見慣れぬメーカーのUSB-PD電源アダプター『WAdapter』が当りだった

このアダプター、見たことあります?

ユニークな和柄のアダプターを発見した。

それだけなら何ということもないのだが、このアダプター、65Wもの出力を持つのである。

65Wあれば、iPhone、iPadのみならず、MacBook Proのアダプターとしても使うことができる。

メーカーは『Luci(ルーチ)』。聞いたことのないメーカーである。

65Wもの大きな電力を扱うのに、聞いたことがないメーカーというのはちょっと怖い……そう思う方も少なくないだろう。

なんと、建築物用のLED照明メーカー

そこで、赤坂にある同社の本社に足を運んでみた。実はこのLuci、建築物で使われるLED照明のメーカーなのである。LEDの光は直進性が強く、直接照明として使うと少し目を刺すような刺激がある。そこで、基本的には壁面に当てたりして使う。そういう間接照明を提供しているメーカーなのである。

そして、照明の電源を作る中で、そのノウハウを活かして何かできないかと作られたのが、この電源アダプターなのである。

普段から数百Wの照明の電源を作っている企業が生産しているとあれば、65Wの電源に不安を感じることはない。しかるべき安全対策はちゃんと施されているに違いない。

まずは、桜柄とストライプが発売されるが、続いて富士と扇の柄がリリースされるのだそうだ。日本発の製品として、海外でもウケそうなグラフィックだ。

さらに凝ってるなと思うのが、このグラフィック、単なる色が塗ってあるだけでなく、プラスチックにモールドが施されている。ちゃんと凹んでいるのだ。つまり、それぞれ金型が別に作られてるということ。無駄にコストかかってる(笑)

ポートはUSB-Cが1ポート。それはいいのだが、少しコネクターのささりが浅い。コネクターによっては根元までささるので、コネクター側の仕様次第というか、相性次第ではあるのだが、少し浅い傾向にあることは確かだ。

いい商品なのだが、残念なところも

もうひとつ残念なのが、コンセントのブレードが収納式でないこと。

聞けば、収納式にしたら、かなり強度として落ちるので、安全性を重視し、固定式にしたとのこと。また、可倒式にするとブレードの向きを横にしなければならず、その場合隣のコンセントを塞いでしまうことになりがち。だから固定式にしたとのこと。しかし、バッグの中で他のモノに傷を付けそうで怖い。

というわけで、安心して使えるユニークな製品だが、製品としてあと半歩ツメの甘いところもある。

お値段は実売価格で7000円程度と、65Wのアダプターとしては順当な価格。

あと、販売は大手家電量販店とのことだが筆者はまだ見かけたことがない。通販ルートはまだこれから……ということでAmazonでも売ってない。

……ということで、まだ買おうとしても買えないというところも欠点といえば欠点。読者のみなさんも、どこかで売ってるのを発見したら教えていただきたい。

せっかく、新しいチャレンジとしてこんなユニークなアダプターを販売されているのだから、なんとかある程度成功して次に繋いで欲しいと思うのだが。

Luci WAdapter
https://www.luci.co.jp/jp/news.html?itemid=296&dispmid=509

(村上タクタ)

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick!編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

flick! TOPへ

No more pages to load