BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

さすがのクオリティ!「ゼロハリバートン」のレインウェア

ブランド哲学が息づく分かってる”設計

今季のSSでデビューを飾った「ゼロハリバートン」のゴルフコレクション。どうやら商品が足りないくらいの爆発的な売行きを見せているようだ。

2021年11月のデビュー発表会を訪れた際、その出来の良さから思い切り絶賛したのだが、それを受けて商品の大幅増産に踏み切った、てなことを聞いた。それでも枯渇するぐらいの人気ぶりは凄まじいし、売れて良かった……。大絶賛しといて結果がイマイチだったなんて責任を感じる……。

さて、このブランドの魅力というとアイテムの随所で見られる“配慮”にある。例えば、サイジングだったり、ポケットの付け方や内部構造だったりが、本物のゴルフ狂でないと思い付かないような設計なのだ。そしてそれはすべからく全てのプロダクトに宿る。

今回登場したレインウェアも然りで、伸縮性、耐水圧、透湿性が高く、袖は勿論、フードも着脱可能。これが便利。少しの雨ならフードを被ればいいし、強い雨でレインハットを被る際には外せば良い。

月に行くようなメーカーは、やはりひと味違う。

カーキが大人の魅力を演出

ジャケット42,900円、パンツ31,900円

耐水圧20000mm、透湿性20000g/平方メートル/24h。ブラック・ネイビー・カーキの3色

問:ゼロハリバートンカスタマーサービス(0120-729-007)

SHARE

PROFILE

水上貴夫

EVEN / 編集長

水上貴夫

モノ誌、ファッション誌を渡り歩き2008年に『Real Design』を作りたいと、枻出版社に入社。わずか1年半で編集長となるもその数か月後、朝4時に担当役員から「来週から『EVEN』の編集長やって」といわれて早10年を数える。もうすっかりゴルキチ。

水上貴夫の記事一覧

モノ誌、ファッション誌を渡り歩き2008年に『Real Design』を作りたいと、枻出版社に入社。わずか1年半で編集長となるもその数か月後、朝4時に担当役員から「来週から『EVEN』の編集長やって」といわれて早10年を数える。もうすっかりゴルキチ。

水上貴夫の記事一覧

No more pages to load