『5Gって何?』Rakuten Optimismがパシフィコ横浜で、8月3日まで開催

5Gの時代に、新たな船出の帆を上げる楽天

現在の世界を、10年前に登場したスマホ、そしてiPhone 4から使えるようになった4G通信が支えていることは言うまでもない。

手元のスマホで、世界中のニュースが見られる、いつでも誰とでも繋がれるSNSが活用できる、クラウドサービスが使える……というんは4G通信のインフラがあるからだ。

この、秋、そして来春から、5G通信が始まる。しかし、5Gが始まれば何が起こるのかがよく分からない。高画素の映画を横断歩道を渡っている間にダウンロードできるとして、それが何なのだろうか? そこにどんなビジョンがあるのか? まだ、我々一般人には伝わっていないといっていいだろう。

5Gの導入とほぼ同時に、日本に4番目の通信キャリアである『楽天』が参入する。最後発だからいろいろ不安もあるし、インフラが整うのか、店舗サービスは他社のようにできるのか? といういような不安もある。

が、新しいキャリアだからこそできることもある。

むしろ、社会を変革して行くのは常に旧来のしがらみを持たない、新しい企業であることが多い。『楽天的』という言葉そのままに『Rakuten Optimism』という名称のイベントを今日7月31日から8月3日まで、パシフィコ横浜で大々的に開催するのは、そんな新しい船出の旗を掲げるイベントなのだと思う。

今、まさに会場にいるが、想像以上に盛大で、お金のかかったイベントだ。全体の詳細に関してはまたレポートする。

変化して行く世界の濁流に飲み込まれるのか?

イベント詳細はサイトをご覧いただくといいのだが、多数のビジネスカンファレンス(有償。まだチケットは販売中)と、入場無料の体験型イベント&フェスティバル『フューチャー・ワールド』が行われて5Gや新しいペイメントについて体験できるという。

土曜日まで開催されているから、興味のある人は体験無料の『フューチャーワールド』だけでも体験してみるといいだろう。

ビジネスカンファレンスでは、冒頭に元国務大臣の竹中平蔵氏が『第4次産業革命と5Gが変える世界と日本』として講演。

世界で今どんな変化が起こっているか? その中で日本の位置づけはどうなってるか? 『人工知能』『ロボット』『ビッグデータ』『IoT』『シェアリングエコノミー』というテクノロジーで我々の生活がどう変わって行くのか? 代わって行くべきなのかを語った。

続いて、現在、三木谷社長が登壇して楽天の5G技術がどう世の中を変えるかについて講演中。

インターネットのスピードは、その黎明期からここまで1000倍に向上した。5Gの導入でここからさらに1000倍に加速する。

筆者は、旧来のキャリアが日本の携帯技術の変革を拒んでいたところに、iPhoneという黒船を持ち込んで改革を成し遂げたのはソフトバンクの孫さんの決断だと思っているが、ここから次の時代へシフトするための決断を行うのは、楽天の三木谷CEOなのかもしれない。

『5Gって何なのか?』イベントの詳細は、また後ほどレポートすり。

(出典:『flick! digital (フリック!デジタル) 2019年8月号 Vol.94』

(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

flick! TOPへ

No more pages to load