BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

飛ばすためにヘッドを大きく動かす練習ドリル【飛ばせるスイングの基本】

ドラコンプロといえば飛ばしのプロフェッショナルだが、安楽拓也の理論はひと味もふた味も違う。安楽によれば、ゴルフのスイングは手品と同じで、タネを明かせば誰でも飛距離を伸ばせるという。手首の動きを抑えるスイングもあるが、飛ばすためには手首の動きが必要だというのが安楽の持論だ。

スイング中に手首の動きは絶対に必要だ

スイングの仕組みを覚える上で重要になるのが手首の動きだと安楽は話す。

「最近は手首の動きを抑えたまま振る考え方が流行っていますが、そもそもゴルフのスイング、特に飛ばすために必要なことはヘッドの運動量を多くすることです。そのために必要なのが手首の動き。クラブを逆さに持ってできるだけ速く振ろうとしたら必ず手首を使いますよね。体自体の動きを小さくしてクラブの運動量を上げるには、手首の動きがマストです」(安楽)

逆さ素振りで実感しよう

速く動かす必要があるのはクラブの最も先端部分。そこをいかに速く動かすかを体に覚えるには逆さ素振りが良い。

手首を使わない打ち方も間違いではないが……体の回転力が必要です!

フェース面をシャットに使って体の回転でスクエアに戻す打ち方は、体の回転力が無ければ飛ばすことが難しい。

 

教えてくれた人:安楽拓也

あんらくたくや。1970 年生まれ。日本を代表するドラコンプロであり、ツアープロのコーチを務めるなどその指導力は高い評価を得ている。2019年は「第6 回JPDA 全日本決勝大会」でロングドライブシニア部門とアキュラシードライブオープン部門で優勝を飾っている。ゴルフパートナー所属。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load