BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

アップルM1 Macその異次元の速度を体感! 様々な速度テストと注意点

体感速度は素晴らしいが、ベンチマークはどうなのだろう?

M1搭載MacBook Airを試用し始めて数日が経つが、日常使用では、あまりに速過ぎて、どれほど速いのか分からない

筆者は普段MacBook Pro 13(2016)を仕事に使っている。それと差し替えて日常業務を行っても、すべての作業が引っ掛かりなく瞬時に終わってしまうので、速いのは分かるのだが、どのぐらい速いのかレポートすることができないのだ。

このスピード感はすべてのアクションに行き渡っていて、たとえば、決済などに使う指紋認証でさえ、指を置いた瞬間に終わってしまっている感じだし、ネットワーク速度に依存するはずのウェブブラウジングなども含めて、すべてのアクションでサクサク感を感じる。

そこで、様々なベンチマークをもって、M1チップ搭載MacBook Airの速度を計測してみた。

M1チップが圧倒的な処理能力を持つ、そのワケ

テスト結果を見るまえに、ご説明しておきたいことが2つある。

ひとつは、なぜ、M1が速いかということだ。

従来アップルが採用していたインテルチップは、Power PCで速度が出なくなった2006年から搭載されている。ライバルのWindowsで採用されていたインテルチップ搭載はかなり衝撃的なニュースだった。

それから、14年、今度はそのインテルチップの速度向上が芳しくないとの理由での乗り換えとなった。

アップルは2007年発表の初代iPhoneからARM系のチップを採用しており、特に2010年発売のiPhone 4や初代iPadに搭載のチップセットを『A4』と名付け自社製とした。その後A8からはTSMC(台湾セミコンダクター)で生産されるようになり、最新モデルはiPhone 12シリーズや、iPad Air 4に搭載されるA14 Bionic。

歴史を考えると、インテルチップを搭載するようになった直後からAシリーズチップの開発に着手しているわけで、うがった見方かもしれないが、『いつかは自社製チップをMacに』という思いはあったのかもしれない。

ともあれ、このAシリーズチップは年々性能を向上させており、A12 BionicあたりからはMacBook Airに搭載されているインテルチップの性能をすでに上回ってると言われていた。

インテルチップに対するAシリーズチップの最大の特徴は、圧倒的な低消費電力と発熱の少なさである。なにしろ、Aシリーズが搭載されるiPhoneやiPadには放熱ファンがない。また、バッテリー容量も限られている。そんな限れた条件下での開発が、Aシリーズチップをずば抜けてW(ワット)あたりの処理能力の高いチップにしたのである。

また、スペースの限られたiPhoneで使うためにチップの集積度は増し、ひとつのチップの中にCPU、GPU、コントローラなども内蔵するようになり、メモリさえも同じパッケージに含まれるようになった。さらにTSMCの生産技術向上により、A14 Bionicからは5nmプロセスという微細な回路技術を活用して製造されている。これにはインテルは遠く及ばない。

そのA14 Bionicの技術を活かして、パソコン用チップセットとしてさらにコア数を増し、処理能力を高めたチップセットがM1である。

また、Aシリーズチップには顔認証、画像認識、など機械学習を必要とする処理のためにニューラルエンジンという専用チップが搭載されている。これは、機械学習処理の機会が増えているというソフトウェア上の要件を、そのままハードウェアとして実現できるアップルならではの仕組みだ。

このニューラルエンジンはM1にも搭載されている。これはパソコン用のチップセットとしては革新的なことで、また新たなMacのアドバンテージになりそうだ。

どうやって、インテルMacのプログラムを動かすのか?

完全に新しいM1 Macは、従来のインテルCPUと全く違うプロセッサーなので、同じソフトウェアを実行できない。そこでアップルが作ったのが、ユニバーサルバイナリーとRosetta 2という仕組みだ。

ユニバーサルバイナリーの条件を満たすようにコードを書いてビルドすると、2種類の実行コードを持ったユニバーサルアプリケーションが生成される。この場合、それぞれネイティブの速度で動作する。

インテル用のコードしか持たないアプリケーションは、Rosetta 2を用いてM1用に翻訳される。これは初回起動時に自動的に翻訳されるとのこと。もちろんネイティブアプリよりも速度は低下するが、M1の処理能力の高さで補われる度合いが大きい。

つまり、ユニバーサルバイナリーで書かれていれば、より高速で動作するし、それ以外の昔のままのアプリはRosetta 2を介して動作するというわけだ。

ちなみに、それぞれのプロセスがどちらで動いているかは、アクティビティモニターで分かる。アーキテクチャがAppleとなっているアプリはユニバーサルアプリとして動作しており、IntelとなっているアプリはRosetta 2を用いて動作している……というワケだ。

