコリン放出によるリラックス効果、記憶力も向上。このリラックス効果は、原始時代から自然の中で暮らしてきた人間のDNAに「緑」が刻まれたものだという研究結果もある。

色の持つ効果
・リラックス効果
・血圧低下、神経興奮を鎮める
・ストレスで壊れた細胞を活性

こんなゴルファーにオススメ
自身のミスショットにすぐにカッとなりがちなゴルファー。緊張しやすくリラックスしてショットをしたいゴルファーにもオススメ。

PINK

レディスゴルファーが好むとされるピンクは、脳科学的にもエストロゲンという女性ホルモンと交感神経を活性化させて美しさと若々しさを保つため、アンチエイジングに効果的。β‐エンドルフィン(幸福感、鎮静作用)やドーパミン(やる気、快感)が出る効果もある。また、淡いピンクは筋肉の緊張の緩和を促進する。

色の持つ効果
・幸福な気分になる
・愛情、思いやりをもたらす
・脳を活性化させる

こんなゴルファーにオススメ
自身も幸福感に溢れてプレーを楽しみつつ、皆で和気あいあいとお洒落にゴルフを楽しみたいと願うゴルファーに。

BLUE

青色を見たときの脳の状態は、右脳、左脳が両方バランスよく活性化したときの反応状態に類似する。つまり、知覚や感覚、感性といった面と、思考や論理、数字的な面の効果という両方のバランスが取りやすい状態になる。セロトニンというホルモンも分泌されることで、気持ちの安定にも繋がる。

色の持つ効果
・集中力や思考力がアップ
・冷静さや思慮深さを促す
・不安を和らげる

こんなゴルファーにオススメ
朝一のティーショットでミスショットすることが多く、苦手意識のあるゴルファー。また、競技志向の強いゴルファーにもオススメ。

これでスコアアップ! カラーとゴルフの新常識

色の濃淡による心理的な違い

色の濃淡の違いによっても色彩効果に変化が現われるので、カラーボールを選ぶ際のワンポイントとして押さえておくと良いだろう。色の濃いボールは、ショットに集中できる効果があるので、より集中力が高まる可能性が期待できる。一方、淡い色のボールには、心を落ち着かせる効果がある。カラーボールに抵抗のあるゴルファーは、淡い色から使用し効果を期待しつつプレーすれば、カラーボールへの抵抗が徐々になくなり楽しめる。
(左)マット仕上げに代表される鮮やかな発色で、目に映る色味の濃い。
(右)ボール表面のカバーに透明感があったり、白色に近い薄い色味のボール

新しい刺激がリフレッシュに効果的

今日はどうしても気乗りしない、元気が出ないというラウンド時に、カラーボールで楽しむのは非常によい活用法。無理に好きでもない色を使用するよりは、好みの色を選択する方が、より効果的となる。日頃のストレス解消にゴルフを楽しむというゴルファーは、ストレスにより、脳の前頭前野が萎縮してしまっている。そこで使ったことのないビビットなカラーボールでラウンドしてみれば、それが脳にとっては新しい刺激となり、新たな回路が構築されるので、リフレッシュ効果も期待できる。

季節によってカラーの使い分けも有効!?

オレンジ、レッド、イエローなどの暖色系は、暖かさを感じるだけでなく、実際の体温にも影響し、体温を上げる効果があるので、寒い季節などに使用するのも効果的。反対に気温が上がり、暑さの中でラウンドする夏ゴルフに向けては、寒色の代表色で精神状態を整える効果もあり、清涼感のあるブルーのボールを使用してみるのもオススメ。

カバーの光沢有りにも効果あり

物体表面の光沢感は、霊長類だけが認識できるといわれている不思議な質感。素材にツヤのあるカバーやラメ入りのカバーなど、キラキラしたもの(光沢)は「多幸感」を与える効果があり、気持ちを瞬時に切り替えるという点で、大きな効果が期待できる。キラキラ好きが多いイメージの女性だけでなく、男性にとっても光沢感はリフレッシュ効果を生みやすい。
(左)光沢有り:一般的にボールに採用されることの多い、光沢のあるカバーを使用したボール。
(右)光沢無し:光の反射を抑制した質感が特徴的なカバーを使用したマット仕上げボール。

色選びに迷ったらマルチカラーセットがおすすめ

TaylorMade DISTANCE+SOFT MULTI COLOR

視認性に優れた4色のネオンカラーを3球づつ1パックに。ソフトコアが高い反発力と高初速、低スピンを実現。UV耐性に優れ変色しにくいマット仕上げ。オープン価格。
問:テーラーメイド ゴルフ カスタマーサービスコール(0120-558-562)
テーラーメイド 公式サイト

VolvikVIVID LITE4pc Pack

人気の『VIVID』を軽量化した理想のウェイト設計と淡いシャーベットカラーとの相乗効果で、見ためにも軽さと優しさを感じられるカラーリングが特徴。気になる4色を1球づつ1パックに。2,000円+税
問:FDR カスタマーサービス(0120-000-813)
Volvik 公式サイト

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load