BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

『アディダス ゴルフ ツアー360 22』限定モデルは即買い必至の一足!

6年ぶりにベストスコアでました

表題の通りです、ええ。『アディダス ゴルフ ツアー360 22』を履いて。いや、もちろん、それが全てだというのはいささか大げさなのでしょうが、確実に好影響が実感できたのですよ。

というのもワタクシ、ここ最近のレギュラーシューズは「アディダス ゴルフ コード カオス」シリーズなのです。軽い上にスパイクレスの歩きやすさと、ミッド層のクッション「ブースト」の衝撃吸収力のお陰で、まあ歩きやすく疲れにくいってのがとにかく良くて。で、その歩きやすさはほぼほぼ同じなのですが、その上でスイング時の足の安定感がコード カオスより遥かに高い。踏ん張れるんです左足が。スイングが鋭くなった感じがするのですね。いや~素晴らしい。早くも名機誕生です。

と、喜んでいたら、いきなり限定モデルまで出しやがりました。「ツアー360 22 リミテッドエディション」ですって。なんでも、ダスティン・ジョンソンとウェイン・グレツキーにインスパイアされたとのこと。そうです、“義理の親子” オマージュですね。「DJ」のロゴやグレツキーの背番号「99」をそこはかとなくあしらっていて、トリコロールカラーが爽やかな一足。これは即買いです。

TOUR 360 22 Limited Edition

NHL史上最高のスーパースター、ウェイン・グレツキーの娘との間に2人の子供がいるダスティン・ジョンソン。2人のスーパースターはゴルフ仲間でもあるという。

アディダス ツアー360 22は特殊なクリート状の「タービン」が歩行時にはクッションとなり、スイング時には中から突起状のスパイクが出現して地面にグリップするという画期的なシステムを持つ。オープン価格

問い合わせ:アディダス ゴルフお客様窓口(0570-033-033)

SHARE

PROFILE

水上貴夫

EVEN / 編集長

水上貴夫

モノ誌、ファッション誌を渡り歩き2008年に『Real Design』を作りたいと、枻出版社に入社。わずか1年半で編集長となるもその数か月後、朝4時に担当役員から「来週から『EVEN』の編集長やって」といわれて早10年を数える。もうすっかりゴルキチ。

水上貴夫の記事一覧

モノ誌、ファッション誌を渡り歩き2008年に『Real Design』を作りたいと、枻出版社に入社。わずか1年半で編集長となるもその数か月後、朝4時に担当役員から「来週から『EVEN』の編集長やって」といわれて早10年を数える。もうすっかりゴルキチ。

水上貴夫の記事一覧

No more pages to load