ユニバーサルアプリとして動作するアプリは、Rosetta 2を通して動かして、その違いを体験することごもできる。『⌘+I』で情報を見て、『Rosetta 2を使用して開く』にチェックを付ければOKだ。

また、一部のiPhone、iPadアプリを動作させられるのもアップルシリコン搭載Macの特徴だ。

とにかく、Geekbench 5のシングルコアでのスコアが高い

前置きが長くなったが、さっそくテストにかかろう。まずは定番のGeekbench 5 Pro。

すでにアップルシリコンに対応しており、ユニバーサルバイナリで動作するだけでなく、わざとRosetta 2で動作させることもできる。

まず、シングルCPUでの計測と、他との比較データをご覧いただきたい。

ご覧のように、既存のあらゆるインテルMacの性能を大きく引き離している。これは私の計測データなので、Mac Proの Xeonはないが、それを含めてもM1はCPUコア単体では圧倒的な性能を発揮している。

2020年モデルのiMacは、あらゆる作業が非常に快適にできると思ったが、それより1.3倍も速いというのだから驚く。このiMacはトータルで50万円もするモデルなのだ。対してM1は、一番安いMac miniや、エントリーモデルといえるMacBook Airに搭載されているチップセットだ。

続いて、マルチコアの性能。

こちらはさすがに、8コアのiMacには負けるが、それでもノート型Macで一番ぜいたくな仕様である8コアの16インチMacBook Proに勝ってしまっている。これは、最近高価なMacを買った人にとっては地団駄を踏みたくなるような結果だろう。とても安価なM1 Macの方が高性能なのだ。

こちらは筆者が最近計測したデータの抜粋。

現状の筆者の愛機である2016年モデルのMacBook Pro(4ポート)と比べると、CPU単体で3倍以上、マルチコアで4.8倍、GPUのOpen CLで2.4倍の処理能力を持つということになる。まさに隔世の感。

本来ベンチマークとするべき、2020年モデルのインテル版MacBook Airと比べると、CPU単体で1.6倍以上、マルチコアで2.8倍、GPUのOpen CLで3.1倍と、11月11日のアップルの発表会での数字は、あながち大げさでもないということなる。

トータルパフォーマンスで言って、ノートパソコンであるMacBook Pro 16インチに迫るか、それを越えると言って間違いないだろう。何度も言うようだが、価格にも消費電力にも数倍の違いがあるというのにである。

なお、最新アップデートのGeekbenchにはRosetta 2を介して動作させた場合のスペックを計測する機能も付いている。それによると、シングルコアのスコアは1031、マルチコアは3635に低下する。

まだまだ、ユニバーサルアプリばかりではない現状を考えると、日常の使用感としては、こちらの性能も勘案に入れるべきだろう。それでもMacBook Airの2020年モデルと同等以上のベンチマークを記録している。

Cinebench R23でも最新MacBook Proよりかなり速い

次は、同じく定番のベンチマークテストであるCinebenchのデータを見てみよう。こちらは従来R20というバージョンを使っていたのだが、最新のM1のスペックを計測するためにR23というバージョンが公開された。このバージョンと旧バージョンの計測データに互換性はない。

ゆえに現状手元にある2016年モデルのMacBook Proと、2020年モデルのMacBook Pro(いずれも4ポート)のスペックしか計測できなかった。

しかし、こちらもM1 MacBook Proの性能向上は明らかで、13インチモデルとしては最上位のMacBook Pro(つまり2倍ぐらいの価格のモデルだ)の性能を大きくしのいでいる

Final Cut Proで4K映像を快適に扱える

続いて、もうちょっと実践的なテストをしてみよう。比較対象はちょっと古いが、私が普段愛用しているMacBook Pro 13インチ(2016)。4年落ちとはいえ、3.1GHzのデュアルコア、メモリーは16GBでけっこう使えるマシンだ。

用意したのは、Final Cut Proのプロジェクト。4K 24p Apple ProRes 422の19.17秒のムービーファイルだ。

これを、Final Cut Proの最新機能であるスマート適合を使って、タテ画像に変換してみよう。

スマート適合は、スマホ用の縦長画像を切り出す場合にも、映像の主題となる対象物が画面からはみ出ないように、画像全体をマシンラーニングにかけて画像解析し、滑らかにトリミングしてくれる機能だ。マシンラーニングを使うから、M1のニューラルエンジンの効果が出るはず。

画像を4Kから『縦』に変換。スマート変換のチェックボックスをオンにして、解像度を2016×3840に。

まずは、MacBook Pro 13(2016)……33秒5

続いて、M1 MacBook Air……6秒9

あまりに速くて、手動計測のストップウォッチでは誤差が大きいとは思うが、圧倒的であることは確かだ。4K動画を編集していても、クリップをスムーズに扱え、とても快適だ。

