BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

アッパーもダウンも難しく考えない!振り抜く方向を先に決めればOK【飛ばせるスイングの基本】

ドラコンプロといえば飛ばしのプロフェッショナルだが、安楽拓也の理論はひと味もふた味も違う。安楽によれば、ゴルフのスイングは手品と同じで、タネを明かせば誰でも飛距離を伸ばせるという。アッパーブローやレベルブローなど軌道を語りがちだが、難しく考える必要はない。振り抜きたいかを先にイメージすれば勝手に軌道に乗るのが安楽流のスイングの考え方。

どこに振り抜くかを先に考えれば上がる位置も決まる

アッパーブローやレベルブローといった軌道は、どこに振り抜きたいかを先にイメージすれば勝手に作られると安楽は話す。

「アッパーブローに振りたいなら高くクラブを振り抜けば良いだけです。クラブをどこに上げようかなどと考える必要はありません。スイングはフォローから逆算するものなんです」(安楽)

振り抜く場所を先に決める

アッパーブロー

フォローでクラブを高く振り抜きたいならアドレスは右足体重になり軸は右に傾くはず。この体勢であとは振り抜くだけ。

レベルブロー

軌道の最下点でボールにコンタクトするアイアンなどは頭の真下にボールをセットすることで入射角が安定する。

ダウンブロー

クラブを上から下に振り抜きたいなら、まず下に振り抜くための体勢を考える。そうすればクラブを上げるべき位置は必然的に決まってくる。

安楽拓也の脱力系スイング

 

教えてくれた人:安楽拓也

あんらくたくや。1970 年生まれ。日本を代表するドラコンプロであり、ツアープロのコーチを務めるなどその指導力は高い評価を得ている。2019年は「第6 回JPDA 全日本決勝大会」でロングドライブシニア部門とアキュラシードライブオープン部門で優勝を飾っている。ゴルフパートナー所属。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load