BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

計算された尽くした凹凸が新たなグリップ感を生む!「ゴルフプライド」のCPXは技術革新だ

次なるトレンドは大いなる凹凸

実は校了日当日の電車移動中に、このページの原稿をまだ書いている。リモートワーク全盛で、どこでも仕事ができるのはいいことでもあり、悪いことでもある。

いわゆる技術革新はこのグリップの世界でも起きている。かつてMCCやCP2を世に出し、最近だとアラインも生み出したトップランナーが考える次なる一手とは。それが2022年4月中旬リリース予定の「CPX」である。

近未来的な外観はもちろん、タイヤの非対称トレッドパターンのごとく計算されたテクスチャーが肝。これはゴルフプライド史上“最柔”の素材を、いかに握りやすくグリップさせるかを考えた結果生まれたものだ。

グリップ交換を間近に控えているゴルファーの皆さん、あと1ヶ月だけしばしお待ちを!

2022年4月中旬リリース予定。「CPX」

アンダーサイズ、スタンダード、ミッドサイズ、ジャンボのサイズ違い4種がそろう。各オープン価格

ダイヤモンド状に形成された凹凸感、適度に配された溝など、握ったときに分かるグリップ力。雨の日も滑りにくくて安心!

問い合わせ:日本フェイウィック(03-6262-6176)

SHARE

PROFILE

公文裕介

公文裕介

“邪悪なクモン”という業界内での異名を持つが、実は心優しいサウナー。独特なファッションセンスは異彩を放ち、本誌スタイリスト陣からも一目を置かれる存在。ゴルフショップ特集やグルメ特集などを好んで担当するが、それは単に旅に出たいだけという指摘もある。

公文裕介の記事一覧

“邪悪なクモン”という業界内での異名を持つが、実は心優しいサウナー。独特なファッションセンスは異彩を放ち、本誌スタイリスト陣からも一目を置かれる存在。ゴルフショップ特集やグルメ特集などを好んで担当するが、それは単に旅に出たいだけという指摘もある。

公文裕介の記事一覧

No more pages to load