続いて、この動画を書き出してみる。

まずは、MacBook Pro 13(2016)……36秒66

続いて、M1 MacBook Air……11秒74

3分1倍以上のスピードだ。

もちろん、メモリー量の制限もあるし、ポートも2ポートだから、本機が動画編集に便利だとは言わないが、少なくともアップルシリコンの今後の発展性に大きく期待したくなる結果だ。

最高に速い。ただし、旧システムと平行可動できる人に

数日間、M1 Macを触っていて、これはもう二度とインテルMacに戻れないと感じた。過去のインテルMac(だけでなく、多くのWindowsマシンも含めて)はすべて、一夜にして色あせてしまった。

もちろん、問題はゼロではない

まず、今のところ、ユニバーサルバイナリと、Rosetta 2経由で動くアプリが混在している。ユニバーサルバイナリのアプリは圧倒的に速く動くが、Rosetta 2経由のアプリは以前のMacBook Airに劣ることはないが、『圧倒的な速度』とまではいかない。なるべく多くのアプリが速い段階にユニバーサルバイナリ対応してくれることを祈るばかりである。

また、たくさんのアプリと、ファイルを開いて日々の業務をしてると、たまに動作が引っかかることがある。何が原因かわからないし、M1の問題ではないかもしれないが、まだ、すべてが完全でないことは確かだろう。まだ、乗り換えたばかりなので、バックグラウンドで何か処理をしていて、それが動作を圧迫している可能性もなくはない。

また、動作しないアプリもあるはずだ。たとえば、筆者の環境では昨日は、Zoomが立ち上がらなかった。昨日出ていたアップデートをかけて、再起動もしたのだが、ダメだった。

しかし、さらにアップデートされたのか、今日はもう動いている。不思議。問題は徐々に解決されていくが、設計の根本から変える大胆な移行が実行されてから、まだ数日なのだ。トラブルが皆無というわけにはいかないだろう。

また、以前にも書いたが、Big Surで動かないアプリもある。たとえば、モリサワのTypeSquare ManagerはBig Surでは動かないし、シグマのRAW現像ソフトも動かないようだ(11月18日現在)。

これらは次第に対応が進んでいくのだろうが、ご自分のワークフロー上絶対に必要なアプリが、Big Sur、M1 Macの環境で動くことを確認してから移行していただきたい。

また、細かい不具合や動かないアプリという問題はまだあると思うので、従来環境をすぐには手放さないようにした方がいいだろう。

追記:
絶好調だと書いたが、この記事を公開して、Facebookでシェアしたり、他のタスクを平行してこなしていたりすると、かなり動作が引っかかったりするようになった。どうも、Chromeでたくさんタブを開いたりしているのが原因らしい。現状のChromeはバージョン86で、Rosetta 2経由で動いている。Chrome 87はユニバーサルバイナリーなので、そこで激速になる事を期待。

旧システムに対して、絶対的に欠けている部分もある

そういう意味では、今新たにMacを使い始める人にとってはほとんど問題はないし、Windowsから移行する人も問題はないと思うが、昔からMacを使っていて、たくさんのファイルやアプリを日々使っている人は、旧環境を保持しつつ、慎重に移行することをお勧めする。

また、M1の性質上、メモリーは16GBまでだし、eGPU(外付けGPU)は使えないし、ディスプレイも外部接続できるのは1枚だけという制限がある。ポートも2ポートまでしかサポートされない。

次のクラスは、MacBook Proの上位モデルやiMacに対応する、M1チップの上位版(M2? M1X?)となることだろう。チップの中のコアの数を増やしていくのか、それともM1を多数積むことで対応するのか(その場合メモリーはどこに積むのか?)わからないが、またこのM1の性能をはるかに越えるマシンが登場することは間違いないだろう。

登場は、エンジニアの集まる来年6月のWWDCか、それとも来年のこの時期か。

これからMacが楽しみで仕方ない

実際にテストしてみても実に素晴らしいパフォーマンスだった。しばらく、このM1 Macが圧倒する状況は変わらないだろう。

しかも、まだローエンドモデル

本格的なプロユーザーは、ローエンドマシンでは移行できないという人も多いだろう。そのあたりの方は様子するしかないだろう。現状ではアプリの対応など若干不足している部分もある。

とはいえ、素晴らしい性能に酔いしれてしまう。Macの明るい未来がとても楽しみだ。

現状のマシンの処理速度に、不満を持っている方、『試しに買ってみる』ことのできるベテランユーザーの方は、ぜひこのM1 Macを購入して体験してみたていただきたい。新しい世界へのトビラが開く音が聞こえるはずだ。

(村上タクタ)

月額300円(税別)で『flick!』が読み放題!

『flick!読み放題プラン』なら月額300円(税別)で、過去のflick!と関連ムック150冊以上が読み放題。さらに、ここでしか読めない有料記事(隔週配信)の購読や、会員限定イベントへの参加など、特典が盛りだくさんです!

flick!読み放題プラン

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load