BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

今週末の男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」は入場無料!

50周年の感謝を込めて、11月10日から13日は全日入場無料!

ここ数年、女子ツアーの人気に押されている感がある男子ツアーだが、スイングやショットは迫力満点。とくにインパクトの乾いた音やボールが風を切り裂く音、そして目で追えないほどのボール初速は男子プロならではだ。最近は若手選手が多数活躍していて華やかさも増している。

で、2022年11月10日から13日にかけて静岡県の太平洋クラブ御殿場コースで行われる「2022 三井住友VISA太平洋マスターズ」が、“全日入場無料!”との情報をキャッチ。大会50周年の感謝を込めたサービスで、本戦の4日間、無料開放する。

練習日は選手の練習やプレーをじっくりチェックできるのはもちろん、本戦とは違ったリラックスムードの選手達を見られる貴重な機会なので、個人的にもかなりおすすめ。

また、会場では有名ラーメン店の出店といったグルメイベントや家族で楽しめるイベントも多数用意されているほか、最寄りのJR御殿場駅から無料送迎バスも運行するそうなので、詳細は大会公式サイトを確認のこと。

この機会に、現地でトーナメントの素晴らしさや楽しさを味わってみてはいかがだろうか。

全面改修を経て世界基準のコースへと進化を遂げた太平洋クラブ御殿場コース。改造改修は世界的コース設計家であるリース・ジョーンズが手がけ、松山英樹が監修した。

2021年大会は日本ゴルフツアー機構(JGTO)の選手会長でもある谷原秀人が、金谷拓実の猛追を振り切って2013年以来となる大会2勝目を挙げた。

Info

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load

x