BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

iPhone 12を暗闇で三脚に載せると、特別なモードに入り、すごい写真が撮れる

ナイトモード30秒が捉える驚愕の光景

通常、iPhone 12のナイトモードは3秒。手動でナイトモードを延長しても10秒までしか使えない。

しかし、三脚にしっかり固定すると、iPhone自体のジャイロセンサーが『自分は強固に固定されている』と感知し、ナイトモードを30秒まで延長できるようになる。

そこで、街灯のない、本当に肉眼でも何も見えないぐらい真っ暗な公園に三脚とiPhone 12 Pro Maxを持っていって、『ナイトモード30秒』を試してみたら撮れたのが冒頭の写真だ。

いや、これは本当に驚く。現場にいた人間からすると信じられない画像なのだ。

信じてもらえないかもしれないが、本当に街灯のない真っ暗な公園なのだ。

一眼レフでも対抗するのは困難

その証拠に、同じく三脚にキヤノンの一眼レフ、EOS 6D Mark IIを載せて撮ってみた。

ISO100の F4で、30秒の長時間露光をしても、こんなに暗い場所なのだ。

もちろん、感度を上げていけば明るくは撮れるが……。

ISO感度を4000にしてみた。たしかに明るくはなるが、今度は遠方の街明かりを長時間拾ってしまう空が白飛びしてしまう。

そして撮影者の責任でもあるが、AFが働かないので、MFのあてずっぽうでピントを合わせるしかなく、見事にハズしてしまっている(この点においては低照度でもAFが働く最新のEOS R6を使えばもう少しマシな結果が得られるかもしれない……筆者はまだ買えていないが)。

実際には一眼レフの方が写真としては正しい。センサーに入ってくる光のバランスはこうなのだ。

もちろん、一眼レフの写真は私の技量の問題もあるし、RAWで撮ってちゃんと調整すれば、もっとキレイな写真になるはずだ。しかし、iPhoneならナイトモードで三脚に固定するだけで、この写真が撮れる。このイージーさに驚くのだ。

しかし、iPhoneは30秒間に撮ったたくさんの写真を組み合わせて、空は空、芝生は芝生で適切な明るさになるように合成して画像を組み立てているのだ。これがコンピューテーショナル・フォトグラフィの凄まじさ。

もはや、光学的に正しくても、入ってきた情報から総合的に考えて画像を合成しているiPhoneのような絵は得られないのだ。

iPhone 12を固定して、スライドバーを30秒に

具体的に撮影方法を解説しよう。

まず、しっかりとした三脚にiPhoneを固定する。

フラッシュをオフにすると、ナイトモードがオンになる。

通常は最大で「3秒」と表示されているので、その部分をタップすると、シャッターボタンの横にスライド式の目盛りが表示される。この目盛り、通常の手持ちだと10秒までしか表示されない。

しかし、三脚にしっかり固定して、安定するのを待つと、最大で30秒まで設定することが可能になるのだ。

自然な絵作りかといえば、決してそうではないが、慣れてきた人間の目に見える、カメラには撮れない暗闇の中の風景をiPhoneは撮ることができるのだ。

暗闇でもあまりに写るので、ちょっと怖いほど。

こちらが見えてないと思うものまで、iPhone 12なら撮影可能なのだ。

目に見えない星々が写る

iPhone 12を空に向けて、30秒のナイトモードで撮影してみた。

暗いとはいえ街中の公園なので、肉眼では、せいぜいオリオン座と、その左の明るいシリウスぐらいまでしか見えないのだが、その間に驚くほどたくさんの星が写っていることに驚かされる。

我々の目は鈍感だから、この細かい星々は見えないのだが、iPhone 12のセンサーなら、この細かい暗い星々を捉えることができるのだ。

暗い山の中で、iPhone 12のナイトモードで空を撮ると、もっと素晴らしい光景が見えるに違いない。一度試してみたい。

みなさんも、ぜひiPhone 12を三脚に載せて、『ナイトモード30秒』の世界を体験してみていただきたい。

(村上タクタ)

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load