BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

手持ちのパターでも中尺・長尺のメリットを享受できる!「プロに学ぶパッティング術」

同プロゴルファーのパッティングを見ると様々な工夫をしており、その中にはアマチュアゴルファーにも役に立つものがいっぱい。今回は、人気が高まっている中尺パターと、アンカリングの禁止以降も使用される長尺パターに注目。それぞれのイメージを通常のパター使用時にも取り入れることで、ストロークの安定性を向上できます。

【中尺】左腕とパターが一体化したイメージで打つ

左腕とクラブが一本の棒のようなイメージで打てるアームロック。手持ちのパターのグリップを左腕につけて、空中でヘッドを動かしてみると左腕とクラブが一体化し、肩を支点とした直線的な軌道のストロークをイメージできる。

【Check!】ブライソン・デシャンボー(Bryson DeChambeau)

データを重視し、合理的なゴルフ観から「ゴルフの科学者」とも呼ばれるブライソン・デシャンボー。アームロック式のスタイルは、そんな彼が取り入れたことから注目が集まっている。

【長尺】胸からパターが生えているイメージで打つ

胸にパターをつけて、胸の面を入れ替えるようにヘッドを動かしてみよう。手先ではなく、体と同調してパターを動かす感覚が分かる。実際にパッティングをする際も、仮想のグリップエンドをイメージしてストロークしても良い。

【Check!】アダム・スコット(Adam Scott)

グリップエンドや前腕を体につけるアンカリングが禁止になった影響で低迷し、一時はパターを変更。しかし、ノンアンカリングスタイルの長尺パターで見事な復活を遂げた。

解説してくれた人:吉田洋一郎(スイングコンサルタント)

欧米のツアー会場にも足を運んで選手・コーチの取材を行っている。これまで現場で様々なパッテイングスタイルを直接見てきた経験から本記事を解説。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load