BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

MacとiPadが合体して使い勝手4倍になるSidecar【iPadOS 13、macOS 10.15先行試用】

秋にインストール可能になるiPadOS 13をiPadに、macOS 10.15 CatalinaをMacにインストールすると、iPadをMacのサブディスプレイにできる新機能『Sidecar』を使えるようになる。

MacとiPadの2台を持ち歩くと……。
・ノートパソコンとしてのMacBook
・タブレットとしてのiPad
・iPadをMacのサブディスプレイとしてデュアルディスプレイに
・iPadをMacのペンタブレットとして
という4パターンで使えるようになる。まさに二粒で4度美味しい新機能だ。

※本記事で言及しているiPadOS 13パブリックベータは開発途上のバージョンなので、守秘義務があり、ウェブサイト、SNSなどへの情報公開、他のユーザーへの情報提供は禁止されている。本記事は許可を得て公開している。

ワイヤードでもワイヤレスでも、接続はとっても簡単

というわけで、パブリックベータで試してみたが、これは猛烈に便利だった。

起動するには、画面上の画面上部のメニューバーのディスプレイアイコンからiPadを呼び出すだけ。

接続はUSBケーブルか、ワイヤレスで。ワイヤレスの場合同じApple IDでログインしていて、同じWi-Fiに入っている必要がある。タイトル写真ではUSB-C−USB-Cケーブルで接続している。

画面左にはショートカットなどを使うためのサイドバー、下にはTouch Barが用意されているが、これは隠すことができる。

隠すと下の写真のような感じ。今度はワイヤレスでiPad miniを接続してみた。選択するだけですぐにデュアルディスプレイとして機能するからとても便利。なぜ、これまで出来なかったんだろうっていう便利さだ。

多くの人は、MacBookとiPadの両方を持って歩くなんて無駄! って思われるかもしれないが、もともと両方持ち歩いている筆者のような人種にとっては、iPadを必要に応じてサブディスプレイとして使えるなんて夢のようだ。

ただし、当り前のことだが、両方のバッテリーを消耗するので、長時間利用するなら電源に接続した方がいい。MacBookを電源に接続して、iPadはMac側のUSB-Cポートから電源を取る……ということも可能だ。

「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C3 マルチUSB-Cハブ」をAmazon.co.jpで見る

SidecarはiPadアプリのひとつのとして機能

この『Sidecar』の機能は、iPad側ではアプリとして機能している。

それゆえ、iPadの他のアプリを使っても、Sidecarは切断されない。

iPadのペンタブレット化は、対応アプリ捜索中

もうひとつ、期待している機能として、『iPadがペンタブレットとして機能する』というものがある。

ただし、その機能に対応していると言われているのが、
・Adobe Illustrator
・Affinity Designer
・Affinity Photo
・Cinema 4D
・CorelDRAW
・DaVinci Resolve
・Final Cut Pro
・Maya
・Motion
・Painter
・Principle
・Sketch
・Substance Designer
・Substance Painter
・ZBrush

残念ながら、筆者が日常的に使っているアプリはない。無償または安価で使ええるアプリがないか、また確認してレポートをお届けしたい。

逆に言うと、Photoshop、Painter、クリスタなどの多くの人が利用しているアプリは今のところ対応アプリに入っていない。対応してくれるとありがたいのだが……。

メモ、Pages、Keynoteなど、日常的なアプリで動くかどうか試してみたが、今のとことは動かないようだった。このあたりはまた試行錯誤してレポートしたい。

ともあれ、Sidecar自体はとても便利。

秋が来て、自分の日常で使えるようになるのが楽しみだ。

「Apple Pencil」をAmazon.co.jpで見る

flick! digital (フリック!デジタル) 2019年7月号 Vol.93の購読はこちら

『フリック!読み放題プラン』なら月額300円(税別)で、過去のフリック!と関連ムック150冊以上が読み放題! 2週に1度の有料記事も読めるので、お得なこのプランへの加入もぜひ!

flick!読み放題プラン

(出典:『flick! digital (フリック!デジタル) 2019年7月号 Vol.93』

(村上タクタ)

 

SHARE

PROFILE

flick! 編集部

flick! 編集部

各電子雑誌配信ストアから配信される電子専用マガジン。デジタルは好きだけど使いこなせてない、これから活用したい人たちへ、最新ガジェットやウェブサービス、アプリ情報を配信。

flick! 編集部の記事一覧

各電子雑誌配信ストアから配信される電子専用マガジン。デジタルは好きだけど使いこなせてない、これから活用したい人たちへ、最新ガジェットやウェブサービス、アプリ情報を配信。

flick! 編集部の記事一覧

No more pages to load